2009
03
14

鉄のラインバレル 第23話 「死に方が決める生き方」 感想

鉄のラインバレル #23

いよいよ異世界側の主力部隊が地球に侵攻を開始。JUDA と加藤機関と地球連合軍の人類の運命をかけた最終決戦に突入です。

鉄のラインバレル #23 死に方が決める生き方

敵側の圧倒的戦力の前に地球の各都市は沈黙、連合軍も苦戦…。JUDA と加藤機関の共闘が熱いなぁとか思ってる暇がありません。

敵マキナが人間を吸い上げていたのがちょっと可笑しくて、でも不気味で、まさに侵略者の雰囲気があると思ったり。あんなことされたくないわ(;´Д`)
理沙子が吸われかけて危なかったけどジャックが助けに入って無事でした。あれでジャックの見せ場が終わりだったりする?(^^;


鉄のラインバレル #23

今回はずっと戦闘描写が続き、その中で予想通り数人が逝き、予想外の人までも散りました。
死ぬことに意味があるかどうかは何とも言えませんけれど、死によって人に影響を与えたり、道を切り開くことがあるということですね。熱血少年マンガ/アニメでははずせないモノです。展開として熱ければいいんです。"ありがち"とか言ってはいけません。

被弾したシャングリラは久嵩と石神社長を乗せたままグランネイドルに特攻しました!(; ゚□゚)
ヘリオスへの細いわずかな攻撃ルートを作り出し、浩一や残る者を信じて未来を託して二人で逝ったのは、加藤機関と JUDA のそれぞれのトップとして、地球上でやってきた自らの行為へのけじめを付ける意図もあったのかなと思いました。


鉄のラインバレル #23
鉄のラインバレル #23

しかしポイントヘリオスへ向かうラインバレルとヴァーダントの前に立ちはだかったのは"マキナ人間"マサキのグランネイドル本体、ネイキッド。
その戦闘能力は圧倒的でした。マキナ人間がマキナを操るとDソイル活性化率が異様に高いのは、改造された桐山のプリテンダーに起こったことと同じ状況ですね。

なすすべもないラインバレル。地上では敗北ムード濃厚…。それを一掃したのはやはり正義の味方、浩一でした。

浩一 「俺は人間だ! 正義の味方だ!!」

「戦うのは侵入者を排撃しようとする生物学的条件反射でしかない」とマサキに諭された浩一の返答は、「ただ守りたい、理由はそのほうがカッコいいだろ!」。
勢いと雰囲気だけのような気もしますが、この浩一の思いと行動はブレていませんよね。
熱い展開です。でも挿入歌と OP 曲はここのところ毎回流し過ぎでは(;´ー`)


さぁ浩一の反撃開始、というところで、ネイキッドの一閃がラインバレルを貫いて…

鉄のラインバレル #23

(; ゚□゚) え、ちょ、絵美が…? 死亡?

絵美 「正義の味方に、なってください――」

久嵩に続いて、絵美も浩一に想いを託して…。これで兄妹ともに…。(つд`)
浩一の怒りでラインバレルも覚醒、真のチカラを見せはじめました。愛する者の死が覚醒のトリガーになるのはいい意味でベタなのですけども、まさか絵美がここで退場になるとは思ってませんでした。
でもまだ絵美が死んだとも決まってないですよね? こんなカタチで恋愛パートに決着がつくとも思えないし?(><;

鉄のラインバレル #23


覚醒した"カウンターマキナ"は人類を救えるのでしょうか。この圧倒的に不利な状況を打開できるのでしょうか。
地球の運命はラインバレルが握っているのです。
ガンバレ浩一。もう次回は最終回だゾ。



鉄のラインバレル カテゴリの記事

鉄のラインバレル 第14話 「流れるは血、失うは涙」 感想
鉄のラインバレル 第15話 「ベクトル」 感想
鉄のラインバレル 第16話 「黄昏の断罪」 感想
鉄のラインバレル 第17話 「機械じかけの呪い」 感想
鉄のラインバレル 第18話 「メメント・モリ」 感想
鉄のラインバレル 第19話 「届く陽、暴かれる陰」 感想
鉄のラインバレル 第20話 「運命の男」 感想
鉄のラインバレル 第21話 「狂気の翼」 感想
鉄のラインバレル 第22話 「鬼を喰らうモノ」 感想
鉄のラインバレル 第23話 「死に方が決める生き方」 感想
鉄のラインバレル 第24話 「鋼鉄の華」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*鉄のラインバレル第23話『死に方が決める生き方』の感想レビュー[ gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) ]
2009/03/14(Sat) 14:42

まさかの超展開(^_^;) 地球の命運をかけた戦いなので、これぐらいの規模&犠牲の大きさでもおかしくないのかもしれませんが、流石にいきなりすぎてびっくり、なお話でした。 スフィアが地球全域を守るバリアに!という演出は、確かに想像の斜め上を行っていた感があった

*鉄のラインバレル(クロガネノラインバレル)第23話 「死に方が決める生き方」[ 動画共有アニメニュース ]
2009/03/14(Sat) 15:03

鉄のラインバレル(クロガネノラインバレル) 第23話 「死に方が決める生き方」 次元を超え、敵の侵攻が始まった。浩一たちは地球防衛の...

*鉄のラインバレル #23『死に方が決める生き方』[ 風庫~カゼクラ~ ]
2009/03/14(Sat) 16:17

こういうメカものって最後にはバッタバタ亡くなる方が多いのが まるで“決められたこと”のようで何ともスッキリしないのですが… 何にせよ浩一がおバカで良かったのかもしれない(笑) 鉄のラインバレル Vol.5 [DVD]柿原徹也, 能登麻美子, 福山潤, 中村悠一, 日高政光JV...

*鉄のラインバレル 第23話「死に方が決める生き方」[ WONDER TIME ]
2009/03/14(Sat) 16:27

「早瀬浩一、道は我々が切り開こう 後は頼むぞ、正義の味方」 ついに開始されたセントラルの侵略部隊との最終決戦! 理想の未来の想像と実現...

*鉄のラインバレル #23[ 日々の記録 ]
2009/03/14(Sat) 16:41

ついに次元の壁を越えて、敵の侵攻が始まりました。浩一たちは必死に防戦しますが、圧倒的な数をほこる敵に苦戦を強いられるのでした。スフィアを利用して、加藤機関は地球全てにバリ...

*鉄のラインバレル 第23話「死に方が決める生き方」[ ミナモノカガミ ]
2009/03/14(Sat) 16:55

託された未来。

*鉄のラインバレル 23話 「死に方が決める生き方」 感想[ 日常的日記 ]
2009/03/14(Sat) 16:56

鉄のラインバレル 23話の感想です。「死に方が決める生き方」いきなり大規模な戦いとなってきました・・・・・・・。侵略側にマサキがいてシャングリラを攻撃!!加藤は特攻かける。いままで敵の総司令官だっただけにあっけない終わり方で残念です。でもおかげで道は開か...

*鉄のラインバレル 第23話 「死に方が決める生き方」[ 天国と地獄と雑文ver2.00 ]
2009/03/14(Sat) 16:58

ラストらしい見応えのある展開! 地球防衛ラインを敷くもやはり敵の数が多すぎた。加藤の乗るシャングリラもマサキに破壊されてしまう...

*鉄のラインバレル 23話「死に方が決める生き方」[ Spare Time ]
2009/03/14(Sat) 18:02

『次元を超え、敵の侵攻が始まった。浩一たちは地球防衛のために動き出す。ラインバレルの使命は、次元の歪みをエグゼキューターで断ち切り...

*鉄のラインバレル #23 死に方が決める生き方[ 在宅アニメ評論家 ]
2009/03/14(Sat) 18:18

ラス前の急展開。シャングリラは沈み、そして城崎も崩れた。 「早瀬くん、本当の正義の味方になってください…」

*鉄のラインバレル 第23話 「死に方が決める生き方」[ SERA@らくblog 3.0 ]
2009/03/14(Sat) 18:43

本当の正義の味方になってください――。 JUDAと加藤機関、各国の総力をつぎこんだ防衛戦。 しかし向こうの世界からの軍勢は圧倒的…。 ...

*鉄のラインバレル #23[ Brilliant Corners ]
2009/03/14(Sat) 19:12

「死に方が決める生き方」 加藤があっさり死んでしまった… 当初から死を覚悟しての

*(アニメ感想) 鉄のラインバレル 第23話 「死に方が決める生き方」[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]
2009/03/14(Sat) 20:55

鉄のラインバレル Vol.4 [DVD]クチコミを見る 次元を超え、敵の侵攻が始まった。浩一たちは地球防衛のために動き出す。ラインバレルの使命は、次元の歪みをエグゼキューターで断ち切り、全ての敵を時空の狭間に叩き込むこと。浩一はラインバレルで宇宙へと飛び出すが、...

*鉄のラインバレル 第23話 『死に方が決める生き方』 感想[ メルクマール ]
2009/03/14(Sat) 21:00

”正義とは何か”がこの物語のテーマですが、その答えが出たのでしょう。鉄のラインバレル 第23話 『死に方が決める生き方』 の感想です。...

*鉄のラインバレル 第23話「死に方が決める生き方」【感想】[ 失われた何か ]
2009/03/14(Sat) 21:10

あっちの世界からやってきた通称マキナ人間。 早瀬浩一率いるJUDAと加藤機関が総力を結集し地球を防衛する。 しかし敵戦力との差は激しく増す...

*鉄のラインバレル 第23話「死に方が決める生き方」 感想。[ もす。 ]
2009/03/14(Sat) 23:34

待て待て待て、あのバーディー見た後にこれかよ……

*鉄のラインバレル 第23話 『死に方が決める生き方』 感想[ カタコト日記~日々の徒然~ ]
2009/03/14(Sat) 23:53

鉄のラインバレル  第23話 『死に方が決める生き方』より感想です。 最終決戦。

*鉄のラインバレル 21話「死に方が決める生き方」[ ジルオルの戦い ]
2009/03/15(Sun) 05:28

ついに向こう側の軍勢が攻めてきた。 世界の全てが協力して戦うことになった。 シャングリラはフラッグと合体し、真シャングリラになった。 地球をまるごとシールドで覆う。 作戦は順調に進むが、菅原マサキのグラン・ネイドルが道を阻む。 加藤久嵩が裏切ることは...

*[アニメ]鉄のラインバレル #23[ Vanishing Point-バニシング・ポイント- ]
2009/03/15(Sun) 13:14

鉄のラインバレル 公式サイト 『死に方が決める生き方』 脚本:吉村清子 演出:菊池勝也 絵コンテ:須永司 作画監督:高城潤 筆坂明規 異世界からの侵略が始まる。しかし彼らの目的は人類の抹殺ではなかった。 ■加藤と絵美 最終決戦を前にしても、絵美(能登麻美子)はどこ

*鉄のラインバレル #23[ 丸正の日々の思い。 version2 ]
2009/03/15(Sun) 20:10

「死に方が決める生き方」 鉄のラインバレル Vol.5 [DVD](2009/04/22)柿原徹也能登麻美子商品詳細を見る

*鉄のラインバレル 第23話 「死に方が決める生き方」[ 紅蓮の煌き ]
2009/03/15(Sun) 22:25

鉄のラインバレル 第23話感想です。 何という地獄絵図

*鉄のラインバレル 第23話「死に方が決める生き方」[ a cup of tea ]
2009/03/18(Wed) 01:49

鉄のラインバレル Vol.5 [DVD](2009/04/22)柿原徹也能登麻美子商品詳細を見る 公式よりあらすじ 次元を超え、敵の侵攻が始まった。浩一たちは地...

*先週の鉄のラインバレル #23「死に方が決める生き方」 ★☆☆☆☆[ ナナミの雑記部屋 ]
2009/03/18(Wed) 18:47

(C)Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi,Akita Publishing/GONZO/Linebarrel Partners 最終決戦が始まったというのに、ちっとも面白くならない。むしろ盛り下がってるじゃないか!!何あのエンピツ部隊www 加藤機関の 統制力すげえ!!世界征服したのは人類を守る為だ

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ