2010
02
14

KIDDY GiRL-AND 第18話 「シスター・プリンセス」 感想

  • 22:26 |  Category [KIDDY GiRL-AND]
  • Comment [ 0 ]
  • Trackback [ 12 ]
KIDDY GiRL-AND #18

観ていて楽しかったけれどいろいろと突っ込みたかった前半でした。後半でちょっとイイ展開に。

KIDDY GiRL-AND (キディ・ガーランド) #18 「シスター・プリンセス」

KIDDY GiRL-AND #18

記憶を操作されたク・フィーユが何だか子供っぽく…というよりも実年齢の7歳の通りなのかな。
何だか顔つきも幼くなっちゃって確かに可愛いのだけど、わたしは以前のク・フィーユのほうがどちらかと言えば好きですね。ちょっとオトナびていてクールでツンデレで、何かとアスクールに振り回されるク・フィーユが好きです。
でも身体はオトナ、頭はコドモというのも魅力的カモ。まったく意図もなしにナチュラルに腕におっぱい当ててるとか、もう完全に萌え殺人兵器ですよ!( ̄□ ̄*) はぅぁ。


KIDDY GiRL-AND #18

リトゥーシャはガクトエルの妹に納まったク・フィーユのことが気に入りませんでした。扉から覗くジト目がカワユス。
リトゥーシャは嫌がらせ(=可愛らしい悪戯)をク・フィーユにたくさん仕掛けましたが、騒動を経て結局最後は二人はちょっと仲良しに。と言いますか、むしろお風呂ではク・フィーユに責められておりました!(*´д`*)ハァハァ

( ゚∀゚)o彡゚ 百合風呂っ! 百合風呂っ!

KIDDY GiRL-AND #18
KIDDY GiRL-AND #18
KIDDY GiRL-AND #18
KIDDY GiRL-AND #18
KIDDY GiRL-AND #18

ク・フィーユのお股から覗かせるアングルがステキでしたね。DVD/BD ではもうちょっとカメラを引いてくれれば…という妄想。



アスクールとク・フィーユ、2人は運命のパートナーだということはこれまで観ている視聴者はじゅうぶん感じ取れているのですけど、作中でアスクールがク・フィーユの出生の秘密と抱いていた想いを知ることで、いよいよその絆をク・フィーユとも共有出来た感じがします。

アスクール 「あたし絶対、ク・フィーユのこと助ける!」
ストレートで想いのこもった言葉が熱かったですね。おバカなほど純粋なアスクールだけに。
簡単にイヴェール局長に止められてしまいましたけど。でもここは局長が正しいです(汗)。

その想い人パートナーのク・フィーユがまったく記憶を無くして、洗脳されて、アスクールの前に現れました。
相変わらずガクトエルの目的も意図も読めませんが、状況的にはここからの展開に期待が持てます。どうやって2人が絆を取り戻すのか、かなり楽しみです。
コメディ色を強くするのもいいのですけど、やっぱりこうゆう心を動かす部分のシナリオは大事だと思うのです。



KIDDY GiRL-AND #18

ク・フィーユは時間凍結状態のエクレールとリュミエールの救出と、ES メンバー複製計画のために生み出された者たちでした。
いままでこっそりと墓標にもヒントがあったのがこれですべてつながりました。判明するとなるほどと思うけど、まさかトリクシーとトロワジェインがアスクールよりも若いとは夢にも…(´-`;)

第3組目(13年前) : トリクシー(Trixie III Eclair)、トロワジェイン(Troisienne III Lumiere)
第4組目(7年前) : ク・フィーユ(Quatre-feuille IV Lumiere)、パートナーは空席

エクリプスが死亡したため、ク・フィーユが最後の複製世代になりました。
第1組目と第2組目の ES メンバーはどうなっているのかな。姿が見えないし、やはり任務失敗…?



それにしても今回の話もほぼ G ソサエティ側の視点で描かれていて…どちらに感情移入すればいいのやら。リトゥーシャどころかコアもなかなかいいではないですか。トーチとシェイドが無言で扉を開けて出て行ったのも可笑しかった。リュビスもなんだかいい子…。
やはり敵はガクトエルただ1人なのかな。

GTO はとうとう解散にまで追い込まれていますが、自分たちが正義だと言い放った台詞には返って何か裏を感じてしまいます。GTO もアレだし、それこそ正義はどちらの胸の中にもありますし。


KIDDY GiRL-AND #18

とりあえずはその前に、ク・フィーユ×アスクールの絆を取り戻すことですね。ク・フィーユが攻め側になるのはこんなときしか見られないと思うので、堪能したいと思います(違)。



KIDDY GiRL-AND #18 アイキャッチ
KIDDY GiRL-AND #18 アイキャッチ
KIDDY GiRL-AND #18 アイキャッチ

ダメだガクトエルに共感を覚えて(以下略



関連する記事

KIDDY GiRL-AND (キディ・ガーランド) アイキャッチ

「KIDDY GiRL-AND」カテゴリの記事

KIDDY GiRL-AND 第13話 「バカンス2」 感想
KIDDY GiRL-AND 第14話 「出逢いの刻」 感想
KIDDY GiRL-AND 第15話 「悪い夢」 感想
KIDDY GiRL-AND 第16話 「冷たい涙」 感想
KIDDY GiRL-AND 第17話 「知らない名前」 感想
KIDDY GiRL-AND 第18話 「シスター・プリンセス」 感想
KIDDY GiRL-AND 第19話 「パートナー」 感想
KIDDY GiRL-AND 第20話 「ほんとうの私」 感想
KIDDY GiRL-AND 第21話 「蘇る記憶」 感想
KIDDY GiRL-AND 第22話 「流れ始める時間」 感想
KIDDY GiRL-AND 第23話 「とまらない想い」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*キディ・ガーランド #18[ 桜詩~SAKURAUTA~ ]
2010/02/14(Sun) 22:39

【シスター・プリンセス】 劇場版「キディ・グレイド」Blu-ray EDITION (初回限定生産品)出演:永田亮子販売元:角川エンタテインメント発売日:2009-12-25クチコミを見る GTOが無くなるだと!? 

*キディ・ガーランド 第18話 「シスター・プリンセス」[ つれづれ ]
2010/02/14(Sun) 22:59

 ク・フィーユが体は大きいのに心は子どもでちょっと見ていて痛々しい感じでした。格好も変ですしね。

*KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #18「シスター・プリンセス」[ 無限回廊幻想記譚 別館 ]
2010/02/14(Sun) 23:33

トゥイードゥルディたちESメンバーに下った移動命令に驚くアスクール。 イヴェール局長は惑星連合がGTOを解散し、Gソサエティに業務を...

*キディ・ガーランド 第18話 「シスター・プリンセス」[ 紅蓮の煌き ]
2010/02/14(Sun) 23:38

キディ・ガーランド 第18話感想です。 何この痛い子状態(汗

*キディ・ガーランド 第18話「シスター・プリンセス」[ 妄想詩人の手記 ]
2010/02/15(Mon) 01:03

妹バージョンのク・フィーユかわえぇーー!!

*■KIDDY GiRL-AND【#18】シスター・プリンセス[ 此方彼方何方-コナタカナタドナタ- ]
2010/02/15(Mon) 02:11

キディ・ガーランド #18の視聴感想です。 解散。 妹。 悪戯。 記録。 たったひとりのパートナー。 ↑さぁポチッとな

*ひだまりスケッチ×☆☆☆ #6[ 桜詩~SAKURAUTA~ ]
2010/02/15(Mon) 02:38

【10月15日 空の高さも木立の影も/4月26日~27日 恋愛上級者】 ひだまりスケッチ (4) (まんがタイムKRコミックス)著者:蒼樹 うめ販売元:芳文社発売日:2008-12-25おすすめ度:クチコミを見る なずな殿に恋人が出来た!? 

*キディ・ガーランド 第18話「シスター・プリンセス」[ 明善的な見方 ]
2010/02/15(Mon) 23:08

前回、ク・フィーユの記憶喪失という衝撃的な展開でしたが、 今回は12人の妹との物語でした(マテ

*『キディ・ガーランド』 第18話 観ました[ 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 ]
2010/02/16(Tue) 02:40

GTO解体、GTOの機能はGソサエティーに全部移行する決定がなされたようです。 その手始めとして、ESメンバーの移籍がなされるそうで・・・ 残りの通常メンバーも扱いがどうなるか心配でどうにもならないってことでお仕事にならないようです。 無理もないよねぇ~

*KIDDY GiRL-AND #18「シスター・プリンセス」[ ボヘミアンな京都住まい ]
2010/02/17(Wed) 09:38

Aパート後半とBパート途中までは全然要らなかったような(苦笑)。 今回の本筋はというと、まずドゥルダム姉弟とアンオウ・エイオウに惑星連合政府から転属命令。イヴェール・ゾマと共に一応はGTOに留め置かれたアスクール、ク・フィーユを助けようとはやる心を2人に宥

*キディ・ガーランド解説の部屋#18[ サイネリア~わたしのひとりごと~ ]
2010/02/19(Fri) 02:34

タイトル:#18 シスター・プリンセス

*キディ・ガーランド 第18話「シスター・プリンセス」[ 記憶のかけら*Next ]
2010/02/20(Sat) 02:22

ク・フィーユが・・・・・・・・・ww

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ