プチレディ #50

みんなの夢と未来のためにももなが選んだ選択。

ももなだって純粋ではなく負の感情を持ってる。それでも世界は楽しいことや嬉しいことがいっぱい、だから負の感情も受け入れる。誰もがそれを持ってて、決してなくならないことを思うと、倒したり消したりするのではなく、受け入れて、休ませるという気持ちが人の負の感情の塊であるビーストにはよかったかもね。普遍というか定番というか、幼女たちへのいいメッセージだった。そして最後までジュエルアローを撃つことなく、真っ直ぐな心でビーストと向き合ったももながももならしいと思った。たくさんの大切なものを知ったからビーストを受け入れて包み込み、同じく大切なみんなの未来を守るために自分の命を使ったももながヒロインしてたよ。


プチレディ #50
プチレディ #50
プチレディ #50

あとはラリマーのチカラが強すぎるとか、リリアンがあっさり復活したとか、ミウラとリリアンの CHU にキュンときた爆発しろ、かろんの中の人のプチ成長を見届けたとか、いろいろありました。
その中で、ももなとカイエンが自分たちの命を使って傷付いた人と世界をもとに戻して消えてしまった後、空から落ちてくるリボンと、それを見上げてももなの名前をつぶやくルビーが切なくてなかなかいい引きのシーンでした。



プチレディ #50

そして意外な展開となったCパートにびっくり。ももながいて、ももなが目覚めたのはおそらくアルトお兄ちゃんの結婚式の朝。これからももながルビーやカイエンと出逢う? これは夢? それともここまでが夢? 2周目? 別の世界?

たぶんどの世界かなんていうのは重要でなくて、ももなとカイエン、ルビーが絆を結び直す奇跡を起こして救われることになるのでしょうね。積み重ねた過去のエピソードの描写や伏線が使われることになる、いいお話になってるんじゃないかなぁと期待。



プチレディ #50



「レディ ジュエルペット」カテゴリの記事

レディ ジュエルペット 第46話 「ジョーカーは誰だ?」 感想
レディ ジュエルペット 第47話 「レディジョーカー」 感想
レディ ジュエルペット 第48話 「奪われたレディ」 感想
レディ ジュエルペット 第49話 「運命のジュエルアロー」 感想
レディ ジュエルペット 第50話 「世界を救うのはレディのたしなみ!」 感想
レディ ジュエルペット 第51話 「白いうさぎと赤いリボン」 感想
レディ ジュエルペット 第52話 「トップオブレディへ」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
  2. ももなの愛で、世界は、救われた。

    2015/03/18(Wed)  16:57-  #- [] [編集]

    みんなの夢と未来のためにももなが選んだ選択は、ただ、ビーストを倒すのではなく、ビーストの閉ざされた心を開いて、休ませるという気持ちが人の負の感情を癒し、封印した。
    最後は、ももなとカイエンの願いで、傷付いた人と世界をもとに戻した。
    ミウラと、ルーアの力で、リリアンを目覚め、ミウラとリリアンは、結ばれた。
    こうして、世界は、救われた。
    だが、最後の願いで、ももなとカイエンは、儚く、消えてしまった・・・。



Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ