--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015
12
16

緋弾のアリア AA 第11話 「決戦」 感想

緋弾のアリア AA #11 志乃

あかりと夾竹桃のバトル。

緋弾のアリア AA #11 あかり

あかりが夾竹桃に"鷹捲"の体術の秘密と威力を身をもって教え、武偵として殺さずに捕まえるのは予想できてましたが、まさか夾竹桃がガトリングガンをぶっ放し、あかりのサイコクラッシャーが飛び出し、武装アーマーが現れるとは思わなかった。夾竹桃がライカたちを次々と毒で倒して毒使いの強さを見せ付けたとはいえ、思ってもみなかった展開がシュールで笑ってしまった。あかりの"鷹捲"はパルスの演出は派手でいいとして、動きは隠密っぽい静かさと鋭さでよかったのでは。ま、これが『アリア』のバトルだというのは最初から分かってたことなんだけどね。

志乃があかりに伝えた「武偵であることを諦めないで」。アリアの教えの「死んでいい実戦はない」、「常に周りに気を配ること」。仲間や先輩の支えであかりが実戦で意識した秘伝の使い方を掴み、武偵として任務をやり遂げるのは成長と物語の締めにふさわしい結末でした。
もう1つ最後に武装アーマーとのバトルが残ってますが、おそらくあとは派手にバトルを繰り広げるだけと思うので、どんな戦いやエピローグを見せてくれるのかに期待してる。



緋弾のアリア AA #11 麗
緋弾のアリア AA #11 夾竹桃
緋弾のアリア AA #11 あかり
緋弾のアリア AA #11 夾竹桃
緋弾のアリア AA #11 夾竹桃
緋弾のアリア AA #11


「緋弾のアリア AA」カテゴリの記事
緋弾のアリア AA 第06話 「小悪魔たちの依頼」 感想
緋弾のアリア AA 第07話 「あかり争奪戦」 感想
緋弾のアリア AA 第08話 「プール トラップ」 感想
緋弾のアリア AA 第09話 「家庭訪問」 感想
緋弾のアリア AA 第10話 「ファーストミッション」 感想
緋弾のアリア AA 第11話 「決戦」 感想
緋弾のアリア AA 第12話 「二人のA」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*【緋弾のアリアAA】 第11話『決戦』 キャプ付感想[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2015/12/16(Wed) 23:06

緋弾のアリアAA 第11話『決戦』 感想(画像付) 服だけ溶かす毒とはナイスなものを使います夾竹桃さん(笑) ライカちゃんに使われたのは媚薬だったみたいです(^^; 夾竹桃との決着がついたのに、水蜜桃さんが出て来た。 真のラストボトルはロボットとか…(笑)    (あらすじ) ののかにかけられた「符丁毒」を解けるのは夾竹桃のみと知ったあかりたちは、 皆で協力し合い...

*緋弾のアリアAA #11 「決戦」[ ゆる本 blog ]
2015/12/16(Wed) 23:09

鷹捲(たかまくり)の仕組み解説。 「緋弾のアリアAA」の第11話。 あかりの前に姿を見せた夾竹桃、あかりを誘い街へ出る夾竹桃を最初に 追ったのは陽菜だが防毒マスクがあると毒煙の中を突破したところで 酸性の皮膚から浸透する毒だったために動きを止められてしまう。 そして風魔のくノ一としては裸を見られるのと同等の屈辱を与えられる。 麗は湯湯と夜夜の身を案じて一人で夾竹桃を追う。 ...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。