2009
01
30

屍姫 玄 第5話 「性と未練」 感想

  • 01:54 |  Category [屍姫 玄]
  • Comment [ 0 ]
  • Trackback [ 5 ]
屍姫 玄 #05

嵩征と異月の戦いを見てオーリは異形を知ったとは思いますが、おそらく納得はしてません。彼は自分の道を進むようです。
それだけ屍姫を想うということが、やはりオーリの進むべき道筋になるのかな。

屍姫 玄 第5話 「性と未練」

オーリは景世との縁切りをしないままの眞姫那を受け入れると言いました。同時に眞姫那への想いも捨てる気はないようですね。
でもオーリにそんな力はないです…(;´ー`)

眞姫那の呪い(死んだ景世への想い)の力は強いです。それを捨てるということは七星に対抗出来そうにないので必要なことではあるのですけど、オーリが呪いに耐えられません。
そうするとオーリが言ったように、"呪い"が"絆"に変わることがあるのかな。言葉はどうでもいいのですが、要は呪いの力は変わらずにその性質が変わればいいのです。けれど、死んだ者との縁に妄執することは変わらないのだから、一度は呪いだとした設定を捻じ曲げることになりそうで何とも言えません(´-`;)


前回のラストで登場した景世の屍は当然のように七星でした。
それを知っていても攻撃できない眞姫那…。
景世の死の直前、自分が笑顔を見せなければ屍として景世はまだ"生きられた"。でも眞姫那は笑った。景世の望むままに。結果、景世は死んでしまった。
そうしたのは景世のことが本当に好きだったから。その想いは持っていていい――そう言われて眞姫那はオーリを少なくとも契約僧として拒絶する気持ちはなくなったようです。許せなかった自分をオーリは認めてくれたから。受け入れてくれたから。
このあたりは何となくデジャヴなのですけど(汗)、今度こそふたりはだいじょうぶな感じもしますね(^^;


さて、心配事が1つ消えましたが、1つ増えました。
春日望です。望がオーリを追って五諒山まで来ましたが、眞姫那を呼ぶオーリの声を聞き、ショックを受けたようです。この後どうなるのか、というか悪い方向へ転ぶに決まってマス(汗)。



屍姫 玄 #05

フレッシュはいいキャラだと思うのです。見ていて楽しい( ̄▽ ̄)
もっとフレッシュに登場してほしいのですが…活躍するエピソードはいつ来るのかな。



「屍姫 玄」カテゴリの記事

屍姫 玄 第01話 「光の道筋」 感想
屍姫 玄 第02話 「我が敵」 感想
屍姫 玄 第03話 「愛しき異形」 感想
屍姫 玄 第04話 「異月の貌」 感想
屍姫 玄 第05話 「性と未練」 感想
屍姫 玄 第06話 「幸福という怪物」 感想
屍姫 玄 第07話 「ありふれた望み」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*『屍姫 玄』第5話[ ウサウサ日記 ]
2009/01/30(Fri) 02:23

第5話「性と未練」景世の偽者がマキナの前に現れたと思ったら、お胸様が旺里を尋ねて修行している山に来ますが、来た意味があるのか?

*『屍姫 玄』#5「性と未練」[ ジャスタウェイの日記☆ ]
2009/01/30(Fri) 11:32

「忘れなくていいよ」 自分の性に抗って生きるのが人。 七星の囮・鞆春に誘い出され、送儀に連れて行かれたオーリ。 そのころ、マキナは景...

*屍姫 玄 第5話「性と未練」[ 日記・・・かも ]
2009/01/30(Fri) 11:52

「僕と契約しても、兄貴との縁は残しておけばいい」 イツキが屍の鞆春を倒す話。 倒し終わった後、嵩征は七星が動いていると推測。 一...

*屍姫 玄 #5.[ 色・彩(いろ・いろ) ]
2009/02/03(Tue) 12:56

「性と未練」 判ってはいるのですが、「え?」と思うサブタイ。嵩征・異月の結末。

*屍姫 玄 第05話「性と未練」の感想。[ いーじすの前途洋洋。 ]
2009/02/04(Wed) 03:35

屍姫 玄 第05話 「性と未練」 評価: ── 助けに来たぞ眞姫那・・・ 脚本 會川昇 絵コンテ 岡田雅...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ