--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
04
19

獣の奏者エリン 第15話 「ふたりの過去」 感想

獣の奏者エリン #15

新しい章のはじまりと別れを予感させるお話でした。

獣の奏者エリン 第15話 「ふたりの過去」

前話ですでに姿が見えていたように、あれから4年、エリンは14歳になっていました。
アサンというジョウンの息子が突然夏小屋を訪ねてきてそれがきっかけになりましたけれど、ジョウンもエリンもそれぞれの道へと進むのがすでに運命だったのかもしれません。

ジョウンはタムユアン学舎の教導師長でした。
ジョウンは不正を許さないという正しいことをしたのに、政治の舞台にもなっている学舎では結果として高級官僚の圧力に負けて職を辞めさせられることに。それで嫌気がさしたのか、ジョウンは平民となってただの蜂飼いとして一生を暮らすと決めていました。ジョウンの蜂飼いだけでない知識や知性はこういうことが理由だったのですね。
そんなジョウンの転機はエリンと出会ったことでした。エリンの好奇心と吸収力に触れて、それがジョウンの中に眠っていた"人に教える"という情熱を呼び覚ましていたようです。いつかの師匠の言った言葉通りです。

エリンも獣医師になるという夢は変わっていません。
小さな頃からずっとソヨンを見て育ったエリンの夢は獣の医術師になること。今回でも王獣を見てから毎日のように谷へ出かけていることからエリンの思いが伝わってきます。エリンはどうあっても獣と関わっていく道を選びそうです。

獣の奏者エリン #15

二人とも一緒にいる生活がこのまま続くことを願っている気持ちもありますけど、同時にそれぞれが進む道への想いも抱えていたことになるのでしょうか。

ジョウンはエリンの「一緒にいられないなら、独りで生きていく」という言葉を聞き、養女としてエリンを迎えて王都の学舎へ連れて行かず、エサルという女性の医術師に預けることにしました。それがジョウンの「親としてエリンへする当然のこと」。やっぱりこの二人はもう親子ですよね(つд`)。言葉に出さずとも。

この日から試験の日までジョウンはすべての知識をエリンに教えることになりました。「それが離れていくエリンに出来る最後のことだと思ったから」というナレーションが心に沁みます…(´・ω・)
例え親であってもいずれ別れは来ます。ジョウンはエリンの親であり、すべてを失ったエリンの立ち直るきっかけでもあり、エリンを次の段階へ導く先生でもありました。
きっとこの先二人が別れても、心は繋がった親と子の関係でいられると思います。とくにそれはエリンにとって大きなことだろうなと思います。


エサルのいるカザルムは王獣を診る王獣保護場だそうです。
次に進むべき道が見えたときに、あのとき以来ずっと一度も会えなかった王獣の姿をエリンが見ることが出来たのは、まさにエリンと王獣との運命を感じさせるような演出でした。というかわたしはそう感じました。

獣の奏者エリン #15
獣の奏者エリン #15

あとエリンが貴族や職能者の嫁として生きていくことを拒んだときに鷹が飛ぶシーンが挿入されたのは、窮屈な暮らしではなく、空を自由に飛ぶように、つまり自分の夢や生きたいように生きることをエリンは選んだということだったのかなと思ったりしました。


エリンと王獣。いよいよ物語の重要な部分に入ってきた気がします。
同時に、闘蛇と世話係、王獣と世話係の話に不安感も芽生えますけれど。どこにでも付いてまわるこの世界の社会の掟/歪みにエリンが再びどう関わってゆくのか。
また楽しみな展開になってきました。


次回、第16話は「堅き楯(セ・ザン)のイアル」。
こちらも運命の出逢いを果たしている二人(?)の物語の続きでしょうか?(・∀・)



「獣の奏者エリン」カテゴリの記事

獣の奏者エリン 第10話 「夜明けの鳥」 感想
獣の奏者エリン 第11話 「とびらの中に」 感想
獣の奏者エリン 第12話 「白銀の羽」 感想
獣の奏者エリン 第13話 「王獣の谷」 感想
獣の奏者エリン 第14話 「霧の民」 感想
獣の奏者エリン 第15話 「ふたりの過去」 感想
獣の奏者エリン 第16話 「堅き楯のイアル」 感想
獣の奏者エリン 第42話 「セィミヤの涙」 感想
獣の奏者エリン 第43話 「獣ノ医術師」 感想
獣の奏者エリン 第44話 「アクン・メ・チャイ」 感想
獣の奏者エリン 第45話 「かごの鳥」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
  2. 2009/04/19(Sun)  21:33nns  #PjhX0VK2 [] [編集]

    今晩は。
    エリンも14才になり、新章開始。来週は、OPとEDも変わるんでしょうか。

    >ジョウン
    13話のレビューの画像と比べてみても、急に老けた感があります。ヌックとモックは、殆どそのままなのですが…
    しかし、教導師長時代、事実上の温情措置というか、かなり的確な妥協案を提示しながら、生徒が自殺未遂を起こしてしまうとは…政治力の不足もありますが、不運な事件としか言いようがありません。

    >エリンとジョウンの受験?対策
    ある意味、この分野では、最強の師弟コンビ。満点で合格もあり得そうです。

    >エリンとイアル
    エリンが王獣に関わる以上、王家を巡る陰謀を通じて絡んでいくのでしょうか…



  3. 2009/04/20(Mon)  00:51Chel  #uWMNODuI [] [編集]

    ▼nnsさん
    こんばんはです。
    >OPとEDも
    そう言えば新章&クールっぽい区切りですね。OP/EDはわりといいので変わらなくてもいいと思いますけど、どうなのでしょうか。どちらかだけ変わるというのもありそうです。

    >満点で合格もあり得そう
    視聴者はもう合格するだろうと思ってしまってますけど(汗)、その過程でも何か見せてくれそうで期待しています。エリンの才能か、王獣との関係か、エサルの人柄か。まさかナレーションだけで試験が終わるとは思っていないので、ちょっと楽しみです。

    >王家を巡る陰謀を通じて
    そうなりそうですねえ…王獣に関わるエリン、護衛師のイアル、接点は"王家"ですしね。その状況を考えるとエリンとイアルだけの話にはならず、物語の大きな部分として絡みそうです。
    そのときは重たい話だけでなく、別の何かも見せてほしいなと思います。

    コメントありがとうでした!



Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*獣の奏者エリン 第15話 「ふたりの過去」 【感想】[ 満天の星空の下で ]
2009/04/19(Sun) 02:43

確実に物語が新展開へと動き始めましたね。だけど前回がほぼ総集編だっただけに、少し展開を急いだ気もします。それにここ最近のソヨンが...

*遂に家族と別れる碧眼の臥竜[ 休羽捫虱帳 ]
2009/04/19(Sun) 06:27

獣の奏者エリン 第15話 葛亮、伯父の玄と別れエリン、ジョウンから離れる

*獣の奏者 エリン 第15話 「ふたりの過去」[ 紙の切れ端 ]
2009/04/19(Sun) 08:53

「それができないのなら、私は一人で生きていきたいです!」 エリンの決意。 ジョウンの息子アサンがジョウンの教導師長への復帰願いを...

*獣の奏者エリン 第15話 ふたりの過去[ つれづれ ]
2009/04/19(Sun) 08:57

 ジョウンの過去が明らかになりました。教導師長ってなんだか凄そうですね。

*獣の奏者 エリン 第15話「ふたりの過去」[ ある休日のティータイム ]
2009/04/19(Sun) 09:04

「一人で生きていきたいです」。ジョウン(+ヌック・モック)との生活は、エリンに暖かなものを与えてくれた。けど、その生活も終わりを迎えたとき、それを自ら絶とうとするエリンの強さに心打たれたっ。この言葉、ジョウンの背中を押すことでもあったよね。一人で生きる...

*獣の奏者エリン 第15話「ふたりの過去」[ よう来なさった! ]
2009/04/19(Sun) 09:30

エリンも立派な14歳。なわけで新展開に突入! 早速ジョウンの息子であるアサンが、ジョウンに教導師長への復帰を嘆願に。

*獣の奏者エリン #15[ 日々の記録 ]
2009/04/19(Sun) 09:46

エリンがジョウンと暮らしはじめて、4年の歳月が流れていました。いつまでも続くかと思えた2人の生活は、思わぬ形で動き始めました。4年の間に、エリンはジョウンから多くの知識を...

*【神回】獣の奏者 エリン 第15話「ふたりの過去」の感想。[ いーじすの前途洋洋。 ]
2009/04/19(Sun) 10:14

獣の奏者 エリン 第15話 「ふたりの過去」 評価: ── あなたはここにいて幸せ? 脚本 藤咲淳一 絵コンテ ...

*獣の奏者 エリン #15[ 桜詩~SAKURAUTA~ ]
2009/04/19(Sun) 10:21

【ふたりの過去】 私は1人で生きて行きたいです!

*[上橋菜穂子]15話「二人の過去」~国を背負う人材の養成機関でのトップには、教育者と政治屋としての両方の能力が要求される[ 物語三昧~できればより深く物語を楽しむために ]
2009/04/19(Sun) 18:27

■一人で生きていく孤独を エリンの選択を見ていて、この子は「一人で生きていく孤独というもの」強く胸に持っているんだなぁと思いました。というのは、将来に幻想を全然持たない。ジョウンの息子の侮蔑的な目で態度で、自分がこのままジョウンについていくことがどういう

*獣の奏者エリン 第15話 ふたりの過去[ きえさりそうなblog ]
2009/04/27(Mon) 23:20

前回の総集編もどきを終え、 ジョウンの元に来て4年経ったエリンにとっての人生の転機が訪れた。 物語としてもここからが本番って感じなのか...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。