2009
03
07

鉄のラインバレル 第22話 「鬼を喰らうモノ」 感想

鉄のラインバレル #22

加藤機関の真の目的が明らかになり、人類は人としての生き残りをかけて最終決戦へ…!

鉄のラインバレル #22 鬼を喰らうモノ

鉄のラインバレル #22

ずっと敵だった加藤機関と共闘というのは、これこそ『ラインバレル』の描く熱血ヒーローモノだと思います。

加藤機関の真の目的は、向こう側からの侵略を阻止撃滅すること、来るべき最終決戦へ向けての戦うチカラと意思をこの地球で育てること――!!

展開に驚きです。
久嵩はそのためにえらく無茶や酷いことをしたとも思えますけど、久嵩の理念にブレはないように感じました。地球侵略に対抗しうる強いチカラと強い意思を持つには、死を思う/忘れないことが必要であること。久嵩はその信念のもとに行動してきました。

浩一は久嵩の共同戦線の提案を受けたけれど握手はしなかったのが、JUDA および地球側の気持ちの代弁ではあると思いますけどね(;´ー`)
他に手段がないのならそうする、だけどいままでしてきた行為を許すことは出来ない、という言葉と態度があったから、これはこれでいいと思いました。『ラインバレル』って最初からずっとこういうテイストだったですし。


久嵩は尖兵としてこっちの世界へ来て準備を進めるためには、造反していた父親を殺して向こうの世界で信任を得なければならなかった。だから父親を撃ち、父親も抵抗せず久嵩に撃たれたのでした。
絵美こそがカウンターマキナのすべての力を解放することが出来る、という父親の台詞は、モードBや今回の浩一の覚醒のことでもなければ、ラインバレルにはまだ力が眠っているということなのかな? それとももう過ぎた話?(^^;



鉄のラインバレル #22
鉄のラインバレル #22

ラインバレルとヴァーダントの激突は、森次が浩一に戦い方を教えるため、でした。
浩一に真のラインバレルの使い方を引き出させ、そのデータをもとにハインドカインドがフォローする、というのも計画のうちだったようで。
それほどに向こう側の戦力が大きいということなのでしょうね。
山下の"森次さんはやっぱり信じていた森次さんだった"みたいな笑顔が印象的でした。でも森次のやってきたこともちょっと酷いと思いますよ、山下くん(^^;


鉄のラインバレル #22

石神社長は誰かが肉体を捨ててフラッグと融合する必要があったために、自分が犠牲になったのでした。つまりシステムの中でいちおういまも生きてるのですね。ビデオホログラムは相当怪しかったものなぁ(笑)。
社長も久嵩と同じ目的を持って違うアプローチから行動していたようです。JUDA 対加藤機関の争いの構図を作ることでその目的は果たせていたようですね。


イズナは桐山の中に複数の意識、でも中身はからっぽのモノを見たと言いましたけど、それが向こう側の人間の行き着いた結果だそうです。
機械と融合し、与えられた役割やゆらぎ以外に個のない画一的な人間。欲望がないゆえに争いもなく技術だけの発展を遂げる世界。それを悪いとか人間じゃないと思えるのは、自我や欲望や夢を持つ人間だからこそで、だから抗うのでしょうか。
マサキはその"マキナ人間"なのですかね。改造された桐山もそうでした。
マキナ人間はあれだけの異常なDソイル活性化率でマキナを扱える、融合できるのなら、向こうの戦力はまさに超絶レベルという気がします(汗)。

久嵩の描く作戦は、向こう側から来る侵略部隊を次元の狭間に永遠に封じ込めること。そのためには向こうの計画通りにディメンションピーラーを起動し、次元の穴を作る必要があったのです。


鉄のラインバレル #22

JUDA と加藤機関と地球軍連合は向こうの世界からの地球侵略を止めることができるのでしょうか。
相当にキツイ戦いになりそうで、覚悟の上で罪を犯した数人はたぶん散っていくのだろうなぁと思います。誰とは言いませんけど。(´・ω・)



鉄のラインバレル カテゴリの記事

鉄のラインバレル 第14話 「流れるは血、失うは涙」 感想
鉄のラインバレル 第15話 「ベクトル」 感想
鉄のラインバレル 第16話 「黄昏の断罪」 感想
鉄のラインバレル 第17話 「機械じかけの呪い」 感想
鉄のラインバレル 第18話 「メメント・モリ」 感想
鉄のラインバレル 第19話 「届く陽、暴かれる陰」 感想
鉄のラインバレル 第20話 「運命の男」 感想
鉄のラインバレル 第21話 「狂気の翼」 感想
鉄のラインバレル 第22話 「鬼を喰らうモノ」 感想
鉄のラインバレル 第23話 「死に方が決める生き方」 感想
鉄のラインバレル 第24話 「鋼鉄の華」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*鉄のラインバレル 第22話「鬼を喰らうモノ」 感想。[ もす。 ]
2009/03/07(Sat) 15:16

超展開ktkr!

*鉄のラインバレル第22話『鬼を喰らうモノ』の感想レビュー[ gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) ]
2009/03/07(Sat) 15:39

森次との死闘が浩一の真の強さを導くことに! 裏の裏はやっぱり表!でもジャック涙目(T_T)なお話です。 原作でも裏切ったフリをして敵を欺いた森次でしたが、アニメ版でもやはり演技とは。 先週から手加減しまくりな気配はありましたが、そもそも加藤自体が元の世界を裏

*鉄のラインバレル 第22話「鬼を喰らうモノ」[ WONDER TIME ]
2009/03/07(Sat) 16:21

「今の感覚を忘れなる早瀬 これで最終段階へ進める事が出来る」 今回もアバンから森次さんのカッコ良さが堪らない!!(笑) 異世界… セントラル...

*鉄のラインバレル #22『鬼を喰らうモノ』[ 風庫~カゼクラ~ ]
2009/03/07(Sat) 16:28

『強いて言えば、切実なる願いだ』 よーやく加藤機関の真意も、森次さんの真意もハッキリしたラインバレル#22。 私個人の“切実なる願い”が叶い、森次さんを好きで良かった!と思わされたです。 眼鏡の演出がタマラなく心憎いぜ!! 鉄のラインバレル Vol.5 [DVD]柿原徹

*鉄のラインバレル 第22話「鬼を喰らうモノ」[ ミナモノカガミ ]
2009/03/07(Sat) 16:37

守る世界のため。

*鉄のラインバレル #22[ 日々の記録 ]
2009/03/07(Sat) 16:57

ついに森次の裏切りの目的や、加藤機関の目的が明らかになりました!山下を追って富士の青木ヶ原樹海へとやって来た浩一は、そこでついに森次と戦うことになるのでした。言葉だけで力...

*鉄のラインバレル #22[ Brilliant Corners ]
2009/03/07(Sat) 17:16

「鬼を喰らうモノ」 加藤久嵩、実はいい人(^^; つまり森次さんも社長もラインバ

*鉄のラインバレル #22 鬼を喰らうモノ[ 在宅アニメ評論家 ]
2009/03/07(Sat) 17:43

最終決戦前の超展開。 森次さん復帰から加藤機関との共闘へ。

*鉄のラインバレル 22話「鬼を喰らうモノ」[ Spare Time ]
2009/03/07(Sat) 17:55

『立ちはだかる最強の敵――森次玲二。 彼は浩一たちに、いかに未熟で力のない存在かという現実を厳しく突きつける。 浩一は一歩も引かず、...

*鉄のラインバレル 第22話「鬼を喰らうモノ」[ おれといっしょに・・・ ]
2009/03/07(Sat) 18:38

急に森次の顔がいい人っぽくなったと思ったら 森次さんは実は味方だったとかもうどうでもいいぐらいのまさかの超展開!思っていた展開よりも斜め右肩上がりで面白くなりそうと思う反面、その展開を認めたくない気持ちもちょっぴりあったりとなんとも微妙な心....

*今日の鉄のラインバレル #22「鬼を喰らうモノ」 ★★★☆☆[ ナナミの雑記部屋 ]
2009/03/07(Sat) 19:06

(C)Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi,Akita Publishing/GONZO/Linebarrel Partners 山下きゅんの元に到着した浩一は、「本物の暴力を教えてやる!」と言う森次にバトルを挑むも、未熟で力の無い存在であると現実を 厳しく突きつけられるだけ。正直ヴァーダントに勝て

*鉄のラインバレル 第22話 「鬼を喰らうモノ」[ 紅蓮の煌き ]
2009/03/07(Sat) 19:11

鉄のラインバレル 第22話感想です。 覚醒、そして共闘

*鉄のラインバレル 第22話 『鬼を喰らうモノ』 感想[ LilyIRIS-Noteξ夢の果てまでξ ]
2009/03/07(Sat) 20:39

■鉄のラインバレルトラコミュ 鉄のラインバレル Vol.3 [DVD]柿原徹也, 能登麻美子, 福山潤, 中村悠一, 日高政光おすすめ平均 …間違いは後悔と始ま...

*(アニメ感想) 鉄のラインバレル 第22話 「鬼を喰らうモノ」[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]
2009/03/07(Sat) 21:01

鉄のラインバレル Vol.4 [DVD]クチコミを見る 立ちはだかる最強の敵――森次玲二。彼は浩一たちに、いかに未熟で力のない存在かという現実を厳しく突きつける。浩一は一歩も引かず、森次に立ち向かう。ヴァーダントと激しい戦闘を繰り広げる中、ラインバレルが見せたも...

*鉄のラインバレル 第22話 『鬼を喰らうモノ』 感想[ メルクマール ]
2009/03/07(Sat) 21:14

この展開は予想していなかったですが、今から思えばヒントはいろいろありました。鉄のラインバレル 第22話 『鬼を喰らうモノ』 の感想です...

*鉄のラインバレル 第22話 感想[ 荒野の出来事 ]
2009/03/07(Sat) 21:17

 鉄のラインバレル  #22 『鬼を食らうモノ』 感想  クリエイティブプロデューサーに谷口悟朗を構えた、GONZOの期待作!  原作漫画...

*鉄のラインバレル 第22話 「鬼を喰らうモノ」[ SERA@らくblog 3.0 ]
2009/03/07(Sat) 21:32

とりあえず…社長が一番最低だったと言っておきます(笑) 浩一と対決する森次さんでしたが、まるで浩一の力を引き出すためのよう…。 それ...

*鉄のラインバレル 第22話 「鬼を喰らうモノ」 感想[ この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・ ]
2009/03/07(Sat) 21:34

  全ては真の正義のために  立ちはだかる最強の敵――森次玲二。 彼は浩一たちに、いかに未熟で力のない存在かという現実を厳しく突...

*鉄のラインバレル 第22話「鬼を喰らうモノ」感想[ 八月の鍵 ]
2009/03/07(Sat) 22:50

鉄のラインバレル 第22話「鬼を喰らうモノ」の感想です。

*鉄のラインバレル 第22話「鬼を喰らうモノ」[ a cup of tea ]
2009/03/08(Sun) 02:27

鉄のラインバレル Vol.5 [DVD](2009/04/22)柿原徹也能登麻美子商品詳細を見る 「来い、早瀬。本物の暴力を教えてやろう」 再び浩一の前に立ちは...

*[アニメ]鉄のラインバレル #22[ Vanishing Point-バニシング・ポイント- ]
2009/03/08(Sun) 12:49

鉄のラインバレル 公式サイト 『鬼を喰らうモノ』 脚本:吉村清子 演出・絵コンテ:吉澤俊一 作画監督:海老原雅夫 再度対峙するラインバレルとヴァーダント。森次(中村悠一)、そして加藤(福山潤)の真の目的とは。 ■本物の暴力 紆余曲折はあったが、自分なりの正義を信

*鉄のラインバレル 21話「鬼を喰らうモノ」[ ジルオルの戦い ]
2009/03/08(Sun) 20:54

最初に感想を言わせていただくと、 「なんじゃこりゃー」でした。 ラインバレルVSヴァーダント ラインバレルモードBで戦いますが、 動きを読まれていて追い込まれていきます。 森次玲二は浩一を挑発して自分に向かってくるように仕向けますが、 自分の攻撃は致命

*鉄のラインバレル第22話「鬼を喰らうモノ」[ にき☆ろぐ ]
2009/03/09(Mon) 02:05

今回は一番重要な部分かなぁ~と思ってましたがとりあえず色々なことに整理をつけて最終決戦へと舞台を整えた印象ですね正直無難なトコに持ってたなぁという印象まぁ変に大破綻するような方向へ持っていかなかったから良いかなここまで引っ張ってた森次さんの真相やっぱり...

*鉄のラインバレル 第22話 『鬼を喰らうモノ』 感想[ カタコト日記~日々の徒然~ ]
2009/03/10(Tue) 00:55

鉄のラインバレル  第22話 『鬼を喰らうモノ』より感想です。 加藤との共闘展開へ・・・。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ