2008
11
18

ef - a tale of memories. 第3話~第12話 感想

ef - a tale of memories. #03

前回の記事を書いてから数日で(2008年10月に)見終わっているので、『ef』の続きの残りの感想も書いてみようと思います。

[アニメ] ef - a tale of memories. #03~#12(最終話)

紘とみやこと景、蓮治と千尋の2つの恋愛物語。
人物関係が裏でつながっているので途中から2つのシナリオが混じるのかなぁと何となく思っていたけれど、最後まで2本立てでした。


ef - a tale of memories. #09

どちらかといえば千尋側の物語のほうが好き。全12話構成の最初とラストに蓮治と千尋のエピソードを持ってきてたので、いちおうこっちがメインなのかな。
"記憶障害"がかなり大きな要素なので、お話がいったいどう展開されていくのか毎回気になっていたし、キャラとして個人的に千尋が好きでした。千尋は眼帯キャラでわたしがはじめていいなと思えた子かもしれず。


ef - a tale of memories. #04
ef - a tale of memories. #11

千尋、可愛いかったよね。(*´д`*)
実際リアルで蓮治の立場に立つとそればかりも言ってられないと思うけど、ま、アニメですし(汗)。

CAST も良かった。千尋の声(CV)はか細いというか、震えてるというか、いつでも不安な様子が声だけで分かるというか。抑揚も独特なのに変だとは思いませんでした。あれは演技のはずなので、やっぱり上手いんだと思います。
千尋の声優は やなせなつみ さんです。調べてみると『恋姫†無双』にも出ているみたいだけど(=陸遜)、そっちを先に観たのでどうにも…。今後にちょっと覚えておくことにしました。


みやこのほうの物語も面白かったですよ。
いちばん印象に残ったのは狂気のメールのシーン。あえて分類するところの"ヤンデレ"ってやつですか。詳しくないので間違っていても許してね(;´ρ`)人
このときの演出もシャフトらしいなと思いました。

とゆーかシャフト作品をいくつか観ていると、それっぽい演出はみなシャフトっぽいなんてつい言ってしまいそうで何だか、ね。はは(^^;


演出と言えば、ラスト第12話のオープニング。わたしは気に入った OP/ED は飛ばさず見るほうなのですぐに気付きました。
OP の歌詞が日本語ヴァージョンになったというのでなく、映像のほうデス。黒いシルエットの女の子が流れてきて、ぱあっと霧散するところ。
物語の中で決着がついて、居場所を見つけたというか救われたというのか、ともかく少女が消えてしまう前に同じく黒い影(相手の男の子?)が出てきて、女の子を抱きかかえたままそのまま流れていくのです。
正確に言えば第12話のオープニングではまだ物語が完結してないのだけど、女の子全員でそうなってました。
あれ? OP で OP 曲が流れたよね? うろ覚えだ…。あれ、その意味だとみやこのほうはもしかしたら話が決着した第10話か第11話ですでにそうなってたかも? うろ覚えだ…(汗)。

OP テーマの「euphoric field」はイイ曲です。
ちなみに見る前から各話サブタイトルの頭文字が e、u、p、h、... と続くことをどこかで知ってしまったのだけど、あれ? じゃあ d はどこに?と思っていたら、第12話のエピローグ部分のサブタイトルが d ではじまってました。(;´ー`)


とにかく全篇で面白かったです。当時リアルタイムで見とけばよかったなぁ、と思いました。
そしてこの記事を書いて何かすっきりしたので、そろそろ第2期の『melodies』のほうをのんびり見ていこうかなと思います。

…だらだらと拙い文章だけやたら長くなってしまいました。
ここまで全部読んでくださった人には、ありがとうございました。と伝えたいです。



ブログ内の関連記事

ef - a tale of memories. 第01話~第02話 感想
ef - a tale of memories. 第03話~第12話 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ