2009
01
05

地獄少女 第17話 「硝子ノ風景」 感想

地獄少女 #17

辺鄙なサナトリウムで療養中の金髪少女ニナのお話。怪奇ホラーっぽいお話でした。病院でホラーだとわたしはゲーム『サイレントヒル』を思い出します。名作デス。

地獄少女 第17話 「硝子ノ風景」

地獄少女 #17

今回はシナリオが少し異色でした。パソコンからではなく"魂でのアクセス"で地獄少女は来たというのに、あいは「願いを聞けない」と断るし、そもそも呪殺のターゲット(相手)が出てきませんでした。

ニナの目的はあったのですけれどね。彼女の正体は 人形。人形の持ち主だった少女の名前がニナなのでした。
持ち主の少女(ニナ)は寂しい思いをしたまま死んでしまったのでしょうか。その寂しい、家族と一緒に暮らしたい、ずっと待ってる、という想いを人形(ニナ)が受け継いだのかな。

人形のニナは訪れた柴田親子に「ここで家族としていつまでも暮らすこと」を迫りました。
ポルターガイストとか、樹木が襲ってくるとか、何か作品がちょっと違う感じのプチホラー。むしろこれはあいが加害者を懲らしめるほうの手段です。


地獄少女 #17

襲われた柴田親子を助けたのは閻魔あい。
人形(ニナ)は自分が生きた人間ではないただの人形であることを悟らされて大人しくなり、最後はつぐみに抱かれたまま砂となって消えていきました。ここも描写がホラーぽかったですね(´-`;)

呪いの対象は帰って来ないで少女ニナを独りぼっちにした父親だったのでしょうか。誰か人を呪わないと地獄少女と接点がないことになりますし。

今回がほかの話とは大きく違うと感じたのは、誰も地獄送りにされることがなかった話だから、です。人形は魂を持って、そして消えていったけれど、地獄送りにされた訳ではないと思いますし。


行く先々で柴田親子と会うことに、いよいよ従者たちは「お嬢に意図があるか、あるいは無意識に柴田に教えている」と疑うようになっていました。
つぐみがあいの見ている景色をなぜか見ていることを彼らはまだ知りません。柴田をアヤシイと思っているなら、四六時中監視すれば気付くと思うのだけどね(^^; 一目蓮ならできそうなのに。


いつも無表情で考えてることは分からないけれど、あいはもの思いにふけることがやはり多くなったように思います。そういうカット絵がまたありました。

地獄少女 #17

あいちゃん可愛いです。



地獄少女 カテゴリの記事

地獄少女 第01話~第04話 感想
地獄少女 第05話 「高い塔の女」 & 第06話 「昼下がりの窓」 感想
地獄少女 第07話 「ひびわれた仮面」 感想
地獄少女 第08話 「静寂の交わり」 & 第09話 「甘い罠」 感想
地獄少女 第10話 「トモダチ」 感想
地獄少女 第11話 「ちぎれた糸」 感想
地獄少女 第12話 「零れたカケラ達」 感想
地獄少女 第13話 「煉獄少女」 感想
地獄少女 第14話 「袋小路の向こう」 & 第15話 「島の女」 感想
地獄少女 第16話 「旅芸人の夜」 感想
地獄少女 第17話 「硝子ノ風景」 感想
地獄少女 第18話 「縛られた少女」 感想
地獄少女 第19話 「花嫁人形」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ