2015
08
07

乱歩奇譚 Game of Laplace 第6話 「地獄風景」 感想

乱歩奇譚 #06 コバヤシ

子猫と爆弾と変態たちが織り成す人生模様。

乱歩奇譚 #06

前回で重くなった話を一度緩めるようなコメディ回。猫騒ぎの次は爆弾騒ぎ。そして捨てられた赤ちゃんと過激派の立て篭もり事件まで起こって…。時限爆弾のタイムリミットが迫ってるのに、アケチたちが考える対応プランはどれも影男を爆死させて解決するものばかり(笑)。まるで緊張感がなく、影男がいいキャラで、爆弾は黒蜥蜴が仕組んだ自分の誕生日記念のサプライズというオチで、面白かった。

だけど影男や黒蜥蜴の描写を深めるほかにもいくつか布石やメッセージがあるような気がする。アケチが苦手な猫と一緒に暮らすことになってしまったのはコバヤシのせい、つまり誰かの影響で人は変わるということ。コバヤシは事件にしか興味がないけど、子猫に執着も愛着も示した。それは事件が終わっても変わらなかった。コバヤシは赤ちゃんのママには事件性も何もないと知ると興味を失ったのに。何かしらの理由があるのかないのかは分からないけど、コバヤシが外に目を向けるという意味でもまた少し変わったように思えます。

そして黒蜥蜴が仕掛けた時限爆弾だけではここまでドタバタ劇にはならなかったと思うのです。影男は爆弾を抱えながら DVD を鑑賞しようとする変人だったり、そもそもアケチ探偵事務所は変人の溜まり場だったり、子猫や赤ちゃんを託されたり、といろんな偶然が重なって、本来は地獄絵図のような状況がこんな(騒がしくて楽しい)ことになった。
その重なり合う人や偶然と必然の結果が変化となって続いていくのが人生ってことなんじゃないのかな。つまり前回のお話も、今回もコメディも、同じく人や人の世というものをいろんな視点で描き出している、そんなふうにも思った。

というか今週のコメディ回に無理やり理由付けしようとしたらこんなよく分からない解釈になった。



乱歩奇譚 #06

視界に入っても男の子を認識しない影男のロリコンっぷりと愛情に笑える。


乱歩奇譚 #06 コバヤシ

サボテンは育てやすさの例えだったと思うのですが、そのサボテンの花言葉は「枯れない愛」や「情熱」で、それを枯らせてしまうコバヤシくんの無関心っぷりがアレすぎます。…それとも無いと思うのだけど、水(情熱)を与えすぎて枯らせてしまったというコバヤシの心に眠る本質の話ではないよね。
1つはっきり言えることは、コバヤシきゅんはかわいいということです。



「乱歩奇譚」カテゴリの記事
乱歩奇譚 Game of Laplace 第03話 「影男」 感想
乱歩奇譚 Game of Laplace 第04話 「怪人二十面相」 感想
乱歩奇譚 Game of Laplace 第05話 「芋虫」 感想
乱歩奇譚 Game of Laplace 第06話 「地獄風景」 感想
乱歩奇譚 Game of Laplace 第07話 「パノラマ島綺譚 (前編)」 感想
乱歩奇譚 Game of Laplace 第08話 「パノラマ島綺譚 (後編)」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*【乱歩奇譚 Game of Laplace】 第6話『地獄風景』 キャプ付感想[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2015/08/07(Fri) 22:19

乱歩奇譚 Game of Laplace 第6話『地獄風景』 感想(画像付) ロリコン・影男、再登場!(笑) 閑話休題なエピソード。 たぶん全11話の真ん中なので最後の休息回ですかね?  

*1番小さな僕が/乱歩奇譚5話他2015/8/7感想[ Wisp-Blog ]
2015/08/08(Sat) 15:53

<記事内アンカー> アクエリオンロゴス 第6話「灯せ!己の強さ」 乱歩奇譚 Game of Laplace 第6話「地獄風景」  順延した「乱歩奇譚」「アクエリオンロゴス」感想の更新です。遅くなりました。おかげさまで体調も大分マシに。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ