2010
05
16

聖痕のクェイサー 第18話 「ウロボロスの罠」 感想

聖痕のクェイサー #18

保健室のカーテンが印象に残った回でした。可愛い子同士の百合プレイなのにっ。

聖痕のクェイサー #18 「ウロボロスの罠」

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 ガチ百合! ガチ百合! 下の口! 下のく(ry
 ⊂彡


六実がバイセクシャルで「女の子は別腹」とか言う子だとは思いませんでした。弼のことは大好きで彼の浮気には容赦ないのに、自分の百合は別にいいんだ…(笑)。いちおうまふゆが"剣の生神女"かどうかを調べる目的もあったとは思うけど、かなり六実の趣味だったような気もします(^^;


聖痕のクェイサー #18
聖痕のクェイサー #18

六実×まふゆの百合シーンは顔のアップとカーテンだらけでよく分かりませんでした(><。いつかの背景の月を思い出しますね。喘ぎの音声も規制されてるし。その分だけDC版に期待できるのですけど…。(これを書いてる時点ではまだ観ていません)

消えてなくなったと思った剣の生神女がまふゆの中にあったのはちょっと驚きました。カーチャが探している皇女の卵もたぶん消えずにどこかにあるのでしょうね。でないとカーチャの目的がなくなってしまいます。
ともかく剣の生神女がまふゆにあるということは、そのチカラで黄金のクェイサーを倒して燈を救うことが出来るということですよね。まふゆはサーシャのパートナーで大切な人になってるし、活躍出来るのは嬉しいです。



本編のほうは新キャラが登場して次のエピソードがはじまったところです。

聖痕のクェイサー #18

聖ミハイロフ学園に赴任してきた新田先生は早くも悪人顔を見せてますし、フールと一緒にいるのが見えたので、新田もアデプト12使徒なのでしょうか? ただし ED ロールでは新田という文字はなくてフリードリヒ・タナーと書かれていました。


聖痕のクェイサー #18
聖痕のクェイサー #18

六実と弼が学園に転校してきました。新しく着任した先生や転校してきた生徒がみんな関係者だったりアヤシイと思えるのは、それ以外の普通の人は描写しないからですよね(^^;
六実と弼の狙いはサルイ・スーの生神女なのかな。上からの命令を受けているようでした。

空間歪曲(ウロボロスのエレメンタルサーキット)を刻まれた生徒を操った者は謎(=新田先生?)で、サーシャと弼が校舎の屋上で対峙したまま、次回へ続く。



聖痕のクェイサー #18
聖痕のクェイサー #18
聖痕のクェイサー #18
聖痕のクェイサー #18
聖痕のクェイサー #18

シャワールームでアヤシイ手に襲われた生徒会長の柊弓枝は逃げ出した先で、サーシャに助けてもらう代わりにソーマを吸われました(^^;
もしかして弓枝の出番はこれで終わりだったりするのかな。ラケットを拭きつつ顔を赤らめている弓枝はかなり可愛いと思いました。


サーシャと六実の関係にヤキモチを焼いたまふゆがもっと可愛かったです。
おっぱいは大きさよりカタチだと思うのでまふゆは気にしなくていいと思いますヽ( ̄▽ ̄)ノ



「聖痕のクェイサー」カテゴリの記事
聖痕のクェイサー 第13話 「含鉄泉の夜」 感想
聖痕のクェイサー 第14話 「辻堂美由梨の憂鬱」 感想
聖痕のクェイサー 第15話 「Anglo-Russian Entente」 感想
聖痕のクェイサー 第16話 「断罪の不死鳥」 感想
聖痕のクェイサー 第17話 「炎の福音(ゴスペル)」 感想
聖痕のクェイサー 第18話 「ウロボロスの罠」 感想
聖痕のクェイサー 第19話 「秘密の花園」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*聖痕のクェイサー 第18話 「ウロボロスの罠」DC版[ 日々前進 ]
2010/05/23(Sun) 03:14

はっきり言うけどまふゆの大きさで貧乳とかこの世界はどうなってるんだ?(挨拶 さて、前回橙が黄金のクェイサーに乗っ取られたと言う事で今...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ