2008
12
09

鉄のラインバレル 第5話 「明日への道標」 感想

鉄のラインバレル #5

"早瀬浩一の真の力"、ワロタ。
このノリがまさしく熱血少年マンガですよね。
鉄のラインバレル #5
鉄のラインバレル #5

今回はAパートは面白くて、Bパートは展開に魅入ってしまいました。



鉄のラインバレル #05 明日への道標

やはり正義の味方はピンチのときに駆けつけてこそありがたみが出るというものです。と思ってしまうのも仕方ありません。
ツンツンシズナの反応は良かった。浩一に助けられて、少しは浩一に対するシズナのツンツン振りも大人しくなるのでしょうか。無理ですね。


鉄のラインバレル #5

矢島の告別式。・゚・(ノД`)・゚・
これから浩一と矢島の本当の意味での友情がはじまったはずなのに、あんな別れになってしまったのは、浩一にも一視聴者としてもつらいです。

浩一は絵美にも冷たくあしらわれてダブルハートブレイク(´・ω・)
浩一のことを想って、また自らの罰として、嫌われ役を演じた絵美にちょっと胸キュン。


鉄のラインバレル #5

浩一はこの日、本当に生まれ変わったのではないでしょうか。
まさに DQN 思考の象徴のような立て札を、浩一が自分で壊すシーンが良かった。伏線回収の妙としても。


しかし、まあ、何ということでしょう。
ファクターとして完全に目覚めた浩一は、もう絵美のおっぱい体に触れなくてもラインバレルを呼ぶことが出来るようになってしまったのです!

鉄のラインバレル #5
鉄のラインバレル #5

浩一くん、トリプルハートブレ(ry


# チラシ寿司は社長の得意メニューだったのですか(笑)。



鉄のラインバレル カテゴリの記事

鉄のラインバレル 第01話 「クロガネと少年」 感想
鉄のラインバレル 第02話 「疾走する正義」 感想
鉄のラインバレル 第03話 「蒼の戦慄」 感想
鉄のラインバレル 第04話 「正義の代償」 感想
鉄のラインバレル 第05話 「明日への道標」 感想
鉄のラインバレル 第06話 「明るい夜」 感想
鉄のラインバレル 第07話 「サイアクな放課後」 感想
鉄のラインバレル 第08話 「戯れの鬼たち」 感想
鉄のラインバレル 第09話 「ブラック・チェンバー」 感想
鉄のラインバレル 第10話 「OVER DRIVE」 感想
鉄のラインバレル 第11話 「SUPER NOVA」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*「鉄のラインバレル」レビュー[ アニメレビュー トラックバックセンター ]
2008/12/10(Wed) 11:43

アニメ「鉄(くろがね)のラインバレル」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優): 早瀬浩一(柿原徹也)、城崎絵美(能登麻美子)、加藤久嵩(福山潤)、森次玲二(中村悠一)、山下サトル(沢城みゆき)、遠藤シズナ(植田佳奈)

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ