2009
02
08

鉄腕バーディー DECODE:02 第5話 「Before It's Too Late」 感想

鉄腕バーディー DECODE 02 #5

つとむとバーディーに再び"精神融合"の危機が訪れたお話でした。

鉄腕バーディー DECODE:02 第5話 「Before It's Too Late」

第1期で最初に二心同体になったときにもありましたけど、そのときはあくまで二心同体になったことへの不都合や緊張感を与える設定程度にしか感じませんでした。が、今回はかなり危険な状況っぽいですね。
何度かあった二人の台詞を合わせる演出も精神融合の深い進行度を感じられてなかなかよかったです。
それと声優さんも大変だったのカナ、と(汗)。リテイクを何度もしたのかな?(^^; 別々に録っていじるとか出来るのかな。

いちおう状況を書いておきますと、仲間を殺したのは捜査官バーディーだと信じ込んでいるガトールがイルマを使ってバーディーを誘い出し、ゆらぎを撃ち出す銃を使ってバーディーを攻撃。バーディーはかわしたのだけど、ゆらぎがバーディーの脳に影響を与えてしまった、ということでした。


鉄腕バーディー DECODE 02 #5

翔子のナタルへの精一杯のアプローチが微笑ましかったデス(´ー`*)
翔子の気持ちや心配も本気なのでしょうけれど、でもそれはきっとまだ"子供の感情"のことで…。翔子の気持ちがナタルに本当の意味で届くことはないのでしょうね。
ナタルはいまは復讐のことしか見えてませんし、何より体のこともあります。

ナタルが飲んでいる薬は痛み止めでした。おそらく体を蝕んでいるモノを治すどころではなくて、もはや進行を止めることさえ出来ないのでは。いつまでナタルが生きていられるのか、というレベルの話な気がします(´・ω・)

前回でナタルが不自然な方法で力を手に入れたのではないか?と予想しましたが、今回でもそれを感じました。
リュンカ事件の首謀者たちはバーディーが"イクシオラ"であることまで知っているのに、ナタルの力をまったく分かっていません。疑っていません。
イクシオラ以外のアルタ人の戦闘能力なんてたいしたことはないからなのでしょうね。事実、なかなか強そうだったダスクでさえガトールの前にあっさりと沈みました。
その普通のアルタ人のナタルがどうやって復讐のための強い力を手に入れたのか。予想が当たっているなら近いうちに描写があると思いますけども、どうなのでしょうか?(^^;

"イクシオラ"についてはアルタ人の優性遺伝子で作られた"バケモノ"だという台詞がありました。戦闘能力に特化したモノのようです。


つとむが見たバーディーの記憶のような夢。過去にヴァイオリンに何かあってヴァイオリンは正気を失ってしまい、そこから何か悲劇が起こった?
次回はつとむがバーディーの記憶の中に入るようで(汗)、バーディーの幼少期とともにヴァイオリンのエピソードにもなりそうですね。



鉄腕バーディー DECODE 02 #5

今週は精神融合のおかげで皮肉にも二心同体の面白さが出ていましたね(^^; 体は有田しおんなのに心はつとむのお仕事振りが面白かったです。



関連する記事
鉄腕バーディー DECODE 感想

鉄腕バーディー DECODE:02 カテゴリの記事
鉄腕バーディー DECODE:02 ~プロローグ~ 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第01話 「After All」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第02話 「Simple Twist of Fate」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第03話 「Somewhere in Time」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第04話 「Tears Are Not Enough」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第05話 「Before It's Too Late」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第06話 「A Prisoner of the Past」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第07話 「We Will Meet Again」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第08話 「Falling in Love with Love」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第09話 「Space, Time, and You」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第10話 「It Never Entered My Mind」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第11話 「Both Sides Now」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第12話 「Before Long」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*鉄腕バーディーDECODE:02 第5話[ こじこ脳内 ]
2009/02/10(Tue) 23:48

た、た、大変ですよぉ~!! バーディーとつとむが精神融合しちゃうでありますぅ~!! 逃亡犯たちを次々と残虐な手口で殺しているの...

*鉄腕バーディー DECODE:02 第5話 「Before It\'s Too Late」[ 紙の切れ端 ]
2009/02/11(Wed) 00:13

「このままだと二人の記憶が混濁したままバーディーの人格はつとむ君のそれによってどんどん上書きされ、やがて消し去られてしまうだろう・...

*鉄腕バーディー DECODE:02 第4話 「TEARS ARE NOT ENOUGH」 感想[ ソウロニールの別荘 ]
2009/02/11(Wed) 01:44

疑惑の矛先

*「鉄腕バーディ02 DECODE」 第5話『BEFORE IT’S TOO LATE』  [ おきらく委員会 埼玉支部 ]
2009/02/11(Wed) 11:51

 第5話「BEFORE IT’S TOO LATE」 次々と仲間を殺された逃亡者

*[アニメ]鉄腕バーディー DECODE:02 #05[ Vanishing Point-バニシング・ポイント- ]
2009/02/14(Sat) 02:23

鉄腕バーディー DECODE:02 公式サイト 『Before It’s Too Late』 脚本:浅川美也 演出・絵コンテ:林直孝作画監督:高橋瑞香 田中裕介 作画監督補佐:林勇雄 バーディー(千葉紗子)に狙いを定めた逃亡犯。彼らの襲撃が、バーディーとつとむ(入野自由)に思わぬ障害を残

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ