2010
02
06

KIDDY GiRL-AND 第16話 「冷たい涙」 感想

  • 11:20 |  Category [KIDDY GiRL-AND]
  • Comment [ 0 ]
  • Trackback [ 2 ]
KIDDY GiRL-AND #16

敵の裏切りという面白そうなお話だと思ったのに、展開が予想と違ってました。

KIDDY GiRL-AND (キディ・ガーランド) #16 「冷たい涙」

KIDDY GiRL-AND #16

冒頭からサフィルの様子が変で、ガクトエルに心酔してるはずなのに、これはGソサエティからの離反?と思ってたら、サフィルはガクトエルの命令で動いていただけでした(´・ω・)
前回予告を観た時点での想像とは違ってたけど、今回の流れの中で裏切りではなかったというのはもう予想通りです。
「妹(アスクール)を連れて来い」という命令自体、何だかなぁと思いました(´・ω・) もっとほかに手はあるのでは…。


氷の惑星でサフィルとリュビスのバトルがあったけど、やけにあっさりリュビスが引き下がったような気がしたし(リュビスは本気だったのですけど/もっと汗)、サフィルがガクトエルを裏切る訳がないし、振り返ってみるとAパートの最後でサフィルが流した涙が途中で凍って地面で砕け散ったのも罠を暗示していたのかな。
感激の熱い涙がこぼれ落ちた瞬間に凍るというのは、つまりそれが熱くない、偽りの熱さ、嘘だということですよね。
それは"冷たい涙"。今話のサブタイトルです。

その涙を凍らせることをサフィルが意図していなかったのなら、それはサフィルの氷の能力のせい、知らずに能力が発散される、それは能力が彼女に沁みついているということで、どこまでいってもサフィルは"シャドウワーカー"なのだと思い知らされることになります。同様にガクトエルを敬うサフィルの心はすでにもう身体の奥に沁みついていて、そう簡単に変えられるモノでもないのでしょう。
…というふうに思ったのですけど、まるで確証バイアスのような気がします(汗)。



KIDDY GiRL-AND #16

今回、サフィルの裏切り(ただし任務通り)を軸に語られたことは、
  • アスクールがガクトエルの妹であることをク・フィーユが知る
  • ク・フィーユの記憶の剥離は止まってない?
  • ク・フィーユが敵の手に落ちる
この3つあたりでしょうか。

最後のほうはそれなりにシリアス展開でしたが、連れ去られたク・フィーユがガクトエルと会って何を見て何を聞かされて何を感じるのか、それとガクトエルにどう利用されるのかが次回のお話になりそうです。



いまさら気付いたのだけど、アスクールたちが ES メンバーであることは "Touch & Go" 内では秘密なので、いつも「局長室に出前」というカタチで呼び出されているのでしょうか。今回ではじめて頭の中で"秘密"と"出前呼び出し"がつながりました(汗)。


KIDDY GiRL-AND #16
KIDDY GiRL-AND #16

ウェイトレス衣装はチャイナ服風味でした。ミニスカがとてもカワユス。フトモモ(*´д`*)ハァハァ



KIDDY GiRL-AND #16 アイキャッチ
KIDDY GiRL-AND #16 アイキャッチ



関連する記事

KIDDY GiRL-AND (キディ・ガーランド) アイキャッチ

「KIDDY GiRL-AND」カテゴリの記事

KIDDY GiRL-AND 第11話 「シャドウワーカー」 感想
KIDDY GiRL-AND 第12話 「時間の凍りついた空間」 感想
KIDDY GiRL-AND 第13話 「バカンス2」 感想
KIDDY GiRL-AND 第14話 「出逢いの刻」 感想
KIDDY GiRL-AND 第15話 「悪い夢」 感想
KIDDY GiRL-AND 第16話 「冷たい涙」 感想
KIDDY GiRL-AND 第17話 「知らない名前」 感想
KIDDY GiRL-AND 第18話 「シスター・プリンセス」 感想
KIDDY GiRL-AND 第19話 「パートナー」 感想
KIDDY GiRL-AND 第20話 「ほんとうの私」 感想
KIDDY GiRL-AND 第21話 「蘇る記憶」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*キディ・ガーランド 第16話 「冷たい涙」[ つれづれ ]
2010/02/06(Sat) 11:54

 シリアスだとちょっとドキドキしますね。今回はク・フィーユが頑張りました。

*■KIDDY GiRL-AND【#16】冷たい涙[ 此方彼方何方-コナタカナタドナタ- ]
2010/02/06(Sat) 22:59

キディ・ガーランド #16の視聴感想です。 裏切り。 秘密。 罠。 限界。 アンタみたいな娘が妹やなんて! ↑さぁポチッとな

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ