「ぱんつだけど恥ずかしくないもん!」、最終話です。

ロザリオとバンパイア CAPU2 #13

最終回も面白かったです。というより「ぱんつ自重しろ」とか「またおバカやってる」と思いつつ、毎回とても楽しく観ていたことにわたしは気付きました。振り返ってみてもハズレ回がなかったような気がします。

ロザリオとバンパイア CAPU2 #13 「十字架と家族とバンパイア」 最終話

ロザリオとバンパイア CAPU2 #13

ロザリオを手に入れるため、3大冥王のひとり(=モカと心愛のパパ)と戦うことになった月音。
月音が冥王にも対抗できたのは以前萌香に分けてもらったヴァンパイアの血という伏線があったからだけど、そんなことはどうでもいいくらいの勢いと吹っ切れた演出でした。
珍しいシリアスシーンなのに、雰囲気を壊すことなく、そのまま普通に受け入れられました。

『ロザリオとバンパイア』って、結局、おバカなことをそのまま奇をてらわずにおバカのままやってるのがイイのかも。
あざといとか、無理してるなぁ、とか思ったことがありません。
パンツアングルだけは無理やり感 MAX でしたけど。



あと女の子キャラの全員が魅力的。個人的には瑠妃と胡夢が好きなのですが、今回の胡夢もすごく良かった。

ロザリオとバンパイア CAPU2 #13 胡夢

月音のことが大好きなのに、月音のことが好きだからこそ…、という胡夢の切ない気持ちが出ていました。
確かに定型文のような演出と台詞だったかもしれませんが、それをそのまま演ってしまうのがいちばんイイと思わせる雰囲気が『ロザリオとバンパイア』にはあります。



ロザリオとバンパイア CAPU2 #13 胡夢
ロザリオとバンパイア CAPU2 #13 胡夢

月音に気持ちを伝えながら胡夢がくるくると回るシーンは地味ながら破壊力満点でしたヨ。



ロザリオとバンパイア CAPU2 #13 瑠妃
ロザリオとバンパイア CAPU2 #13 瑠妃

瑠妃はいつもの通りでした。(^^;
体育館での"瑠妃フィールド"とも言うべき結界(?)はワロタ。もしかしていままでのも全部、視覚演出やマンガでいう効果線みたいなものではなくて、瑠妃の能力なのかもしれません(; ゚□゚)
別名、"いろいろあったフィールド"。すごくどうでもいい妄想ですね。



心愛の感情がわずかに動いてるのが見えました。
「パパに歯向かった人間は必ず殺されてしまう…」と月音のことを心配してました。以前の心愛なら考えられないことです。
いい感じにハーレム増殖しているじゃないですか(汗)。

ロザリオとバンパイア CAPU2 #13

心愛の「えへへ、ごめんねパパ」というような表情としぐさが可愛すぎると思いました(・∀・)



最後も女の子全員が揃って、イイ終わり方です。
瑠妃はガンバレ((

ロザリオとバンパイア CAPU2 #13

これこそ、いつもの『ロザバン』ですよね。



『ロザリオとバンパイア CAPU2』、とても面白かったです。第3期があるならわたしは必ず観ます。
制作者さまやキャストさま、楽しくてイイ作品をどうもありがとうございました。

加えてここまで記事を読んでくださった方、TRACKBACK でお世話になりましたブロガーの方々にも。どうもありがとうございました。また別の記事でもどうぞよろしくお願いします。


最終話の感想ってなぜか総評みたいなものが混じっちゃうんですよね…。あとで総評は書くつもりでいます。



「ロザリオとバンパイア CAPU2」カテゴリの記事
ロザリオとバンパイア CAPU2 第01話 「再会とバンパイア」 感想
ロザリオとバンパイア CAPU2 第02話 「妹とバンパイア」 感想
ロザリオとバンパイア CAPU2 第03話 「母と子とバンパイア」 感想
ロザリオとバンパイア CAPU2 第04話 「身体測定とバンパイア」 感想
ロザリオとバンパイア CAPU2 第05話 「カレーとバンパイア」 感想
ロザリオとバンパイア CAPU2 第06話 「修学旅行とバンパイア」 感想
ロザリオとバンパイア CAPU2 第07話 「バスルームとバンパイア」 感想
ロザリオとバンパイア CAPU2 第08話 「青春とバンパイア」 感想
ロザリオとバンパイア CAPU2 第09話 「スキーとバンパイア」 感想
ロザリオとバンパイア CAPU2 第10話 「美少年とバンパイア」 感想
ロザリオとバンパイア CAPU2 第11話 「リリスの鏡とバンパイア」 感想
ロザリオとバンパイア CAPU2 第12話 「封印とバンパイア」 感想
ロザリオとバンパイア CAPU2 第13話 「十字架と家族とバンパイア」(最終話) 感想



ロザリオとバンパイア CAPU2 #13
ロザリオとバンパイア CAPU2 #13
ロザリオとバンパイア CAPU2 #13
ロザリオとバンパイア CAPU2 #13

ぱんつ自重しろwwwwwww

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*「十字架と家族とバンパイア」 ロザリオとバンパイア CAPU2 第13話(最終話)[ Welcome to our adolescence. ]
2008/12/26(Fri) 18:44

ロザリオとバンパイア CAPU2 第13話(最終話)「十字架と家族とバンパイア」 萌香の表の人格を戻すには、新たな封印のロザリオを入手する必...

*ロザリオとバンパイアCAPU2 第13話【最終回】 十字架と家族とバンパイア[ 心のプリズムNavi ]
2008/12/26(Fri) 20:54

何故このプニ絵が最初から出来なかったのか。 そんな第13話、最終回です。

*ロザリオとバンパイア CAPU2 第13話 『十字架と家族とバンパイア』[ SERA@らくblog 3.0 ]
2008/12/26(Fri) 22:52

なんか最終回ぽくいいまとめの最終話です。 最後の最後までクマーとコウモリが激しく邪魔だけど(笑) 新たな封印のロザリオを求め旅立っ...

*ロザリオとバンパイア CAPU2 第13話(終)[ ニコパクブログ7号館 ]
2008/12/27(Sat) 01:57

第13話『十字架と家族とバンパイア』ロザリオとバンパイア CAPU2 1 [DVD]最後までテレビ大阪の規制は酷かった。

*ロザリオとバンパイア CAPU2 第13話(最終話)「十字架と家族とバンパイア」[ a cup of tea ]
2008/12/28(Sun) 16:15

ロザリオとバンパイア CAPU2 1 [DVD](2008/12/21)岸尾だいすけ水樹奈々商品詳細を見る ロザリオとバンパイア CAPU2 2 [DVD] ロザリオとバンパイア CAPU2 3 [DV...

*【ロザリオとバンパイアCAPU2 第13話(最終話)-十字架と家族とバンパイア】[ ある学生の憂鬱 ]
2008/12/29(Mon) 11:05

封印された萌香を取り戻すため、月音の力が今発動する!!な最終話

*赤夜萌香(あかしやもか) ロザリオとバンパイアの壁紙[ 二次元萌え壁紙画像館 ]
2009/03/01(Sun) 06:54

赤夜萌香(あかしやもか) ロザリオとバンパイア 1280 x 1024 1280 x 1024

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ