ヴァンパイアバンド #8

観てから時間が経ってしまって、いつも以上に断片的な感想かも。ヴァンパイアバンドが成って第1部完という前々回(第7話)に続いてのお話。

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド #8 ニア ダーク

敵対組織"テロメア"の1人、ヒステリカ(CV: 釘宮理恵さん)が登場。ヒステリカはかなり印象に残るお顔(とくに眉)とお姿が見るからに悪役っぽく、キャラが立ってます。
いきなり姫側とバトルを繰り広げることになって、前回までの様々な駆け引きやすれ違いやサスペンスとは違って、分かりやすい展開になってきました。

ヴァンパイアバンド #8
ヴァンパイアバンド #8

ウルフボーイズ(笑)というネーミングは微妙に感じたけれど、ちょっとカッコイイし、バトルもなかなか良かったと思いました。まるで前回までの暗い展開を吹き飛ばす勢いのような。
彼らに命令を下すミナ姫の口調がいつにもまして凛々しかった。CV の悠木碧さんの別な側面を見た気がします。


ヴァンパイアバンド #8
ヴァンパイアバンド #8

東雲ななみ×ユヅルの関係は悲劇になってました(´・ω・)
ななみがユヅルを襲おうとしたときは、つい、(*´д`*)ハァハァしてしまったのですが、ななみの恋心が語られて、どうしようもなくなった現実を付き付けられるとツライところがあります。
ななみにしてみれば、ユヅルへの恋と血を吸いたいというヴァンパイアの破壊的なまでの欲求は相当なモノなのでしょうね。だからユヅルを"穢す"前に自分を、と…。
この2人の関係にはどういう決着がつくのでしょうか。



バンド成立後のミナと由紀の関係がちゃんと語られました、と言いますか、思ってないほどいい方向に向かってました。
ふたりはお互いに胸に抱えているものをさらけ出して認め合い、アキラへの想いも共有して、友だちになれました。何だか早くも親友的なポジションですよね。アキラを前にしてふたりでガールズトークみたいなことも。

ミナと由紀は人間とヴァンパイアで、種族からして違ってます。年齢もぜんぜん違ってます。でも普通に女の子同士の感じがして微笑ましい。
そして姫さまにとっては由紀ははじめての友だちと呼べる相手なのですよね。
お互いが大切な人なのだけど、とくにミナにとって由紀は大きな存在になっていく気がします。これからもずっと女王として在り続けるミナの心の拠り所にもなったり安らげる場所にもなれそうな気がするのですよ。それがこの先ずっと変わることのない親友というモノだと思います。

ヴァンパイアバンド #8
ヴァンパイアバンド #8

2人が打ち解ける様子は見ていてちょっと感動しました。雰囲気とか台詞とか。ちょっと流れや展開が早いなとは感じましたけど。でも良かったです。
…BL 小説のことはいまはスルーしておきます(笑)。



エンディングの映像部分がついに完成?

ヴァンパイアバンド ED
ヴァンパイアバンド ED
ヴァンパイアバンド ED
ヴァンパイアバンド ED

ED テーマ : 「爪痕」 hibiku
テーマは姫と彼女を護る騎士との絆でしょうか。赤い糸がベタなのに何だかイイ。でも不必要なほどに長い糸が風に揺らされ、どこか不安も感じて、それは寄り添っているのに結ばれそうで結ばれることのない何かなのでしょうか…。



ヴァンパイアバンド #8 エンドカード



「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」カテゴリの記事

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第01話 「プロムナイト」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第02話 「ハウリング」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第03話 「ティーン ウルフ」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第04話 「インタビュー ウィズ ヴァンパイア」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第05話 「シャドウ オブ ヴァンパイア」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第06話 「フロム ダスク ティル ドーン」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第07話 「イノセント ブラッド」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 特別編 ~Special Edition~ 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第08話 「ニア ダーク」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第09話 「ロストボーイ」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第10話 「ワルプルギスの夜」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第11話 「アンダーワールド」 感想
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第12話 「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ