2015
01
14

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH 感想

蒼穹のファフナー 劇場版 HAE

2015年冬季にはじまった『蒼穹のファフナー』第2期が劇場版の続編ということらしいので、『HEAVEN AND EARTH』を観てみました。

蒼穹のファフナー 劇場版 HAE
蒼穹のファフナー 劇場版 HAE
蒼穹のファフナー 劇場版 HAE
蒼穹のファフナー 劇場版 HAE
蒼穹のファフナー 劇場版 HAE
蒼穹のファフナー 劇場版 HAE
蒼穹のファフナー 劇場版 HAE
蒼穹のファフナー 劇場版 HAE
蒼穹のファフナー 劇場版 HAE
蒼穹のファフナー 劇場版 HAE
蒼穹のファフナー 劇場版 HAE

前作の『蒼穹のファフナー』から 2年後、人の姿と意思を持ったフェストゥム、来主 操の出現と、島の存亡を賭けた戦い、そして総士の帰還のお話。

熱さと感動のいい物語でした。子供もオトナも頑張って島を守る。帰るべき場所のために人は戦う、人は選び続けて生きるものというテーマを感じた。"人"や"生きること"はこの『ファフナー』のテーマだと思いますが、ほかに、人は痛みを背負ってなお生きることができる強さを持っているというメッセージを感じた。

フェストゥムが痛みと涙を覚え、その感情を目にした芹がフェストゥムの墓を立てたのが印象的です。フェストゥムが仲間をかばい、自己犠牲を覚えたのも今後につながりそう。

竜宮島と操たちのミールとの戦いが終わるとき、「空がキレイだ」という操の言葉の通りに島に光が差してくるのが良かった、…というところで人類軍の非道な攻撃がまた(汗)。そこから最後までの戦いと対話の展開も良かったです。

美羽を必死に守ろうとして真壁司令に銃を向けた弓子はお母さんでした。
"おはなし"でフェストゥムと対話ができる美羽が生き残るための希望だった、その意味で本当に道生は道を作ったんだなぁと感慨深い。美羽はロリかわいい。


ファフナーとフェストゥムの空中戦が映像的にスピード感や迫力があって素晴らしかった。第2期でもいいバトルシーンを見せてくれそう。


蒼穹のファフナー 劇場版 HAE

総士が一騎のもとに帰ってこれてよかったですね。
芹が「お別れ」と言ってたから、乙姫ちゃんは生まれ変わったということなのかな…。


蒼穹のファフナー 劇場版 HAE

戦いはまだ続く…という終わり方でしたが、果たして『蒼穹のファフナー EXODUS』で物語と戦いに決着が付けられるのか、人類の運命はどうなるのか。楽しみに観ていきます。



関連する記事
蒼穹のファフナー 感想
蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT 感想
蒼穹のファフナー EXODUS 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ