--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リルリルフェアリル #26

きのこの相談室と、海の城の冒険。宝物は…。

リルリルフェアリル #26 きんしとほうし

また濃ゆいキャラが登場しました。マッシュルームフェアリルのきんし(菌糸)とほうし(胞子)はオカマキャラ。ふたりは仲良しで、よくダンスバトルに負けるなよなよきのこ(♂)を慰めるきのこ(♂)だと…。フェアリルのキャラはかわいいほかにいろいろとネタばかりで楽しい。

話はひとことで言うと痴情のもつれから確かめ合う友情。悩みって、口に出して誰かに聞いてもらうとすっきりするし、望んでる答えをもらえる、背中を押してもらうと勇気が出るものだよね。


リルリルフェアリル #26 りっぷ

りっぷちゃんの魔法が効かずに壷が地面にドーンと落ちたのは予想外で笑った。でも大事なものは壷ではなく相談、悩みや気持ちを相手にちゃんと伝えることだと示されました。


リルリルフェアリル #26 りっぷ

悩みがないことが悩みのりっぷちゃんが能天気かわいい(望のことはどうしたん)。



リルリルフェアリル #26

後半は、あこやたちマーメイドフェアリルが宝物を探しにシーキャンドル城を目指したお話。
マーメイドフェアリルたちがかわいい、そしてりっぷちゃんたちの海中の冒険が面白かった。つんつんするりっぷちゃんがかわいい。でも触手責めは無理だったかー。

「もうひとりの自分」とは自分を見つめ直すこと。宝物はいつもそばにあって、一緒にいて楽しい仲間たちが宝物なんだよというちょっといいお話でした。
今週は A、B パートのどちらも友だちや仲間の素晴らしさのお話でしたね。


リルリルフェアリル #26

シーキャンドル城がジュエルペット城とよく似てた。意味があるのか、3DCG の使いまわしなのか。次の枠は『リルリルフェアリル』第2期か、それとも『ジュエルペット』が還って来てくれると嬉しいな。


「リルリルフェアリル 妖精のドア」カテゴリの記事
リルリルフェアリル ~妖精のドア~ 第23話 「ビッグヒューマルは危険がいっぱい?」 感想
リルリルフェアリル ~妖精のドア~ 第24話 「すてきなお洋服屋さん / 望に会いたい…」 感想
リルリルフェアリル ~妖精のドア~ 第25話 「カブトとクワの夢! / スター☆星空ステージ」 感想
リルリルフェアリル ~妖精のドア~ 第26話 「きんしのお悩み相談室 / シーキャンドル城からの招待状」 感想
リルリルフェアリル ~妖精のドア~ 第27話 「清く正しく美しくですわっ! / 古代遺跡で大冒険だ~!」 感想
リルリルフェアリル ~妖精のドア~ 第28話 「ドリアン帰る!作ろう美味しい料理 / 夏だ!ビュ~チフォ~!イケメンジョランド!」 感想
リルリルフェアリル ~妖精のドア~ 第29話 「ぽわぽわサマーキャンプ! / オリーブの涙」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*アニメまとめてプチ感想(リルリルフェアリル・あまんちゅ・美術部)[ のらりんすけっち ]
2016/08/02(Tue) 08:40

リルリルフェアリル~妖精のドア~ 第26話 おネエフェアリルもいたというびっくりのこの世界。 …てゆーか、すでに先生でひとりいたな^^; きんしくんとほうしくんのオネエコンビ、お悩み解決の腕はなかなかのもの。 自分の悩みは我慢してたきんしくんが健気でした。 後半の主役はマーメイドフェアリル。 りっぷちゃんたちを誘ってシーキャンドル城をさがすよ! 仲良くしないとゴールできない仕様...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。