2010
01
10

KIDDY GiRL-AND 第12話 「時間の凍りついた空間」 感想

KIDDY GiRL-AND #12

全何話構成になっているのか知らないのですけど、放送日から察するとギリギリでちょうど1クール目の締めの回。最初に提示された謎が語られて、物語の概略が分かるようになっていました。
でも予告を観ると次回は思いっきり水着サービス回なのですよね(笑)。
1クール目とおんなじことやってる…(汗)。これが『キディ・ガーランド』クォリティですか。


KIDDY GiRL-AND (キディ・ガーランド) #12 「時間の凍りついた空間」

25年前に起きた銀河中を巻き込む大事件のお話でした。
第1話のアバンタイトルの描写からここまでずっと謎で、ここでほとんどの真相が語られることになり、この物語の軸がようやく掴めたように思います。
そしてこの事件で銀河系を救ったのは前作のヒロインの2人。前期を観ていればほかにも少しだけ余分に楽しめる回だったかなと思います。


KIDDY GiRL-AND #12

時間凍結事件 :
  • 惑星アズランティアの爆発は銀河系を呑み込むほどの規模になる
  • ガクトエルがそれを引き起こそうとした。真意は不明
  • エクレールとリュミエールが自分たちごと惑星の時間と空間を凍結
  • 爆発は止まったのではなく非常にゆっくりと進行していて、トリクシーとトロワジェインがそれを完全に停止させる予定だった
  • この事件は政府によって隠匿されている

これで話がつながってきました。GTO の計画を知っていたからガクトエルはトリクシーとトロワジェインを殺害したのでした…。2人の能力が高いからかなと思っていたのですが、ハズレてもないと言えて、コレで納得です。

ただ、惑星アズランティアの近寄れない空間には3年に1度だけ干渉出来る瞬間があるらしいのですけど、25年もあれば最大8回ほど機会がある訳で…。それをいままでにしなかった理由はあったのでしょうか。
GOTT を立て直す年月、干渉可能時間を知るまでにかかった時間、トリクシーとトロワジェインの能力と遂行の可能性のシミュレータ、準備期間、といろいろありそうですけれど。…作中に説明がありましたっけ(汗)。聴き逃したのかも。


ゾマがアームブラストだってぇぇえええっ?!! ( ゚Д゚)
あ、でも、記憶を一切失っているけれど性格は確かに似てます。S っぽいイジワルなところが(^^;
イヴェール局長はメルクルディなのでした。でもこっちは見た瞬間似てると思ったし、何より思い返してみれば第1話のアイキャッチイラストで"大出世!!"って思いっきりネタばらししていたような(笑)。


高速巡航艦ミストラルを与えられてはしゃぐアスクールが微笑ましかったです。7歳のディアに「子供みた~い」と言われるアスクールが(笑)。



KIDDY GiRL-AND #12
KIDDY GiRL-AND #12

惑星アズランティアへ花を手向けに来た男はシュウ。
前作の最後に出ていた赤ちゃん(母は血の繋がらないエクレール)の再登場だったのですけど、最終話からの後日談やエクレールの想い、経過した年月、新米 ES メンバー(見習い)たちの決意につながる流れ、そのすべてを結ぶなかなか心憎い演出かなと思いました。


KIDDY GiRL-AND #12

それを受けたラストでアスクールとク・フィーユとディアは気持ちを新たにしたのですが、これはシュウの話を聞いたからというのもありますが、もともと最初から彼女たちの揺るぎない信念と想いはそこにあるのです。

「わたしたちが、みんなを守る!」

今後の彼女たちのさらなる活躍が楽しみです。そう感じさせるイイ引き方だったと思いました。


最後に。ガクトエルの精神攻撃(?)を受けた後に、どんな感じに変だったの?と訊かれたアスクールが「ク・フィーユとはじめて逢ったときみたい」と言ったのはコメディっぽく見せた何かの伏線なのかな。台詞にちょっぴり唐突感と違和感がありました。



KIDDY GiRL-AND #12 アイキャッチ
KIDDY GiRL-AND #12 アイキャッチ

相変わらずアイキャッチには笑えます。



関連する記事

KIDDY GiRL-AND (キディ・ガーランド) アイキャッチ

「KIDDY GiRL-AND」カテゴリの記事

KIDDY GiRL-AND 第07話 「憧れの2人」 感想
KIDDY GiRL-AND 第08話 「Gソサエティ」 感想
KIDDY GiRL-AND 第09話 「記念式典」 感想
KIDDY GiRL-AND 第10話 「生きていた、2人」 感想
KIDDY GiRL-AND 第11話 「シャドウワーカー」 感想
KIDDY GiRL-AND 第12話 「時間の凍りついた空間」 感想
KIDDY GiRL-AND 第13話 「バカンス2」 感想
KIDDY GiRL-AND 第14話 「出逢いの刻」 感想
KIDDY GiRL-AND 第15話 「悪い夢」 感想
KIDDY GiRL-AND 第16話 「冷たい涙」 感想
KIDDY GiRL-AND 第17話 「知らない名前」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ