2015
07
18

プリパラ 第54話 「あくまのミュージアムクマ!」 感想

プリパラ #54 あろま

らぁらたちが招待されたプリパラミュージアムは"呪いのミュージアム"…?

プリパラ #54

あろまがみんなをプリパラミュージアムへ集めてふわりゲット作戦を仕掛けたお話。ふわりのゲットには失敗したけど、あろまがメイキングドラマのヒントを掴んで自分たちのものにした…と転んでもただでは起きない出来る悪魔っ子を描くお話ではなく、いつもの狂気を含んだカオスなコメディでした。というかいつも以上に何かがおかしかった気もする(笑)。ま、久しぶりのアロマゲドンの担当と活躍回という目的は果たせた。そしてやはりあろまちゃんがかわいかった。自信たっぷりに策を弄するけれど怖がりで、みかんに抱きつくあろまちゃんがかわいい。



プリパラ #54 みれぃ

今回の呪いの糸はアイドルを応援するマスコットたちの純粋な気持ちだと明かされることになりましたが、プリパラが続く限りマスコットの墓場の呪いはついて回るのかもしれない(^^;
それはともかく、ミュージアムのオブジェ(背景美術)がちゃんと歴代作品のアイテムの博物館になってましたね。オーロラライジングの絵やディアマイフューチャーのプリズムアクトにストーンにグローブ、マスコットなどが見えてた。


プリパラ #54 ふわり

いきなりふわりがパランチュラの糸で機織をはじめる画がシュール…、だけどふわりらしい。そしてそれがあろまとふわりのメイキングドラマの対比をより浮き彫りにしてたと思う。
あろまは自分たちが経験して感じたものをメイキングドラマに取り入れた、だから輝いてた(たぶん)、でもプリンスさまが押し付けるゴージャスで華麗なイメージははたしてふわりのメイキングドラマになるのでしょうか?というような、ね。メイキングドラマは心の飛躍から生まれる、ならふわりも自分で経験して感動したものをふわりらしく表現するべきなんじゃないかな。それが観る者の心に響くドラマになるはず。そのあたりはプリンスさまの裏にある事情と合わせて話が進みそうなんだけど。



「プリパラ 2nd シーズン」カテゴリの記事
プリパラ 第51話 「プリンス様と不幸せの青い鳥」 感想
プリパラ 第52話 「ふわり舞う!初ライブトリ!」 感想
プリパラ 第53話 「み~んなプリパラ禁止命令」 感想
プリパラ 第54話 「あくまのミュージアムクマ!」 感想
プリパラ 第55話 「プリンスとヤギとデートと私」 感想
プリパラ 第56話 「走れ!サマドリグランプリ!」 感想
プリパラ 第57話 「ジーニアスって何パンダ?」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ