2010
03
09

KIDDY GiRL-AND 第20話 「ほんとうの私」 感想

  • 00:41 |  Category [KIDDY GiRL-AND]
  • Comment [ 0 ]
  • Trackback [ 0 ]
KIDDY GiRL-AND #20

アスクールがク・フィーユを連れ戻すためにエルデメテオールへ潜入。

KIDDY GiRL-AND (キディ・ガーランド) #20 「ほんとうの私」

「ほんとうの私」が分からないのは、ク・フィーユだけではなく、アスクールもでした。

KIDDY GiRL-AND #20

アスクールはエルデメテオール内の街並みと鐘の音にデジャヴを覚え、以前にも見たフラッシュバックと同じ、失った記憶のようなモノに再び少し触れました。
親(?)に手を引かれた葬儀の参列。研究所の施設。リーゼロッテという名。…描写的に記憶の操作ではなくて、真実のように思えますね。詳しい状況はまだ語られませんけれど。

でもいまのアスクールにとって大切なのは過去ではなく現在。アスクールは自分を兄でパートナーだと言うガクトエルの言葉には耳を傾けません。ヒドイことをしたガクトエルを許せる訳がありません。
それに思い出しつつある出来事が真実だとしても、まだアスクールとガクトエルが兄妹と決まった訳ではありませんよね。バラ模様のアザだけでは証明になりませんし。
視聴者にとってもアスクールのパートナーはク・フィーユ以外に考えられません!(><。


…それにしても、アスクールって実年齢はいくつなのでしょうか。ES メンバーに年齢はあまり意味はないのだけど、逆算しても軽く30歳は超えているような?(^^;
25年前に銀河系を滅亡させようとしたガクトエルはそのとき何歳だったのかな。


KIDDY GiRL-AND #20
KIDDY GiRL-AND #20

ク・フィーユはリトゥーシャとお婆さんのやり取りから自分とリトゥーシャの二人ともガクトエルの妹ではないことを悟りつつあります。アスクールの前で流した涙の理由にも。
それを邪魔しているのがシェイドと頭の髪飾り。真実に近付こうとしたり記憶を取り戻しかけると髪飾りが反応するようです。あるいは姿を隠して監視しているシェイドが操作してるのでしょうか。この髪飾りってちゃんと意味や役割があったんだ…(^^;


"ドリル巻きでチョココロネ"のリトゥーシャが、嫉妬心から真実をク・フィーユに告げてしまった行為を悔いて泣いてしまったり、それでもク・フィーユのことを心配したり…。子供らしく可愛くてイイ子です。
リトゥーシャとパウークとお婆さんは相変わらずほんわか家族の雰囲気を醸し出しています。
ク・フィーユが記憶を取り戻したときに彼女たちのことをどう思うのか、覚えているのかがキーになってきそうです。



そのほかの感想とメモ。
  • お姫様は縦ロール
  • シェイドが能力の使いすぎでずっと苦しそう
  • 局長を解任されたイヴェールはただの ES メンバーに。ゾマとともに時間の凍りついた空間へ
  • アスクールの寝起きがイイ…。二の腕とか。脇とか…(*´д`*) いい!

KIDDY GiRL-AND #20 アスクール
KIDDY GiRL-AND #20 アスクール


それなりに面白いのだけど、ここ数話はあんまり話が進展していないなぁと感じてしまったりするのが正直なところ。もう終盤なのに…。いったいいつ時間の凍りついた空間での展開がはじまるのでしょうか?(^^;



関連する記事

KIDDY GiRL-AND (キディ・ガーランド) アイキャッチ

「KIDDY GiRL-AND」カテゴリの記事

KIDDY GiRL-AND 第14話 「出逢いの刻」 感想
KIDDY GiRL-AND 第15話 「悪い夢」 感想
KIDDY GiRL-AND 第16話 「冷たい涙」 感想
KIDDY GiRL-AND 第17話 「知らない名前」 感想
KIDDY GiRL-AND 第18話 「シスター・プリンセス」 感想
KIDDY GiRL-AND 第19話 「パートナー」 感想
KIDDY GiRL-AND 第20話 「ほんとうの私」 感想
KIDDY GiRL-AND 第21話 「蘇る記憶」 感想
KIDDY GiRL-AND 第22話 「流れ始める時間」 感想
KIDDY GiRL-AND 第23話 「とまらない想い」 感想
KIDDY GiRL-AND 第24話 「いつまでも一緒!」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ