--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GATE 自衛隊 #20 シェリー

シェリーの脱出劇と恋物語。

邪魔な講和派を自分たちの都合のよい法律で次々と捕縛するゾルザルの恐怖政治が行われる中、シェリーがカーゼルとともに日本国(翡翠宮)へ亡命を求めたお話。

シェリーはホント、幼いのに賢くて芯の強い子ですね。シェリーが両親の仇を討とうとするのは分かる。テュエリ家を守るために自らは犠牲となってシェリーを逃がしたパパママは心から貴族の誇りと家族愛を持った人たちでした。

そんなシェリーに心を動かされて憲兵隊からシェリーを守った菅原はロリコンの鑑。そしてかわいいロリを GET!
菅原がカッコよかったのだけど、でも外交官の立場としてはどうなん?と思ってしまう向きもありますね。菅原は国益と私情は天秤にかけるものではないと分かってる人だったのに。やはりそれが人間で、男で、そしてかわいいは正義ということか。
むしろここから菅原がロリっ子と本当の愛を育んでいくのがいいと言えるかな。シェリーだって最初は家のために菅原に近付いたような感じだしね。そうゆう出発点から世界も年齢差も超えて結ばれる恋物語もいいものです。

しかし菅原がシェリーを抱きかかえたときの身長差に笑えるというか、ぐっとくるというか、羨ましいというか。いいドラマでした。あとロリは強い。


GATE 自衛隊 #20



「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」カテゴリの記事
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第17話 「決戦」 感想
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第18話 「魔法都市ロンデル」 感想
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第19話 「危険な姉妹」 感想
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第20話 「こいびと」 感想
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第21話 「デッドライン」 感想
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第22話 「奴隷服を着た皇女」 感想
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第23話 「空挺降下」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*【GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり】 第20話『こいびと』キャプ付感想 [ 空 と 夏 の 間 ... ]
2016/03/02(Wed) 00:01

ゾルザルの圧制に追い詰められ亡命を余儀なくされるシェリーちゃん。 最後に頼ったのは優しくしてくれた外交官の菅原。 あんなカワイイ子が泣きながら頼ったら、出世を棒に振っても助けますねw 亡命者を受け入れたことで特地の自衛隊は帝国との戦闘は必至! 一方、伊丹たちは暗殺者から逃走中w 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。

*GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第20話[ ぷち丸くんの日常日記 ]
2016/03/02(Wed) 15:01

皇帝不在のうちに権力を掌握したゾルザル(CV:小西克幸)は、恐怖政治は始めます。 意に沿わない者たちを不当に逮捕して行くのね・・・ 恐怖政治を合法化するオプリーチニナ特別法と言うものが発布されて、講和派の議員たちが次々と逮捕されて行きます。 ロンデルを訪れていたレレイ(CV:東山奈央)も狙われてしまい、伊丹(CV:諏訪部順一)はみんなで姿を隠すことに決めたようです。 ...

*GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第20話「こいびと」[ パンがなければイナゴを食べればいいじゃない ]
2016/03/11(Fri) 18:28

評価 ★★ 末恐ろしい娘だな……               

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (47)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (27)
2011年12月 (12)
2011年11月 (2)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (73)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。