2015
07
12

六花の勇者 第2話 「初めての旅」 感想

六花の勇者 #02 ナッシェタニア

六花殺しと、<火薬>の聖者 フレミー。

六花の勇者 #02 ナッシェタニア
六花の勇者 #02
六花の勇者 #02 フレミー

さっくりと6人(7人)の勇者が集まる前に、キャラの登場と人物描写を進めていく感じですね。アドレットは正義感に似た地上最強への信念を持ってる男の子で、女の子に慣れていない。ナッシェタニアは世間知らずのお姫さま、そして過去にいろいろと苦難を経験し、でも強く前を向いてる子で、このはじめての旅とアドレットとの出逢いがホントに楽しいんだろうなと思った。そしてナッシェタニアは忠誠に厚く真面目なゴルドフをちょっと疎ましい男だと思ってるっぽい(^^;

六花の勇者として騎士のゴルドフ(CV: 内山昂輝さん)と、火薬使いで眼帯と白髪の少女、フレミー(CV: 悠木碧さん)が追加。
フレミーが"六花殺し"と言われているのは誤解か事情ありなのでしょうね。出逢い的にはアドレットと恋の関係になりそう。で、ナッシェタニアとのラヴコメ要員か。

思ったよりも地味めな第2話でしたが、これからさらにキャラが増えて話が動きそう。あとナッシェタニアのフトモモやお尻アングルがいい感じです。


六花の勇者 #02 ナッシェタニア
六花の勇者 #02
六花の勇者 #02 ナッシェタニア
六花の勇者 #02 ナッシェタニア



六花の勇者 カテゴリの記事
六花の勇者 第01話 「地上最強の男」 感想
六花の勇者 第02話 「初めての旅」 感想
六花の勇者 第03話 「六花殺しの少女」 感想
六花の勇者 第04話 「勇者集結」 感想
六花の勇者 第05話 「七人目の勇者」 感想
六花の勇者 第06話 「罠と潰走」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*六花の勇者 第2話[ ぷち丸くんの日常日記 ]
2015/07/13(Mon) 11:19

六花の紋章が浮かび上がったアドレット(CV:斉藤壮馬)とナッシェタニア(CV:日笠陽子)は、六花の勇者たちが集まるとされる魔哭領の入り口に向かいます。 途中、お休みタイムがあり、そこでアドレットはナッシェタニアの過去話を聞くことになります。 ピエナ王国も数年前には内乱があって、ナッシェタニアは実の父から命を狙われていたようです。 彼女の望みは、怯えながら眠らなくてはならない...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ