2010
03
23

ちゅーぶら!! 第12話 「あなたに逢うまでは」(最終回) 感想

ちゅーぶら!! #12

『ちゅーぶら!!』最終話です。奈由の転校の日が迫ってきました。

ちゅーぶら!! 第12話 「あなたに逢うまでは」 最終話

公園の湖で奈由がボートから落ちそうになったとき、その手を弥子が、遙が、掴んでつなぎとめて。
――それが彼女たちの想いや友情の象徴かと思ったのだけど。手が滑って、結局全員で湖に落ちてしまいました。( ̄▽ ̄;)

ちゅーぶら!! #12
ちゅーぶら!! #12
ちゅーぶら!! #12
ちゅーぶら!! #12

この場面が第1話の階段での出来事とつながっていたのが良かったです。

思えばそこからはじまった友情でした。ちょっとしたことでキツイことを言ってしまったけど、なかなか素直になれなかったけど、別れは確かにツライけど、離れてても彼女たちはもう親友同士。想いはいつでもつながってます。
ケンカしてしまった奈由と遙のため、何とかしようと当たって砕けた弥子の熱い想いも信じ続ける友情も見れたし、相変わらずのツンデレを見せる清乃だったし、何だかんだで奈由や下着同好会を心配する小町の姿もありました。


ちゅーぶら!! #12
ちゅーぶら!! #12

奈由がいなくなった後も、小町もみんなも下着同好会を止めずに活動を続けてました。奈由の想いをちゃんとみんなが引き継いでいたのですね。


ちゅーぶら!! #12
ちゅーぶら!! #12

でも最後の最後で奈由が戻って来たのはちょっと?と思ってしまいました。
季節が秋から春になって時間は経っているにしても…。これは原作通りに今後も彼女たちの話が続いていく、ということなのかな。
何だか転校のお別れイベントだけがあったという感じがしてしまいました。それで彼女たちの友情を再確認出来たし、確かにイイ話だったのだけど、少し予定調和的過ぎかな、と…。奈由が戻ることは原作縛りでもあるのでしょうか。
でも、ま、みんなとまた一緒にいられるほうがやっぱりいいのだけどね。


あと個人的にはもっとツンツンさせた清乃と奈由を絡ませてほしかったです。そこから生まれる友情を見たかったな、とわたしは勝手に期待してました。

ちゅーぶら!! #12

弥子と清乃はけっこういいキャラだと思ってて、作品全篇を通してはかなり楽しめました。
いちおうある程度の下着の知識もついた…と思います(^^;


『ちゅーぶら!!』は最初に思ったほどには下着というモノが大きなテーマにはなっていなかったけれど、"下着を1つのテーマにした中学生の思春期の物語"としては、最後まで面白かったです。

この作品を作ってくださった制作者さま、CAST さまには感謝したいです。ありがとうございました。

加えてここまで記事を読んでくださった読者の方、TRACKBACK でお世話になりましたブロガーの方々にも。どうもありがとうございました。
また別の記事でも、どうぞよろしくお願いします。


ちゅーぶら!! #12

ちゅーぶら!! #12
ちゅーぶら!! #12



公式サイト

StarChild: ちゅーぶら!!

ちゅーぶら!! カテゴリの記事

ちゅーぶら!! 第01話 「おとなパンツ!の女の子」 先行配信版 感想
ちゅーぶら!! 第02話 「この胸のふくらみを」 感想
ちゅーぶら!! 第03話 「風の強い日」 感想
ちゅーぶら!! 第04話 「それぞれのカタチ」 感想
ちゅーぶら!! 第05話 「大人とコドモの間で」 感想
ちゅーぶら!! 第06話 「カゲキな思春期」 感想
ちゅーぶら!! 第07話 「揺れるオトコ心」 感想
ちゅーぶら!! 第08話 「下着な夏合宿!」 感想
ちゅーぶら!! 第09話 「中一の夏休み」 感想
ちゅーぶら!! 第10話 「ツンと胸を張って」 感想
ちゅーぶら!! 第11話 「彼女といた午後」 感想
ちゅーぶら!! 第12話 「あなたに逢うまでは」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*ちゅーぶら!! #12(終)[ 桜詩~SAKURAUTA~ ]
2010/03/23(Tue) 02:50

【あなたに逢うまでは】 ちゅーぶら!! 1(初回限定生産版)[DVD]販売元:キングレコード発売日:2010-03-24クチコミを見る 下着同好会解散の危機!? 

*ちゅーぶら!! 第12話(終)[ ニコパクブログ7号館 ]
2010/03/23(Tue) 03:27

第12話『あなたに逢うまでは』ちゅーぶら!!1(初回限定生産版)【Blu-ray Disc】今回は・・・いよいよ奈由が引っ越すのか。

*ちゅーぶら!! 第12話 「あなたに逢うまでは」 (終)[ ゆる本 blog ]
2010/03/23(Tue) 03:58

奈由の転校という下着同好会の存在意義も揺らぐ事件のアニメ「ちゅーぶら!!」の最終話。 当日に問題は起こったものの文化祭は概ね成功し...

*ちゅーぶら!! 第12話「あなたに逢うまでは」(最終回)[ 記憶のかけら*Next ]
2010/03/23(Tue) 07:17

離れてても親友同士!

*ちゅーぶら!! 第12話 「あなたに逢うまでは」[ 物理的領域の因果的閉包性 ]
2010/03/23(Tue) 10:06

愛情ぉ×友情ぉ 想いぃ重ねてぇえー 下着を愛でようぉー!! (@゜Д゜@;)あれ・・・?

*ちゅーぶら!! 第12話「あなたに逢うまでは」[ SERA@らくblog 3.0 ]
2010/03/23(Tue) 10:24

最後までこの作品らしく(笑) 笑いとか笑いとか笑いとか…笑いとか、たまに涙も(^^; 今回一番の被害者は環先生。 アパート火事で全焼...

*【最終話】ちゅーぶら!! 第12話「あなたに逢うまでは」[ よう来なさった! ]
2010/03/23(Tue) 10:39

奈由ちゃん戻ってくるのがずいぶん早かったけど、これは原作と同じなのかな? これほど呆気なく戻ってくるならば転校する流れは必要なかったように思えるので、アニメを締めるためのオリジナル展開なのかなと思ったりもするんですが、この辺りの展開は漫画ではどう描かれ...

*ちゅーぶら!! 第12話(最終回)『あなたに逢うまでは』[ リリカル☆スアラ ]
2010/03/23(Tue) 13:45

悲しいお知らせがあります。 水野先生の家が丸焼けに・゚・(つД`)・゚・ キャンプファイヤー程度ならまだしも、これは酷い。 たしかに...

*『ちゅーぶら!!』第12話最終回[ ウサウサ日記 ]
2010/03/23(Tue) 18:57

第12話「あなたに逢うまでは」圭吾さんの転勤とアパートの全焼で水野先生はダブルの不幸に見舞われて悲惨(><)最終回なのになんという不幸なんでしょう。

*ちゅーぶら!! 第12話 最終回 「あなたに逢うまでは」 の感想[ 24/10次元に在るブログ ]
2010/03/23(Tue) 19:38

ちゅーぶら!! 1 (アクションコミックス) by G-Tools まさかの二期フラグ!? -公式サイト- ちゅーぶら!! 公式サイト -作品概要- 双葉社「...

*ちゅーぶら!! 第12話「あなたに逢うまでは」(最終話)[ アニメレビューCrossChannel.jp ]
2010/03/24(Wed) 10:27

なんとかまとまっているけれども、マッチポンプみたいなシナリオはどうかと思う「ちゅーぶら!!」の最終話。 大詰めを迎えて奈由の転校話を中心に据えて下着同好会継続のピンチを演出したが、キャラクターの位置取りが良くないのか、奈由と遥の些細な仲違いを見せられても...

*ちゅーぶら!! 第12話(最終回)「あなたに逢うまでは」 感想。[ もす! ]
2010/03/24(Wed) 12:16

卵焼きぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ