--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リルリルフェアリル #10

フェアリルの伝説と、踏み出す世界。

リルリルフェアリル #10

来るべき日に備えて、フェアリルたちがヒューマル学の授業を受けたお話。
知りたいときに正しい知識を教わることは大切ですが、決して保健体育とか性知識の授業に置き換えてはいけません。フェアリルたちが「気持ちよかったよね」、「思ったよりおっきいね」とか言ってましたが、ダメです。


リルリルフェアリル #10
リルリルフェアリル #10

望のことを思うりっぷちゃんが恋を知りはじめてる…かな。かわいいりっぷちゃんが恋をしてさらにかわいくなっちゃう…(*´д`*)

ヒューマルに会ったことがあると言うりっぷちゃんの言葉を信じてくれるひまわりちゃんたちが優しいね。ローズちゃんが期待通りにツンデレかわいい。友だちの想いにも支えられて、望といつか会う想いを強くしたりっぷちゃんです。


恋と羽を失ったコクリコがヒューマルの世界を作ったという伝説。恋はときにフェアリル人生を変えてしまう。というのはラストへの布石でしょうか。まさか望がフェアリルになるん…?(汗)
あ、りっぷちゃんが人間の女の子になるのはありやで。りっぷちゃんはたいへんな美少女になるやで。



リルリルフェアリル #10

かわいい子がいる、と思ったらてんとう虫のバグズフェアリル、レディちゃんでした。
まずは触覚は頭にではなくフードについてるのかよ!(笑)と突っ込みたい。それをフェアリルの誇りと言われましても、軽く衝撃です。

レディちゃんの将来の夢は美容師になること。女の子はオシャレしたい!とオシャレをするすみれちゃんとレディちゃんがかわいかった。思わずにまにました。ある意味、ネコ婦人は比較の犠牲になったのだ…。と言ってもすみれちゃんたちがかわいすぎるので問題ない。

ローズちゃんがりっぷちゃんたちの輪の中にすっかり溶け込んでいてやっぱりにまにまする。


自分たちのやりたいことのためにぶつかってみる、勇気を出して言ってみることで道は拓ける。だけど視野を広くね。といういい教育回でしたが、すみれちゃんたちが普段はいつもの姿でいるのはたぶん作画の煩雑さというメタ的なメッセージもあったと思う。


「リルリルフェアリル 妖精のドア」カテゴリの記事
リルリルフェアリル ~妖精のドア~ 第07話 「魔法のテスト! / ドアはどこにある?」 感想
リルリルフェアリル ~妖精のドア~ 第08話 「フェアリルフェスティバル! / 咲け咲け、さくら!」 感想
リルリルフェアリル ~妖精のドア~ 第09話 「ローズが大好き! / フェアリルイースター」 感想
リルリルフェアリル ~妖精のドア~ 第10話 「羽を失くしたフェアリル / 開店!ツリーカットハウス」 感想
リルリルフェアリル ~妖精のドア~ 第11話 「リルリルシャボリル! / レオン先生の変身学」 感想
リルリルフェアリル ~妖精のドア~ 第12話 「このドキドキって何!? / 美しすぎるボクたちさ~」 感想
リルリルフェアリル ~妖精のドア~ 第13話 「特ダネ!ベニヤコ新聞 / フェアリルドアのこちら側」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*アニメまとめてプチ感想(リルリルフェアリル・ふらいんぐうぃっち・くまみこ・三者三葉)[ のらりんすけっち ]
2016/04/21(Thu) 06:31

リルリルフェアリル~妖精のドア~ 第10話 今回はいかにも女の子向けアニメといった感じの題材。 主役はレディちゃんとすみれちゃんのおしゃれ大好きコンビ。 レディちゃんのツリーカットハウスは大人気。 みんな可愛くヘアアレンジ、レディちゃんセンス良いな。 ローズちゃんはもうどこから見てもりっぷたちと仲良しですね(^^) ところでスパイダーちゃんはどこへ^^;^^; ふらいんぐう...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。