--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
01
17

鉄腕バーディー DECODE:02 第2話 「Simple Twist of Fate」 感想

鉄腕バーディー DECODE 02 #2

思った以上にいろいろと人物が絡み合ってました。今回でだいぶ関係が明かされました。

鉄腕バーディー DECODE:02 第2話 「Simple Twist of Fate」

鉄腕バーディー DECODE 02 #2

ナタルがリアンシェルを殺害したのは間違いないようです。
ナタルは14年前に迫害を逃れて地球に逃亡して住み着き、そして医師になって普通に暮らしていたようでした。
それが一変したのはあの"リュンカ事件"。おそらく親友だった各務を失ったことが引き金となり、ナタルはリュンカ事件の首謀者への復讐を決意したと思います。

ナタルが首謀者が誰かを知ったのは、父ダスクの部屋に入り、情報や記録を覗き見したからでしょうね。
ダスクはそれを知り、リアンシェルを殺したのも自分の息子だと確信していると思いますが、咎めませんでした。むしろナタルの体を気遣っています。…同じアルタ人としての思いと父親としての想いからでしょうか…。

アグラズーメを殴り殺すナタルが涙を見せたのは印象的でした。
迫害されてきた積年の恨み、各務を殺した相手への復讐、…もしかしたらそれ以外にもあるのかもしれません。頭のよさそうな彼だから、復讐をしても何も残らないことを知っていて、それでも殺意を抑えられない自分への自責の念とか。想像ですけど。

ちなみにナタルが墓地で父親と普通に連絡を取っていて、バーディーに言ったことと違うなぁと思ってたら、あっさり後で父親と子でナタルが犯人だとつながってしまいました。ミスリードかもと思ったのですけど(^^;



鉄腕バーディー DECODE 02 #2

車椅子の少女、翔子は各務の妹でした。
この子はバーディーの恋愛パートに絡む子ですね。翔子のバーディーへの分かりやすい嫉妬に対してバーディーの無反応/無理解さが何とも…。
バーディーにとって恋愛は発情行為らしいですから。┐(´-`)┌
このバーディーが以降どう変わってくるのかと思うと、実に興味深い話ではないですか。楽しみです。


イルマにも当然に過去があります。
イルマがお婆さんに「1,000 年前の恩」と言っていましたが…何時代?(汗) 今回の事件と関連性はあるのかな。
イルマの言う恩はこの家系に代々伝わってきたようなので(?)、イルマが相当恩に感じる出来事が昔にあったということですか。もっとも「たかが 1,000 年」と言うとおりの宇宙人の感覚もあるかもしれませんけど。



鉄腕バーディー DECODE 02 #2

カペラがかなり楽しいキャラになってますよ(笑)。カペラは前期の冷徹そうな雰囲気をいったいどこに置いてきたの(^^;
雑巾の絞り汁を入れたお茶を結局カペラが自分で飲むハメになるとか、コメディの定番すぎる(笑)。


ヤクザさんもまた(笑)。
「ピカピカ中古」って車のグレード落ちてるやん。はたして第2期で何回車を壊されるのでしょうか…。



ナタル 「あと5人――」
首謀者全員を殺すまで、ナタルの復讐は止まらないのでしょうか。
それを知ったときバーディーはどうするのかな。恋心と連邦捜査官としての使命の選択で揺れそうな時期に知りそうですよね。
ナタルのあの特別な力は命を削ってそうなのも気になります。



次回、第3話は「Somewhere in Time」。
エンディングの絵が変わってましたけど、ずっとロリバーディーが走ってるだけでした。でもこういうの嫌いではありません。
もしかして次回も絵が変わるのかな?



鉄腕バーディー DECODE:02 カテゴリの記事
鉄腕バーディー DECODE:02 ~プロローグ~ 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第01話 「After All」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第02話 「Simple Twist of Fate」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第03話 「Somewhere in Time」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第04話 「Tears Are Not Enough」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第05話 「Before It's Too Late」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第06話 「A Prisoner of the Past」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第07話 「We Will Meet Again」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第08話 「Falling in Love with Love」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第09話 「Space, Time, and You」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第10話 「It Never Entered My Mind」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第11話 「Both Sides Now」 感想
鉄腕バーディー DECODE:02 第12話 「Before Long」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*鉄腕バーディー DECODE:02 第2話「Simple Twist of Fate」[ SERA@らくblog 3.0 ]
2009/01/17(Sat) 18:45

バーディは幼馴染のナタルと再会。 アルタ人への迫害を地球に逃れてきたナタル。 ナタルとの再会を喜ぶバーディでしたが…。 殺されたイア...

*鉄腕バーディー02 DECODE 第2話 「SIMPLE TWIST OF FATE」 感想[ サボテンロボット ]
2009/01/17(Sat) 18:53

★★★★★★★☆☆☆(7) イルマの助言によりリュンカ輸送集団の一人を発見したバーディだったが またしても何者かに先を越されてホシ...

*鉄腕バーディー DECODE:02 2話「SIMPLE TWIST OF FATE」[ Spare Time ]
2009/01/17(Sat) 19:12

『幼い頃、まるで兄妹のようにいつも一緒だったナタル。ナタルは現在、理学療法士として病院で働いているのだという。故郷を遠く離れた地球...

*鉄腕バーディー DECODE:02 第2話 「SIMPLE TWIST OF FATE」 感想[ ソウロニールの別荘 ]
2009/01/17(Sat) 23:57

憎悪の発露

*「鉄腕バーディ02 DECODE」 第2話『SIMPLE TWIST OF FATE』 [ おきらく委員会 埼玉支部 ]
2009/01/18(Sun) 07:26

 第2話「SIMPLE TWIST OF FATE」  幼馴染のナタルと病院で偶

*鉄腕バーディー DECODE:02 第2話 「Simple Twist of Fate」[ 紙の切れ端 ]
2009/01/18(Sun) 16:54

「苦しみ抜いて死ね!」 リュンカの傷痕―。 前回、イアンシェルを殺した犯人が明らかになりました。犯人はバーディーの幼馴染であるナタ...

*【鉄腕バーディーDECODE:02-2話】カペラillustと『SimpleTwistofF...[ くろぬこillust自由帳【KuroNukoMatryoshka】 ]
2009/01/19(Mon) 23:50

凄い良かった、けれど切ない、そして原作を読みたくなりました。『鉄腕バーディーDECODE:02』2話『SimpleTwistofFate』。後半の戦闘シーンは、本当に凄かったです。作画最高! 憎しみや恨みや悲しみを絵で表現って、凄いと思ふ。グロさを含む絵作りでしたが、そう云った...

*『鉄腕バーディーDECODE』 バーディー・シフォン=アルティラ[ ゆったりイラスト空間 ]
2009/02/09(Mon) 19:34

『鉄腕バーディーDECODE』のバーディーです。 タイトルからも容易に想像出来る様に、アクション系美少女の極致キャラであるバーディ...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (47)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (27)
2011年12月 (12)
2011年11月 (2)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (73)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。