2015
08
09

六花の勇者 第6話 「罠と潰走」 感想

六花の勇者 #06 チャモ

地上最強の男の逃走劇と過去。

六花の勇者 #06

アドレットが偽者として疑われ、勇者たちに殺されそうになった窮地を何とか切り抜けた逃走劇の中、アドレットとフレミーの距離がまた少し近付いたお話。
展開としては遅いようにも感じるのだけど、じっくりとサスペンスを演ってるなぁと思う。とりあえずナッシェタニアがアヤシイと思いますが、7人目の敵はまだ判明してません。追い詰められる主人公が勇者たちの追撃をかわしながら偽者を特定しなければならない緊迫感が面白い。状況は不利だけど、アドレットの頭脳の見せどころで、フレミーが協力してくれそうな雰囲気? あとアヤシイと思いながら見てるナッシェタニアの言動がますます怪しく見えてくる(^^;


六花の勇者 #06 アドレット

主人公で地上最強の男がフレミーを人質にして逃げた(笑)。ま、しかたない状況ではあったけどね。フレミーを傷付ける気はないし、使えるものは何でも利用するのがアドレットらしい。


六花の勇者 #06
六花の勇者 #06 アドレット

アドレットの過去。アドレットはどうやら大切なママや友だちを凶魔に殺されてすべてを失ってしまったようですね。そして凶魔を倒すために師事した師匠の最初の教えが「絶望にあっても笑える強さ」。意志の強さがチカラ、そしてピンチでも自分を見失わないある種の自己暗示みたいなものでしょうか。


六花の勇者 #06 フレミー

そんなアドレットにフレミーが興味を持った? フレミーの仲間フラグとラヴコメの匂い。ナッシェタニアよりもフレミーのほうがヒロインっぽい。



六花の勇者 カテゴリの記事
六花の勇者 第03話 「六花殺しの少女」 感想
六花の勇者 第04話 「勇者集結」 感想
六花の勇者 第05話 「七人目の勇者」 感想
六花の勇者 第06話 「罠と潰走」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*六花の勇者 6話「罠と潰走」感想[ 自己満足 ]
2015/08/10(Mon) 02:10

OPは一緒だが映像が変更。おい完全に六花同士の戦いになってるぞ。 前回の件で完全に疑われたアドレット。アドレットは自分が犯人でないと証明するために神殿に穴を掘って侵入した、元々神殿に入ってて自分がドアを開けた隙に脱出した、封印の聖者がグルだった等いろいろ推測を話すが全部論破されてしまう。モーラ一人がそう言うならともかく、ハンスまで含めてそう発言するためアドレット一人では明らかに不...

*六花の勇者 第六話「罠と潰走」[ パンがなければイナゴを食べればいいじゃない ]
2015/08/13(Thu) 20:56

評価 ★★★ 犯人はこの中に……いない!?               

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ