--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015
10
07

緋弾のアリア AA 第1話 「もう一人のA」 感想

緋弾のアリア AA #01 間宮あかり

風穴あけるわよ!、スピンオフで再び。『緋弾のアリア AA』第1話の感想です。

緋弾のアリア AA #01
緋弾のアリア AA #01
緋弾のアリア AA #01 アリア
緋弾のアリア AA #01 間宮あかり

えらく間を空けての第2期と思ってたらスピンオフ作品なのね。キンジとアリアが出逢う前の、間宮あかりと神崎Hアリアの戦姉妹(アミカ)の物語。今作は百合テイスト?
タイトルの『AA』はヒロインズのあかりとアリアの頭文字、そしてちっぱいコンビのダブルミーニングだと妄想したのですが、ふたりとも制服に影が落ちるくらいに胸があるのでこじつけっぽい。

第1話はあかりが憧れのアリア先輩と戦姉妹の契約(ただし見習い)を結ぶお話。アクションシーンは派手にスタイリッシュによく動いてるのだけどなぜか笑える。防弾制服のおかげで格闘ゲームや打撃武器のように銃を撃つシュールな世界観なのを思い出した。


緋弾のアリア AA #01 間宮あかり

最低ランクのあかりがアリアの戦姉妹になれたのは、あかりの「アリアのパートナーになりたい」という強い意志と何かしらの秘めたチカラが大きなポイントでしたが、あかりの諦めない信念はテストではあまり伝わらなかった。ほかの申請者の子たちはどうだったのかと。あかりの身体の頑丈さと何らかの能力はコミカルな演出で流されましたが確かに気になるところ。


緋弾のアリア AA #01 間宮あかり
緋弾のアリア AA #01 間宮あかり
緋弾のアリア AA #01 間宮あかり

やたらとあかりに影を落とすシーンが多くて、影の中で立ち止まるカットもあって、そんなあかりがアリアのテストを受けて光の中へ踏み出していくという演出は、何かを抱えているあかりがアリアのパートナーとなってともに戦うことで変わっていく物語ということなのかな。



緋弾のアリア AA #01 白雪

キンジと白雪が普通にいた。たぶん本編では出番は多くない。キャラではわりと白雪を好きだったのを思い出した。


緋弾のアリア AA #01

黒髪ロングがあかりを好きな百合っ子、と思ったらさっそく来週でヤンデレてる(笑)。



「緋弾のアリア AA」カテゴリの記事
緋弾のアリア AA 第01話 「もう一人のA」 感想
緋弾のアリア AA 第02話 「危険な関係」 感想
緋弾のアリア AA 第03話 「戦妹志願」 感想
緋弾のアリア AA 第04話 「カルテット 前編」 感想
緋弾のアリア AA 第05話 「カルテット 後編」 感想
緋弾のアリア AA 第06話 「小悪魔たちの依頼」 感想
緋弾のアリア AA 第07話 「あかり争奪戦」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*【緋弾のアリアAA】 第1話『もう一人のA』 キャプ付感想[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2015/10/07(Wed) 21:47

緋弾のアリアAA 第1話『もう一人のA』 感想(画像付) 赤松中学原作の緋弾のアリアのスピンオフシリーズのアニメ化! 前作から同じくアリアのCVは釘宮理恵さん。 ペアとなる間宮あかりのCVは佐倉綾音さんという、耳が嬉しくなる組み合わせですね♪ 制作の動画工房も1話から頑張って作画してる感じが好感持てますね! 東京武偵高校1年の間宮あかりは、学内最低のEランク武偵。 ...

*緋弾のアリアAA 1弾 もう一人のA[ ゴマーズ GOMARZ ]
2015/10/09(Fri) 09:59

これは緋弾のアリアの2期といっていいのか? 

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。