2009
12
11

獣の奏者エリン 第46話 「ふたりの絆」 感想

獣の奏者エリン #46 エリン

イアルがエリンに匿われたお話でした。何だかいい雰囲気。それと重ねてエリンとリランの心のつながりも感じられました。こっちの関係もまだ終わっていませんよ。

獣の奏者エリン 第46話 「ふたりの絆」

これまでニアミスもあって、エリンとイアルの2人の直接的な接点は決して多くはなかったけれど、出逢いからお互いに想うところはずっとありました。イアルの竪琴も物語の重要アイテムになっていました。


獣の奏者エリン #46
獣の奏者エリン #46

前話のキリクに続いて、今回はイアルの心の解放が見えた回だったと思います。
真王ハルミヤを護れなかった自分を責め、ダミヤの謀略により生き方そのものであった堅き楯(セ・ザン)さえ失ってしまったイアルは、進む道を見失っていました。
ここまでイアルが弱い部分をさらけ出したのもきっと相手がエリンだから。と思いました。毒や傷で弱っていたからではないですよね。

エリン 「どうしてこの右手で自分の幸せを掴むことを考えないのですか…?」

イアルは、「望むように生きればいい、あなたは人に操られた道具などではないはず」というエリンの言葉ですでに心が揺れていて、最後にこのエリンの涙の問いかけに彼もまた涙を流しました。
一瞬躊躇したけどそのままイアルがエリンを抱きしめたのは正直ちょっぴり意外でした。けれど、あれはつまりエリンの願いを受け取ったのかな、と管理人は思いました。
イアルはこれで堅き楯(セ・ザン)という重い枷から解放されて、自分の道を進んでいけるのではないでしょうか。管理人の希望も含んでいるし、あとはイアルが無事に生き残ってくれるのかなという不安もありますけども。


イアルはハルミヤに母を重ねていたし、エリンはイアルの"夜明けの鳥"に母を感じたし、リランは家族を持ったし、エリンの過去を振り返ってみても、この作品はずっと"家族"がテーマやキーになってると感じます。いまさらながらに。


獣の奏者エリン #46



さて、リランです。
リランがイアルを隠し通したのはエリンの命令ではあったけど、敏感な王獣はエリンとイアルの関係を察していたようです。エリンはイアルを警戒していないどころか、きっとエリンの発する"その人は大切な想い人オーラ"も感じていたのだと言いたいです。だってリランももうママですしね!(・∀・)

そして同時に、エリンとリランの関係も根本では失われていないようなので安心しました。
あとは予告バレですけど、エリンがセィミヤに会いに行くためにリランと飛んだのなら、つまりリランがエリンを背中に乗せたのなら、きっともうふたりはだいじょうぶなんだと思います。


# 以前にもありましたがエリンにソヨンの面影をみることがあります。キャラデザがどうとか、緑の髪と目が同じだとか、そうゆうものではないと思うのですよ。



「獣の奏者エリン」カテゴリの記事

獣の奏者エリン 第15話 「ふたりの過去」 感想
獣の奏者エリン 第16話 「堅き楯のイアル」 感想
獣の奏者エリン 第42話 「セィミヤの涙」 感想
獣の奏者エリン 第43話 「獣ノ医術師」 感想
獣の奏者エリン 第44話 「アクン・メ・チャイ」 感想
獣の奏者エリン 第45話 「かごの鳥」 感想
獣の奏者エリン 第46話 「ふたりの絆」 感想
獣の奏者エリン 第47話 「清らかな夜」 感想
獣の奏者エリン 第48話 「リョザの夜明け」 感想
獣の奏者エリン 第49話 「決戦」 感想
獣の奏者エリン 第50話 「獣の奏者」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ