2015
03
09

純潔のマリア 第9話 「CUM GRANO SALIS ―一つまみの塩を―」 感想

純潔のマリア #09

マリアの純潔の危機…!(゚∀゚;)

純潔のマリア #09
純潔のマリア #09

どこにでもいるのに言葉をくれない神はいないのと同じ。神はどこにいるのか。神はその存在を作り出す人間の心の中にいる。結局、人は神ではなく自分自身で自分を救うもの。など、いろいろと哲学論がありましたが、ベルナールの言動や演技を見てるだけでも面白かった。「この世界に必要なことはまずひとりで立ち上がること」と言うマリアの言葉がベルナールに衝撃を与えるのが痛快だった。最後にはベルナールが魔女マリアの足の甲にキスをして服従を見せるという驚き。その様子を敬虔深く真面目なジルベールが目撃して、マリアとベルナールはどうなる…?と面白い展開です。


純潔のマリア #09
純潔のマリア #09
純潔のマリア #09

いきなりマリアがしびれ薬を使われて襲われるというはじまりで、そのせいでマリアは魔法を使えなくなって異端審問のために囚われてしまいましたが、マリアの処女はまだ失われていないようですね。ガルファはマリアを憎んでいるはずなのに、言葉通りにジョセフのことを思い出したのかな。マリアがジョセフを変えて、それがまたつながってガルファを変える。人は出会い、ぶつかることで変わっていくもの。

マリアが暴行を受けたシーンにやたらと背景画が挟まってた。規制だったのか、作画が間に合ってなかったのでしょうか。


純潔のマリア #09
純潔のマリア #09

ビブも誰かのために一生懸命になれる子。友だちのマリアを助けるために大天使ミカエルと戦うビブがカッコよかった。来週はそんなビブの活躍と見せ場がくるかな。

それよりも次回は股間のもやもやを何とかしたいプリアポスがいったいどうなってナニをするのかが気になります。



純潔のマリア カテゴリの記事
純潔のマリア 第06話 「SUB ROSA ―薔薇の下で―」 感想
純潔のマリア 第07話 「BELLUM SE IPSUM ALET ―戦争は戦争を食う―」 感想
純潔のマリア 第08話 「LUPUS EST HOMO HOMINI ―人は、人にとって狼―」 感想
純潔のマリア 第09話 「CUM GRANO SALIS ―一つまみの塩を―」 感想
純潔のマリア 第10話 「ODI ET AMO ―我憎み、我愛す―」 感想
純潔のマリア 第11話 「SI VIS AMARI, AMA ―愛を望むなら愛せ―」 感想
純潔のマリア 第12話 「OMNIA VINCIT AMOR ―愛は、全てに勝つ―」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*【純潔のマリア】第9話『一つまみの塩を』 キャプ付感想[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2015/03/10(Tue) 23:00

純潔のマリア 第9話『一つまみの塩を』 感想(画像付) マリアの純潔の危機! 魔法が弱まったマリアに問答をするベルナール。 神と信仰について、別の視点を見つけます…。 ビブはマリアを助けるためにミカエルと対決! マリアのこれまでの行動がまわりを変えていきますね~。  

*純潔のマリア 第9話 『一つまみの塩を』 ジョセフ、マリア救出に躊躇なし![ こいさんの放送中アニメの感想 ]
2015/03/15(Sun) 09:43

信仰云々で躊躇するかと思った。囚われのマリアを助けようと矢継ぎ早に指示を出し、自身はルメ伯に交渉へ。マリアは大事だけど、神と教会には逆らえないし…。なんてグズグズしたりしませんね。ナヨッとしてるけどやる時はやる男だった。 マリアの純血が!魔法が!!使い魔とエゼキエルが出払った隙を狙いガルファ襲来。痺れ薬で自由を奪われたマリア貞操のピンチ!でも間一髪でプリアポス戻ってきた。ところ...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ