ヴァンパイアバンド #10

ラストエピソードの開始なのかな? 想いの見える熱いバトルの展開になりそうです。

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド #10 ワルプルギスの夜

いきなり一息ついた水着サービス回でのんびりはじまったな…と思ってたら、ぜんぜんそんなことはありませんでした。
プールバカンスはけっこうな目の保養でしたけども。

ヴァンパイアバンド #10
ヴァンパイアバンド #10
ヴァンパイアバンド #10
ヴァンパイアバンド #10
ヴァンパイアバンド #10
ヴァンパイアバンド #10

由紀の水着はフリル付きで可愛かったし、ミナのスク水姿はまったく期待を裏切らないし(笑)、ユヅルはダブルおっぱいサンドで昇天だし(汗)、何よりヴェラの水着に光の規制がかかったのが驚きとともに興味を惹きました。いったいどれだけ際どい描写だったのですかと…( ̄▽ ̄;)



ヴァンパイアバンド #10

そんなことより本編です。メイレン(美刃)が語った、クレオメにまつわるお話がミナとアキラの恋物語の暗示なのでしょうか。

――違う身分、種さえ違うゆえに結ばれない恋。

ミナ姫が顕身したオトナの姿を三支族に知られてはならない理由も(たぶん)分かりました。
ヴァンパイアと言えども種の存続を紡ぐために子を産まねばならず、真祖の血脈を絶やさないためには、王室の血を引く彼ら3人の長の誰かと契りを結ばなければならない宿命にあったのです。

ミナが幼い子供のままでいる間は、三支族の長の誰かの子を成すことがまだ出来なくて、つまりアキラと愛し合うこともない代わりにアキラと離れることもなくまだいっしょにいられる時間、という想いなのですね。
プールでのミナと由紀の会話はそうゆうことなのかな。ただアキラのそばにいられればいいというミナの純粋な想いが見えるようで、ちょっと切ないです…(´・ω・)


ヴァンパイアバンド #10
ヴァンパイアバンド #10

姫様のネグリジェとおみ足(*´д`*)ハァハァ…なんて言ってる場合ではなくて、これも夜這いとかそうゆうものでなく、アキラのそばにずっといたいというミナの乙女心なのでしょうね、きっと。

アキラだってミナに尽くす理由は約束以外にもある、という台詞がありました。それはきっとミナへの想いなのではないでしょうか。はっきり言わなかったけど…。そう思いたいです。


ヴァンパイアバンド #10

だけど三支族の長が結託してゲームのような賭けを開始しました。それぞれが刺客を1人ずつ放ち、夜明けまでにアキラを狩った者の飼い主がミナの夫となる、と…。ターゲットがアキラなのは、おそらくミナが入れ込んでいるのを彼らも知っていて気に入らないから消したいのだと思えますね。

夜明けまでというタイムリミットが残り少ない話数とリンクしていて熱い展開だと感じました。
巻き込まれた戦いにアキラが勝つことがミナ姫とアキラの想いを今後につなぐかもしれない唯一の道です。はたしてアキラは勝って生き残れるのでしょうか?


そして純潔審問…ですと?! Σ( ̄□ ̄;)
ミナ姫のドレスが剥かれちゃいましたよ? もしかして調べるのですか? 婆やもいましたし。



ヴァンパイアバンド #10 エンドカード



「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」カテゴリの記事

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第01話 「プロムナイト」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第02話 「ハウリング」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第03話 「ティーン ウルフ」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第04話 「インタビュー ウィズ ヴァンパイア」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第05話 「シャドウ オブ ヴァンパイア」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第06話 「フロム ダスク ティル ドーン」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第07話 「イノセント ブラッド」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 特別編 ~Special Edition~ 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第08話 「ニア ダーク」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第09話 「ロストボーイ」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第10話 「ワルプルギスの夜」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第11話 「アンダーワールド」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第12話 「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド #10[ 桜詩~SAKURAUTA~ ]
2010/03/22(Mon) 01:54

【ワルプルギスの夜】 ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第4巻 [Blu-ray]出演:悠木碧販売元:メディアファクトリー発売日:2010-07-23クチコミを見る 怒涛の規制ラッシュでしたね・・・w 

*ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第10話[ ニコパクブログ7号館 ]
2010/03/22(Mon) 02:05

第10話『ワルプルギスの夜』ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第1巻 [Blu-ray]今回は・・・水着の回?

*ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第10話「ワルプルギスの夜」[ 記憶のかけら*Next ]
2010/03/22(Mon) 04:29

超えられるのかな?二人の間の大きな壁を・・・

*『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド』第10話[ ウサウサ日記 ]
2010/03/22(Mon) 07:04

第10話「ワルプルギスの夜」支配者とは道化者の別名よ!

*ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第10話 ワルプルギスの夜[ つれづれ ]
2010/03/22(Mon) 09:51

 純潔審問って…。

*ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第10話「ワルプルギスの夜」[ 妄想詩人の手記 ]
2010/03/22(Mon) 14:21

いったい、どこまで残酷な恋物語なのだろう。

*ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第10話「ワルプルギスの夜」[ アニメレビューCrossChannel.jp ]
2010/03/22(Mon) 14:42

ヒステリカの事件も一段落しての水着回かと思ったものの、終盤のドラマに向けて休むことをしない「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」第10話。 アキラの失われた記憶は完全に回復していない。ミナとアキラ、決して超えられぬ溝が何か、失われた過去に隠されたもの、ミ

*ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第10話「ワルプルギスの夜」[ 破滅の闇日記 ]
2010/03/22(Mon) 18:47

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第1巻 [Blu-ray](2010/03/25)悠木碧中村悠一商品詳細を見る バトルシーンやキャラ魅せシーンの動きは良かったので...

*ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド #10『ワルプルギスの夜』[ 本隆侍照久の館 ]
2010/03/22(Mon) 19:32

姫さんという呼び方に違和を感じてきたこの頃。 そんなことはどうでもいいんだけどね^^;

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ