ドルアーガの塔 the Sword of URUK #6

前回に続いて次の階への扉を探すお話でした。
その中での注目点は、塔の中は時間の進みが違っていることと、ヘナロの言動には何か理由があることが判明したことです。

ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第6話 「四つの刺客」

ジャングルと言いつつフロアの半分は岩場のような階でした。
ここで待ち受けていたのは不思議な人型…アヴァンタイトルでの口調から予想はつきますけど、機械人形でした。

ドルアーガの塔 the Sword of URUK #6
ドルアーガの塔 the Sword of URUK #6

かつてパズスが運んでいた棺の中身ですね。第1期の伏線がこんなところで回収されました、というかわたしはその棺の存在を忘れていました(汗)。

彼らは心を持たない戦闘機械。かつての"ドルアーガの騎士"の力を注ぎ込んだ人工戦士。
どうやってその力を取り込んでどんな方法で注入して作り上げたのかは突っ込んではいけない、あるいは後で説明があるのかな。
中途半端な状態で目覚めてしまったせいなのか、戦士たちは何やら様子がおかしくて、しかも「命令がない場合はすべてを殲滅せよ」というプログラムが仕込まれていて、まるで殺戮兵器です…。
でも兵士たちも犠牲になりましたが、話が終わる頃には4体とも(うち2体はニーバとの戦闘で)ほぼ撃退されました(;´ー`)


ドルアーガの塔 the Sword of URUK #6

この人工戦士とヘナロが関係ありそうです。ヘナロは何かのセンサーを持っていて、出会う前から彼らの存在と彼らが近くにいることを知ったようです。ファティナたちからも突っ込まれていましたね。
もっとファティナたちが追求すればいいのに、先へ進むために今回は保留に。┐(´-`)┌

あとヘナロは「ギルガメス王の影と戦わずに済むならそれでいい?」と繰り返していました。
ヘナロの真意はその通りなのでしょうね。するとヘナロはジルやカーヤたちと目的が逆です。つまりスパイや敵ということになります。
戦わない姿勢はアミナ将軍と同じですけれど、人工戦士を知っていたということは、ヘナロはパズスと同じ元スーマール国の人という可能性もありますね。ヘナロはいったいどの側にいるのでしょうか。



幻の塔はニーバによれば王の心象世界で、王の心が揺れれば塔の中の世界も影響を受けるようです。
やけに詳しいのですが、そもそもニーバの登頂の目的が不明なので何とも言えません。
ニーバは自分の運命やこの世界を憎んでいる様子で…。過去に何があったのかな。

ドルアーガの塔 the Sword of URUK #6

そして衝撃の台詞が。ニーバとカーヤが幻の塔に入ってまだ10日…!
第1話で「半年前ならだいぶ先へ進んでいるカモ」と書きましたけれど、それならそんなこともないですね。

それにしても外の世界と時間が違うというのは…。もしかしてこれが"帰って来れない"という理由なのかな? 影ギルガメスを倒したとしても帰還してみたら何百年も経っているならまるで違う世界になっているはずで…。自分たちの知っている人なんているはずもありません。
と思ったけど、あれ…、話が逆?
いや、いちおうこれで合っているようです…? でも帰れないことと関係ないカモ(汗)。


サブタイトルは意味的には「4人の刺客」でしたが、機械なので4つ、ということだったのですね。
そして我らがウラーゴン部隊はひたすらジャングルの中で「暑い暑い」を繰り返していただけでした(笑)。
もっとクーパを出してくださいな(´・ω・)



ドルアーガの塔 the Sword of URUK #6

ジルたちがようやくニーバが第1話のときにいたフロアへ到達しました。
あの館にはアーメイがいるはず…! 予告映像の中にはアーメイらしき女性が見えましたけれど、幻影という言葉も気になります。



「ドルアーガの塔 the Sword of URUK」カテゴリの記事

ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第01話 「ギルガメスの塔」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第02話 「王都メスキア」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第03話 「夢の町メルトランド」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第04話 「幻影の中へ」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第05話 「影の国」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第06話 「四つの刺客」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第07話 「常春の館」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第08話 「二人はかつて」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第09話 「夢の終わりに」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第10話 「ラストリゾート」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第11話 「神をうつもの」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第12話 「つないだ手は」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
  2. 棺は忘れますよ^^

    2009/02/14(Sat)  10:09PON  #4B33lOYw [] [編集]

    こんにちは!

    私も棺の存在忘れてました。ニーバは話してくれなったら多分思い出せなかった気がします^^

    でもってヘナロが隠していることがかなり気になりますね。一体どんな関係があるのか、これから楽しみにしたいと思います。



  3. 2009/02/14(Sat)  12:35Chel  #uWMNODuI [] [編集]

    ▼PONさん こんにちはです。
    棺は第1期を見てるあいだは気になってたのに、すっかり忘れていました(^^;

    巻き込まれただけのように見えたヘナロに何があるのか、最後まで味方なのか、気になりますよね。ほかのブログ様でもいろいろ予想があって…。どうなるのかなあ。

    コメントありがとうでした!



Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*ドルアーガの塔 ~theSwordofURUK~ 6話 「四つの刺客」 感想[ 日常的日記 ]
2009/02/13(Fri) 16:48

ドルアーガの塔 ~theSwordofURUK~ 6話の感想です。「四つの刺客」ニーバ側は順調みたいですね。カーヤとニーバの目的が合致してるかどうか気になるところ。ジルたちはジャングルへ。現れた刺客1期でパズズが開放していた4体ですね。主もいないし暴走しているみたいで...

*ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第6話「四つの刺客」[ ミナモノカガミ ]
2009/02/13(Fri) 16:50

暴走した人工戦士。

*ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第6話「四つの刺客」[ 日記・・・かも ]
2009/02/13(Fri) 17:14

「かつて、ドルアーガの下で働いた騎士達…」 ジル・ニーバ達の前に、謎の人工戦士達が現れる話。 斎藤さんのキャラのマイト・ザ・フール...

*ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第06話 感想[ 荒野の出来事 ]
2009/02/13(Fri) 17:53

 ドルアーガの塔   ~the Sword of URUK~  第06話 四つの刺客 感想  分かりやすいね^^     -キャスト-  ジル:KENN  カー...

*ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第6話「四つの刺客」[ よう来なさった! ]
2009/02/13(Fri) 18:49

ニーバのパーティーには入りたくないですねぇ、リーダーが根暗なので暗く重苦しくて気が滅入ります。こんな所に入ったらストレスで胃に穴が空きますよw 1期ではファティナがだいぶ苦労してましたが、その反動なのでしょうね・・・・・・ジルのパトロンになったのはw ...

*「四つの刺客」 ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第6話[ Welcome to our adolescence. ]
2009/02/13(Fri) 19:17

ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第6話「四つの刺客」 熱帯雨林のフロアで、グレミカ配下の暗殺者に狙われるジル。そこに新たな2人の刺客...

*(アニメ感想) ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第6話 「四つの刺客」[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]
2009/02/13(Fri) 19:30

ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~ 第3の宮 [DVD]クチコミを見る 新たなるステージへと進んだジル達の前に、謎の敵が姿を現した・・・。

*アニメ「ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~」 第6話 四つの刺客[ 渡り鳥ロディ ]
2009/02/13(Fri) 19:47

ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第1の宮(初回受注限定生産版) [DVD](2009/03/27)KENN折笠富美子商品詳細を見る 今はニーバとカーヤに追いつくことしか考...

*ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第6話 「四つの刺客」[ SERA@らくblog 3.0 ]
2009/02/13(Fri) 22:12

四つの刺客ということで、機械人形の刺客なんですね。 前期でパズズが柩から出した4体。 かつてのドルアーガの騎士の騎士をつぎこんだ…人...

*ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第6話「四つの刺客」 感想。[ もす。 ]
2009/02/13(Fri) 22:40

どんどんシリアスになってきましたな

*この世に神なんていない Sword of URUK第6話[ 世界日本ハムの哀れblog@非公式 ]
2009/02/13(Fri) 22:41

 折り返しっぽい話数なんでイシターでも。つっても俺はイシター全然馴染めなくて放り出したんだけどね。なんていうかレベルアップの仕方が...

*ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第6話 「四つの刺客」 感想[ ソウロニールの別荘 ]
2009/02/13(Fri) 23:08

行く手を阻むモノ

*ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第6話「四つの刺客」[ せーにんの冒険記 ]
2009/02/13(Fri) 23:38

箱の中身

*ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第6話[ パズライズ日記 ]
2009/02/14(Sat) 00:03

今回はジル達やニーバ達に人型の戦闘機械が襲いかかるという話。 パズズが持ってきていたものはこれだったんですねぇ。 ニーバの側はとにかくシリアスに進んだ一方で、ヘナロの怪しさも見えてきた感じです。 冒頭はいきなり謎な女の子が水浴びしている唐突さが相変わ...

*ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第6話 「4つの刺客」[ ミニスカ少女のドラマティックオンラインライフ ]
2009/02/14(Sat) 01:02

第6話 「4つの刺客」ということで1期の最後に顔見せだけしていた4人組みが登場しました~ 1期でパズズが運んでいた戦闘用の人造人間らしい...

*ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第6話 「四つの刺客」[ 空色きゃんでぃ ]
2009/02/14(Sat) 01:10

わー!ホントにジャングルですねー! しかも、みんなはぐれちゃったみたいです。 幻の塔の上の階に登ったジルたち。 グレミカたちと戦闘...

*『ドルアーガの塔~the Sword of URUK~』 第6話 「四つの刺客」[ ★一喜一遊★ ]
2009/02/14(Sat) 04:17

ニーバお久しぶり!!!!{/kirakira/} あまりに久しぶり過ぎて、一瞬名前を忘れてしまいました。 なんか前よりタフガイって感じになってきてたように思います{/hiyo_en2/} 独創的な謎のスープをカーヤに作ってもらってましたが、ハッキリ「不味い」って言ってしまいました…...

*ドルアーガの塔第6話感想[ うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳 ]
2009/02/14(Sat) 10:08

ドルアーガの塔#6「四つの刺客」 OP眺めていて、今さら気がついた。すみません、

*ドルアーガの塔 ~the word of URUK~ 第6話「四つの刺客」[ 気ままスペース ]
2009/02/14(Sat) 10:10

無茶でも何とかする!!! ヘナロが大分馴染んできました^^ に参加しております。よければバナークリック宜しくお願いしますです・・...

*ドルアーガの塔 第06話 四つの刺客[ ドルアーガの塔 無料動画集 ]
2009/02/14(Sat) 13:37

■ドルアーガの塔 第06話 四つの刺客 はコチラです。

*ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第6話 四つの刺客[ アニメ雑記帳 ]
2009/02/18(Wed) 14:19

塔の頂上を目指すニーバとカーヤ。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ