2008
12
13

鉄のラインバレル 第10話 「OVER DRIVE」 感想

やっと感想記事が放送に追いつきました。

鉄のラインバレル #10

クリスマス!ヽ( ̄▽ ̄)ノ
鉄のラインバレル #10
鉄のラインバレル #10
鉄のラインバレル #10

鉄のラインバレル #10 鉄のラインバレル #10

クリスマス☆サービス!ヽ( ̄▽ ̄)ノ


鉄のラインバレル #10
鉄のラインバレル #10

もちろんお約束も。
女の子のミニスカサンタ服に対する浩一、森次、石神社長の反応の違いが分かりやすいというか微笑ましいというか。



鉄のラインバレル #10 「OVER DRIVE」

…と視聴者として浮かれていたら、何やらすごい事態に突入したようです。
加藤機関があらゆる地表上を攻撃できるアメリカの荷電粒子衛星砲ヘリオスをハックしました。ヘリオスの破壊力は凄まじく、紛争中だったハイファン(?)島が一瞬で消し飛びました…。

こういう華やかなパーティの舞台の裏で非常(異常)事態が同時に進行する展開は、いつ見てもドキドキ感があってイイですね。


あと山下の挫折イベントに突入しています。
山下はけっこう昔から JUDA にいるはずなのに、なぜいまごろなのか不思議ですけど…。前回の戦闘で森次がピンチっぽくなったのがはじめてじゃないなら、とっくに起こってる出来事だと思えるのに。いや森次が苦戦することなんていままでなかったからこのタイミングで、なのかな。


最近はちょっとオトナになっていた浩一が米軍兵士の前でわざわざラインバレルを呼び出して啖呵を切ったのは、やっぱり元 DQN らしくて、ちょっと安心した。
「Who are 誰?」だけど。(´-`) OK、それでこそ浩一だ。


鉄のラインバレル #10

病弱だった山下は森次の強さに憧れた理由もあってファクターになったと分かりました。語られなかった森次のキズの原因ははやくも予想ハズレかな…。
そして山下は浩一より学年が1こ上でした。浩一でもやっぱり年上にタメ口だったことには反省するのね。浩一が唐突に山下に"クン"付けしはじめるやりとりも面白かったです。


道明寺は特殊自衛隊なのかな?

毎年ひらかれる矢島邸でのクリスマスパーティの準備は見ていてちょっと切ない。
矢島…。(´・ω・)


荷電粒子衛星砲を破壊するために宇宙に上がった浩一を待ち受けていたのは、8番隊隊長の、まさに少年マンガの敵役みたいな人でした。
つづく。



鉄のラインバレル カテゴリの記事

鉄のラインバレル 第05話 「明日への道標」 感想
鉄のラインバレル 第06話 「明るい夜」 感想
鉄のラインバレル 第07話 「サイアクな放課後」 感想
鉄のラインバレル 第08話 「戯れの鬼たち」 感想
鉄のラインバレル 第09話 「ブラック・チェンバー」 感想
鉄のラインバレル 第10話 「OVER DRIVE」 感想
鉄のラインバレル 第11話 「SUPER NOVA」 感想
鉄のラインバレル 第12話 「南海より愛をこめて」 感想
鉄のラインバレル 第13話 「黒の執行者」 感想
鉄のラインバレル 第14話 「流れるは血、失うは涙」 感想
鉄のラインバレル 第15話 「ベクトル」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ