2010
03
20

KIDDY GiRL-AND 第23話 「とまらない想い」 感想

  • 18:17 |  Category [KIDDY GiRL-AND]
  • Comment [ 0 ]
  • Trackback [ 10 ]
KIDDY GiRL-AND #23

なぜク・フィーユに「記憶によれば」以外の決め台詞的な口癖を用意しなかったのでしょうか。…というのはさておき、いよいよ物語は大詰めです。 

KIDDY GiRL-AND (キディガーランド) #23 「とまらない想い」

KIDDY GiRL-AND #23
KIDDY GiRL-AND #23
KIDDY GiRL-AND #23

二転三転の展開がけっこう熱かったですね。
ぽっきゅ~んとぢゃっぢゃ~ん、女の子はエレガントに、…アレ、ク・フィーユは?、の4人がチカラを合わせて惑星アズランティアの爆発を食い止めたのに、亜空間に閉じ込めたはずのガクトエルは幻影で、ガクトエルはエルデメテオールのワープシステムを使って一帯の宙域をまるごと転移させました。狙いはアズランティアを惑星アイネイアースに落として、再度の起爆。

そこまで幻影能力ってスゴイんだ?とか、シャドウワーカーの能力を警戒しているはずなのに ES メンバーが不注意すぎる?と思ったのだけど、ベタでも簡単に終わらない展開が熱くていいなと思いました。前々話までしばらくこういう展開がなかっただけに。

ここにつながるまでのバトル描写がカッコ良かったですね。艦隊同士の戦闘は大雑把に感じてしまって緊迫感も何もないのだけど(汗)、ミストラルとシャドウワーカーの艦のバトルは艦と画面の動きやミサイル弾幕がカッコイイ。サフィルの悪役っぷりも観ていて分かりやすくて気持ちがイイ。


アルフリート(ガクトエル)は男女どちらでもあってどちらでもないという台詞がありました。いわゆる両性具有なのかな。次期当主に相応しくないという理由付けにしては少し唐突に感じましたけど。

それにしてもガクトエルの復讐はどこまでも個人的なものですね。
でもそれが小さいとも簡単には思えないのです。人の想いや心はときに強大で深く、歴史や宇宙すら動かすチカラがあります。創作作品ならなおさらだと思います。
でも作品の中でのガクトエルがちょっと小物に見えてしまうのも事実?(^^; ガクトエルが受けた絶望や復讐心は今回でさらに深く描写されて、よく分かってはきましたけれど。


KIDDY GiRL-AND #23

リトゥーシャとパウーク、リュビスはもう GTO 側についています。
熱い心のリュビスはク・フィーユを助けるためヒドイ怪我を…(><; でもきっとリュビスなら無事なはず。こうゆうキャラは視聴者的には生き残ってほしいな。

あとはトーチとシェイドのパートナーですか。トーチの想いにシェイドがどう応えるかでシェイドの行く末が決まるような気がします。あるいは2人の運命が。
この作品でのパートナーという絆は、ヒロインズだけでなく、わりと描写されてきたGソサエティ側にもあると思えるのですよね。その答えがトーチとシェイドなのかなと思ったりもしてます。



KIDDY GiRL-AND #23

ラストはク・フィーユ(と銀河系)を救うために、アスクールがガクトエルの前に現れました。
「ク・フィーユぅ~~~っ!!」というパートナーを想う叫びがかなりイイ引きですね!( ̄▽ ̄*)
この登場の仕方はまさにヒロインです、熱いです。来週の展開と結末にも期待を持たせます。

次回は最終話「いつまでも一緒!」。どんなエピローグが待っているのでしょうか。



KIDDY GiRL-AND #23
KIDDY GiRL-AND #23

いい絵だ…(*´д`*)



KIDDY GiRL-AND #23 アイキャッチ
KIDDY GiRL-AND #23 アイキャッチ

最終回のアイキャッチがどうなっているのかも楽しみですが、普通にいつもと変わらない気もする。



関連する記事

KIDDY GiRL-AND (キディ・ガーランド) アイキャッチ

「KIDDY GiRL-AND」カテゴリの記事

KIDDY GiRL-AND 第14話 「出逢いの刻」 感想
KIDDY GiRL-AND 第15話 「悪い夢」 感想
KIDDY GiRL-AND 第16話 「冷たい涙」 感想
KIDDY GiRL-AND 第17話 「知らない名前」 感想
KIDDY GiRL-AND 第18話 「シスター・プリンセス」 感想
KIDDY GiRL-AND 第19話 「パートナー」 感想
KIDDY GiRL-AND 第20話 「ほんとうの私」 感想
KIDDY GiRL-AND 第21話 「蘇る記憶」 感想
KIDDY GiRL-AND 第22話 「流れ始める時間」 感想
KIDDY GiRL-AND 第23話 「とまらない想い」 感想
KIDDY GiRL-AND 第24話 「いつまでも一緒!」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*キディ・ガーランド #23[ 桜詩~SAKURAUTA~ ]
2010/03/20(Sat) 18:27

【とまらない想い】 キディ・ガーランド 第1巻 限定版 [DVD]出演:内田彩販売元:角川書店発売日:2010-02-05おすすめ度:クチコミを見る 今度は私が世界を否定する番だ! 

*キディ・ガーランド 第23話「とまらない想い」[ 妄想詩人の手記 ]
2010/03/20(Sat) 19:13

戦闘シーンは見事だった!

*キディ・ガーランド 第23話 「とまらない想い」[ つれづれ ]
2010/03/20(Sat) 19:38

 ぢゃっぢゃーんとぽっきゅーんの共演。

*■KIDDY GiRL-AND【#23】とまらない想い[ 此方彼方何方-コナタカナタドナタ- ]
2010/03/20(Sat) 20:28

キディ・ガーランド #23の視聴感想です。 復讐者。 拘束。 再凍結。 ワープ。 狡猾。 かつて、世界が私を否定しようとした。 ↑さぁポチッとな

*キディ・ガーランド 第23話 「とまらない想い」[ 紅蓮の煌き ]
2010/03/21(Sun) 14:06

キディ・ガーランド 第23話感想です。 全ては復讐のために

*『キディ・ガーランド』 第23話 観ました[ 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 ]
2010/03/22(Mon) 01:08

前回の終わりに前作のヒロイン、エクレールとリュミエールが登場。 今回、彼女たちにどれだけ出番があるのか激しく気になりますね。 時間と空間を操る能力者、それがアスクールとク・フィーユ。 彼女たちが今まで時間を止めていたエク、リュミの代わりを果せるか… そん...

*キディ・ガーランド 第23話「流れ始める時間」[ 記憶のかけら*Next ]
2010/03/22(Mon) 12:38

爆発を止めるために・・・

*キディ・ガーランド 第23話 「とまらない想い」[ 明善的な見方 ]
2010/03/22(Mon) 23:56

キディ・ガーランド (1)L3 Legacy Little Lady (角川スニーカー文庫)先週待ちに待った2人が登場し、 ついにあの名言を頂戴しました!!!

*KIDDY GiRL-AND #23「とまらない想い」[ ボヘミアンな京都住まい ]
2010/03/24(Wed) 07:23

艦隊戦がしょぼいのは今更なんでもういいです・・・というかできないことをそんな無理して描かなくてもいいのに。 ガクトエルって特殊能力持ちだけじゃなくて両性具有なんですね。そんな彼を忌避して研究所送りにした一族への怨念が歪みに歪んでの破壊衝動・・・ですか。...

*キディ・ガーランド解説の部屋#23 ~ぢゃっぢゃ~ん!とぽきゅ~ん☆~[ サイネリア~わたしのひとりごと~ ]
2010/03/27(Sat) 00:09

タイトル:#23 とまらない想い

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ