ドルアーガの塔 the Sword of URUK #4

今回はコメディ成分がほとんどありませんでした。ほぼシリアス。ここまでで明かされなかったいくつかの謎が語られました。

ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第4話 「幻影の中へ」

ドルアーガの塔 the Sword of URUK #4

カイは間違いなく勇者ギルガメスの后で、伝説の巫女でした。
肉体は滅んでいますが魂は生きているらしいです。カイはイメージと違って楽しい人ですね(^^; いや、あのスプーンいたずらっ子からしてむしろ納得?

そしてカーヤの本当の名はイシュハラ、ギルガメスとカイの娘。
カーヤの目的は"幻の塔にいるもうひとりのギルガメス王を殺す"こと。
王は80年前にドルアーガを倒したときに"不死の呪い"をかけられ、死ぬことが出来なくなっていました。理由はわかりませんが王はいま2人いて、地上にいるギルガメスは生き続ける苦しみのために黒い闇の感情に支配されつつあり、そのせいで人が変わったようになっているようです。

ギルガメス王が完全なる暴君に変わってしまう前にもうひとりの王を倒す…そのためにカーヤは塔の頂上への途上にいる、ということなのでした。
国を守るため、そして父親を苦しみから解放させるため、だったのです(´・ω・)

半年前、幻の塔への階段が出現したとき、カーヤはジルを塔へ連れて行きませんでした…それはこの先が片道切符の危険な旅だから。だからジルを連れていけなかった。
カーヤはやはりジルを想っていたのですね。


そしてジルも帰れないことを知りつつ、カーヤのために幻の塔への階段を登りはじめました。
ファティナも続き、ウトゥも続きました。仲間思いのいい人たちばかりデス。
ヘナロは連れ去られたので半ば強制的に(^^;


ここでメルトの優しさが見えました。
メルト 「どうしても行くなら、わたしの従者は置いていきたいのだが」
地味にいいシーンだと思いました。

ドルアーガの塔 the Sword of URUK #4

メルトとクーパがいなくなると寂しいというか クーパの姿が以前のように戻っていましたヨ!(祝)
カイといっしょに踊りたい気分です(・∀・)


アミナ将軍がウルク国の平和を守ろうとしている姿勢が見えます。
過去にバビリムとスーマールの2国が併合して出来たウルク国、それをまとめ上げる象徴がギルガメス王。アミナ将軍は王を部品呼ばわりしていますがいちおう国のために…と言えるかな。だから王を倒そうとするカイやカーヤが邪魔だということでしょうか。


ドルアーガの塔 the Sword of URUK #4
ドルアーガの塔 the Sword of URUK #4

たびたび出ていた2人組は元スーマール国の者たちでした。黄金騎士団以外にカイを狙っている組織で、スーマール帝国の再興を狙っているようですね。


力の弱まっていたドルアーガが倒されて幻の塔へのカギが出現、いくつかの勢力がそれぞれの目的で入り混じることになりました。
さて、どうなっていきますやら。



「ドルアーガの塔 the Sword of URUK」カテゴリの記事

ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第01話 「ギルガメスの塔」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第02話 「王都メスキア」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第03話 「夢の町メルトランド」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第04話 「幻影の中へ」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第05話 「影の国」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第06話 「四つの刺客」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第07話 「常春の館」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第08話 「二人はかつて」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第09話 「夢の終わりに」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第10話 「ラストリゾート」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第11話 「神をうつもの」 感想
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第12話 「つないだ手は」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第04話 感想[ 荒野の出来事 ]
2009/01/30(Fri) 17:19

 ドルアーガの塔   ~the Sword of URUK~  第04話 幻影の中へ 感想  これは勇気と呼べるのか?     -キャスト-  ジル:KENN ...

*ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第4話「幻影の中へ」 感想。[ もす。 ]
2009/01/30(Fri) 17:21

ドルアーガ面白えええええええええええええ!

*ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第4話「幻影の中へ」[ よう来なさった! ]
2009/01/30(Fri) 17:50

奇妙な言動でジルを惑わすイシターの巫女さんは、実に気さくで親しみやすい御方の様子w リアルではドルアーガと必死に戦闘中なのに、それを忘れさせるフレッシュな言動は、空気を読んでのことなのかただの天然なのか・・・・・・リラックスしてほしかったのかな?w 面...

*ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第4話「幻影の中へ」[ ミナモノカガミ ]
2009/01/30(Fri) 17:54

明かされた秘密。

*「幻影の中へ」 ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第4話[ Welcome to our adolescence. ]
2009/01/30(Fri) 17:56

ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第4話「幻影の中へ」 前回とはうって変わって、今回はほぼギャグなし(カイの踊りを除く)のシリアス回...

*ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第4話「幻影の中へ」[ 心のおもむくままに ]
2009/01/30(Fri) 17:57

第4話「幻影の中へ」 ここまで引っ張ってきていた、カイとギルガメス王の謎の多くが

*ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第4話「幻影の中へ」[ 日記・・・かも ]
2009/01/30(Fri) 18:42

「上に行ったら、生きては戻れない」 ジルがカーヤの本当の目的を知る話。 カーヤの目的は塔の最上階に居る黒ギルガメスを殺す事。 第1...

*ドルアーガの塔 2期#4[ 悪のめいどブログ ]
2009/01/30(Fri) 19:36

第4話:幻影の中へ?

*ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第4話 「幻影の中へ」 感想[ ソウロニールの別荘 ]
2009/01/30(Fri) 21:11

邪神の呪い

*ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第4話 「幻影の中へ」[ 空色きゃんでぃ ]
2009/01/30(Fri) 21:12

今回のお風呂当番は、グレミカさん! やっと普通の人が出た~゚+。:.゚ヾ(*′∀`*)ノ゚.:。+゚ イロイロと、大きゅうございますねw 彼...

*『ドルアーガの塔~the Sword of URUK~』 第4話 「幻影の中へ」[ ★一喜一遊★ ]
2009/01/30(Fri) 21:31

ノリがいいカイwww オトナの姿から子供の姿まで…www でも、おばあちゃんの姿にはなれないんですね{/3hearts/} なんか愛嬌があって好きです{/face_heart/} フワっとしたキャラだけど、凄い人…{/kaminari/}{/kaminari/} 能ある鷹はなんちゃらってヤツです{/good/} ...

*(アニメ感想) ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第4話 「幻影の中へ」[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]
2009/01/30(Fri) 22:03

ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第1の宮(初回受注限定生産版) [DVD]クチコミを見る いよいよ目的地へとたどり着いたジル達。だが、そこに待ち受けていたのは・・・。

*ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第4話 「幻影の中へ」[ SERA@らくblog 3.0 ]
2009/01/30(Fri) 23:22

幻の塔ふたたび…。 搭の頂上に辿りついたジルたち。 その前に再び出現したドルアーガ!? しかし搭の力が弱まってるのでドルアーガ弱いで...

*決戦!天空飲み屋 Sword of URUK第4話[ 世界日本ハムの哀れblog@非公式 ]
2009/01/30(Fri) 23:22

 今度こそモトス、こだわるなぁw  どんなゲームかって言うと、宇宙ステーションのソーラーパネル上に住み着いた宇宙生物をパネル上か...

*ドルアーガの塔 第04話 幻影の中へ[ ドルアーガの塔 無料動画集 ]
2009/01/31(Sat) 00:28

■ドルアーガの塔 第04話 幻影の中へ はコチラです。

*ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第4話「幻影の中へ」[ せーにんの冒険記 ]
2009/01/31(Sat) 01:11

片道切符 色々と明かされた謎 ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第1の宮(初回受注限定生産版) [DVD](2009/03/27)KENN折笠富美子商品詳細を見る

*ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第4話 「幻影の中へ」[ ミニスカ少女のドラマティックオンラインライフ ]
2009/01/31(Sat) 01:37

イシターの教えとジルがやっていた仕事が気になる第4話です ジルは引き篭もりニートじゃなくて全部の仕事を1日で首になっていたのね>< ...

*ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第4話[ パズライズ日記 ]
2009/01/31(Sat) 12:40

今回はカーヤの正体やギルガメスの謎が判明するという話。 ここにきて一気に色々な謎が明かされたので驚きました(笑)。 幻の塔も再出現して、ここからが第2期の本当の始まりとも言えそうな感じです。 塔の最上階には一番最初に上ったときの苦労もなくあっさり到着...

*ドルアーガの塔第4話感想[ うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳 ]
2009/01/31(Sat) 22:26

ドルアーガの塔#4「幻影の中へ」 ラスボスの正体や人物関係が整理されて、すっごく

*アニメ「ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~」 第4話 幻影の中へ[ 渡り鳥ロディ ]
2009/01/31(Sat) 23:19

これから先が、片道切符だとしたら。 「ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~」第4話のあらすじと感想です。 戻れない。 (あらすじ) ウラ...

*【ドルアーガの塔2 第4話-幻影の中へ】[ AQUA COMPANY ]
2009/02/02(Mon) 21:35

メルトとクーパはグレミカらに捕まり塔への案内役。カーヤのこと忘れられる?メルトもそんな薄情な奴じゃないはずだよ、クーパ?

*ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ :4話「幻影の中へ」[ FF11とアニメな日々 ]
2009/02/03(Tue) 23:26

【ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ :4話「幻影の中へ」】の感想です。

*ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第4話 幻影の中へ[ アニメ雑記帳 ]
2009/02/04(Wed) 14:29

ジル達を追う為に、黄金騎士団に連れられ一緒に塔の中に入ったメルトとクーパ。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ