2008
12
10

鉄のラインバレル 第6話 「明るい夜」 感想

鉄のラインバレル #6 (※)

いきなり浩一重体のアバンタイトルではじまったシリアス回。と思わせておいて全篇コントでした。

最大のサプライズは 絵美が中学生だった ことカナ。毎回年齢がいくつなのか気にはなってたのです。以前に説明ありましたっけ?

鉄のラインバレル #06 明るい夜

鉄のラインバレル #6

1. まずは浩一が社員寮に着いて早々、社長に騙されて、知らずに絵美の部屋へ。
運悪く(良く?)シャワー直後なのはお約束。サービスシーンを兼ねていますから!(・∀・)

鉄のラインバレル #6

育ちすぎデス絵美たん。( ゚∀゚)=3
それはともかく浩一は不可抗力だったのに絵美に思いっきり殴り倒されておりました。しかたないね。

(※)繰り返し

実はここで再び救急搬送のシーンが流れたとき、笑いつつも、きっとミスリードでなにか事故の回想の続きが入るんだろうなと思っていたら、本当に殴られた治療を受けただけでした。
なんという過剰演出。なんというアバンタイトル詐欺。そして次への布石。


2. 荷物持ちで疲れた浩一が社長の新発明の椅子に座ってしまって空中へダイヴ!

(※)繰り返し

ここで自己修復機能の数値が微妙に減っていることに気付きました(笑)。
地味に細かい笑いを取るなぁ…。ダメージ蓄積ですよね分かります。


鉄のラインバレル #6

3. 「かくし芸の参考に」と社長に手渡されたビデオが絵美の部屋の盗撮だった。バレた。

(※)繰り返し

社長もいっしょに搬入されててフイタ。



鉄のラインバレル #6

シズナってば、かくし芸でも浩一と張り合うのな。(^^;
戦闘技術にプライドがあるのではなく、浩一との勝負事はとにかく何でも負けたくないってタイプですネ。シズナはそれだけ浩一を意識しているってことでしょうか。分かりやすくてイイ。

かくし芸の秘密特訓がバレたとき、「女の子は女の子らしく少しはオシャレしろ」と浩一にネクタイピンで横髪を止められて…。

鉄のラインバレル #6

なんですかこのちょっとイイ雰囲気のやり取りは。こんなの浩一じゃない!(><;


鉄のラインバレル #6
鉄のラインバレル #6

イズナwww その胸はwwwwwwwwww

こっちのほうが問題か。この子、男の子だよね…?
じゅうぶんありだと思いました。


森次の練習(笑)。もう2回目の描写を待たずに、これはツッコミの練習だと分かってしまいました。あの腕の振り、あの手の返しで、即予想がついたよ!
森次さんは精神統一していてカッコイイと思っていたのに…。そんな森次さんが好きだ。
結局そのままパーティにも参加せず夜まで延々と練習したのに、藁の木偶人形は切断できても突っ込みの極意は会得できなかった森次さんが好きだ。



今回のサービスシーン、ほかいろいろ。

鉄のラインバレル #6
鉄のラインバレル #6
鉄のラインバレル #6



そんな『ラインバレル』第6話も最後はきっちりと締めていました。

矢島の亡くなった夜の公園に花を手向けにきた浩一は、理沙子と会い、過去を後悔しつつも矢島の思いに応えていくことを決意。
理沙子は奇しくも矢島と同じ言葉を浩一にかけます。

理沙子 「いちばん大切なのは、いま浩一がどうしたいか、でしょ?」
理沙子 「いまさらじゃない。いまからでいい――」

あんな DQN とまで言われた少年が涙するなんてね。
浩一の目指す道は正しいほうへ着実に向かっているんじゃないかな。少しずつ成長しています。この先もまだまだいろいろありそうだけど。



鉄のラインバレル カテゴリの記事

鉄のラインバレル 第01話 「クロガネと少年」 感想
鉄のラインバレル 第02話 「疾走する正義」 感想
鉄のラインバレル 第03話 「蒼の戦慄」 感想
鉄のラインバレル 第04話 「正義の代償」 感想
鉄のラインバレル 第05話 「明日への道標」 感想
鉄のラインバレル 第06話 「明るい夜」 感想
鉄のラインバレル 第07話 「サイアクな放課後」 感想
鉄のラインバレル 第08話 「戯れの鬼たち」 感想
鉄のラインバレル 第09話 「ブラック・チェンバー」 感想
鉄のラインバレル 第10話 「OVER DRIVE」 感想
鉄のラインバレル 第11話 「SUPER NOVA」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ