ヴァンパイアバンド #9

ヒステリカ編、決着。

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド #9 ロストボーイ

ヴァンパイアバンド #9
ヴァンパイアバンド #9

"永遠は素晴らしいけれど残酷なことでもある――。"
以前にもミナの心情が少し語られましたが、常に変わりゆくものの中にあって、ただ1人変わらない永遠に続く命を生きるのは想像もつかない過酷な状況なのでしょうね。

ヴァンパイアはただ1つの想いだけで永遠に生きることだって出来る、というヴェラトゥースの台詞がありましたけど、それは逆で、すがるモノや想いがないとあまりに長過ぎる時間を生きていけないのではないでしょうか。
それがヴェラトゥースにとってのルクレツィア、いまは託されたミナで、ミナ姫にとってのアキラなのかな。
永遠の命に幸せや意味があるのではなく、そこに何を見つけられるかが大切なことかもしれなくて、それは短い人生だけど人間にも同じことが言えることで…、と、そんなことを思いました。

ヴァンパイアは心で生きる存在、という言葉もありましたが、生き続けるためには何かしらの信じる想いを持ち続けなければならないのが、ヴァンパイアの試練なのかもしれません。



ヴァンパイアバンド #9
ヴァンパイアバンド #9
ヴァンパイアバンド #9

ミナ姫とヒステリカの戦いに決着がつきました。
なかなか動きがあって良かったです。ビルの屋上から落ちる空中対決もあったし、チャフ散布や妨害電波や、ミナ姫の DNA 培養液をななみに打ち込んでいた逆転劇とか、面白かったです。
ミナの黒いミニスカワンピース衣装も良かった…(*´д`*)

終わってみると対決が2話分でちょっとあっけなかった気もしますが、展開の早さが小気味イイし、ヒステリカは悪役然としたいいキャラだったかも。

ヒステリカはヴァンパイア至上主義を謳うテロメアの一員で、その脅威を世に示すために自爆テロを行おうとしていたようなのだけど、それとは別の(?)ヴァンパイアの勢力もあるのですね。
ミナ姫が顕身する姿を彼らには知られてはいけないらしくて…、でもよく分かりませんでした。来週からその勢力との対決の話になっていくのでしょうか?


ヴァンパイアバンド #9

ミナによってななみは救われ、ユヅル×ななみがハッピーエンドのカタチになりました。
ユヅルはヴェラの言葉を聞き、ななみへの想いから、自分からヴァンパイアとなる道を選びました。その決断がスゴイですね。人であるかヴァンパイアであるかは関係なくて、胸にある想いこそが大切だということを見せられた気がします。



ヴァンパイアバンド #9 エンドカード



「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」カテゴリの記事

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第01話 「プロムナイト」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第02話 「ハウリング」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第03話 「ティーン ウルフ」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第04話 「インタビュー ウィズ ヴァンパイア」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第05話 「シャドウ オブ ヴァンパイア」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第06話 「フロム ダスク ティル ドーン」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第07話 「イノセント ブラッド」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 特別編 ~Special Edition~ 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第08話 「ニア ダーク」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第09話 「ロストボーイ」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第10話 「ワルプルギスの夜」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第11話 「アンダーワールド」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第12話 「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ