アブソリュートデュオ #10

おっぱい視点で見る『アブソリュート デュオ』第10話の感想です。

アブソリュートデュオ #10
アブソリュートデュオ #10

透流たち学園の生徒は行方不明のみやびを残したまま帰らされました。みやびのことが心配なのに強がってる巴が切ない。いつも隣にいる人がいなくなるのは寂しいね。シャワーという閉鎖空間で泣いて心のうちを見せるのが定番でサービスです。おっぱいです。だが湯気には勝てなかった。


アブソリュートデュオ #10
アブソリュートデュオ #10
アブソリュートデュオ #10

透流は巴のおっぱいを押し付けられて訓練どころではありません。


アブソリュートデュオ #10
アブソリュートデュオ #10
アブソリュートデュオ #10
アブソリュートデュオ #10

リーリスとユリエのおっぱい当て対決。アピールとサービスと場を和ませることをいっぺんにするリーリスが策士で優しい。おっぱいもいいけどユリエちゃんのちっぱいがステキですね。羨ましいですね。


アブソリュートデュオ #10

悪夢を見て眠れない透流をぎゅっとしてあげるユリエちゃんが優しい。ちっぱい抱擁なんて最高じゃないですか! 透流は爆発してよい。


ちっぱい合法ロリ学園長は透流にレベル4への昇華の儀を託しました。薬ダメ、絶対。でもチカラは必要です。何のためにチカラを使うのか、強さとは何かというテーマと話かな。作品的には"魂を極めた先にある対の領域"、「アブソリュートデュオ」を含めて何となく見えてる感じですが。
そういえば第1話の冒頭のシーンにいつつながるのかな。


アブソリュートデュオ #10

レインカンファレンスのメンバーの中で、エクイプメントスミスとディアボリカブレイズは同じアブソリュートデュオを目指しながらそれぞれのやり方の違いで利用も対立もしているのですね。メンバーが二つ名を呼び合うのが実に中二びょ…もといファンタジー。


学園長にとっても戦いの場こそが目指すアブソリュートデュオへの道。ということで学園の生徒たちとリベールスのキリングゲームのはじまり。


アブソリュートデュオ #10
アブソリュートデュオ #10
アブソリュートデュオ #10
アブソリュートデュオ #10
アブソリュートデュオ #10
アブソリュートデュオ #10
アブソリュートデュオ #10

ここでおっぱいちゃんが登場です。弱い自分に自信がなくて、みんなに置いてかれるのが不安で、透流と並びたい、透流に振り向いてほしい、そんな心を利用されてしまったみやびちゃんですが、「わたしを見て」と衣装を破りながら変身(ユニットを装着)するあたり、みやびちゃんは自分の身体とおっぱいには自信があるようです。曲解ですが正解です。かわいいみやびちゃんのおっぱいが最強です。アブソリュートおっぱい。



関連する記事
アブソリュート デュオ エンドカード

アブソリュート デュオ カテゴリの記事
アブソリュート デュオ 第06話 「生存闘争/サバイヴ」 感想
アブソリュート デュオ 第07話 「銀色の髪 黄金色の髪/シルバーブロンド イエロートパーズ」 感想
アブソリュート デュオ 第08話 「品評会/セレクション」 感想
アブソリュート デュオ 第09話 「神滅部隊/リベールス」 感想
アブソリュート デュオ 第10話 「七芒夜会/レイン カンファレンス」 感想
アブソリュート デュオ 第11話 「殺破遊戯/キリングゲーム」 感想
アブソリュート デュオ 第12話 「絶対双刃/アブソリュート デュオ」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ