--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014
09
28

魔法科高校の劣等生 第26話 「横浜騒乱編 VIII」(最終回) 感想

魔法科高校の劣等生 #26

お兄さまの戦いと俺 TUEEE はまだこれからだ。『魔法科高校の劣等生』最終話です。

魔法科高校の劣等生 #26

マテリアルバースト。相手は消滅する。…お兄さまが強すぎます(^^; 再生魔法に代償があっても現実に達也は難なく使ってるのだから、とにかくお兄さま SUGEEE! としか。死んでも生き返るムーヴァルスーツの黒い戦隊はやっぱりどう見ても悪役だとしか。マヘーシュヴァラはヒンドゥー教におけるシヴァ神だって。あぁなるほど、"シヴァ達也"だったのか、と。
この戦いで達也は兵器としての魔法の絶対的な優位と強さを世界に証明し、新たな歴史を拓くことになったのだけど、とにかくお兄さまは TUEEE という印象が残りました。



魔法科高校の劣等生 #26 真由美

いろいろとバトルが繰り広げられましたが、遠距離+呼吸器を利用してルーガンフーを倒した真由美がカッコ良かった。この強さはきっと達也の隣に並び立つためにも必要なことなんだ。真由美ちゃん可愛い。頑張って。


魔法科高校の劣等生 #26

真夜の微笑みは支配者としての貫禄と余裕なのか優しさなのか。四葉家との因縁と和解はまだ先が長そうで、どうなるのやら。


魔法科高校の劣等生 #26
魔法科高校の劣等生 #26

1つ言えることは守るべき深雪がいる限り達也は戦い続ける。達也がいる限り深雪はともに前へ進める。達也と深雪、ふたりの物語『魔法科高校の劣等生』は真の平穏を手に入れるまで終わらない。お兄さまの俺 TUEEE は続くということですね。
深雪の笑顔が可愛い。深雪を見守る達也の表情が優しい。つまりお兄さまの強さは深雪の愛と可愛さに支えられていると言ってもいいのかもしれない。

何だかんだと楽しめて、真由美の活躍をもっと観たいので、続く第2期を待ってます。



魔法科高校の劣等生 カテゴリの記事
魔法科高校の劣等生 第20話 「横浜騒乱編 II」 感想
魔法科高校の劣等生 第21話 「横浜騒乱編 III」 感想
魔法科高校の劣等生 第22話 「横浜騒乱編 IV」 感想
魔法科高校の劣等生 第23話 「横浜騒乱編 V」 感想
魔法科高校の劣等生 第24話 「横浜騒乱編 VI」 感想
魔法科高校の劣等生 第25話 「横浜騒乱編 VII」 感想
魔法科高校の劣等生 第26話 「横浜騒乱編 VIII」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*魔法科高校の劣等生 第26話 「横浜騒乱編Ⅷ」 感想[ wendyの旅路 ]
2014/09/28(Sun) 18:52

全ては大切な妹のために―

*「魔法科高校の劣等生」最終話で感じたお兄様の悲劇性[ 失われた何か  ]
2014/09/28(Sun) 18:59

「魔法科高校の劣等生」の26話(最終話)を見て感じたのは, 司波達也というキャラクターにつきまとう悲劇性だった。 このことを感じたのは、美雪と学校の仲間達が 達也の分解と再成の能力について話すシーンだった。 「その需要は計り知れない。その能力を使えば何千何万という人の命を救うことができる」 お兄様、司波達也が圧倒的強さで敵を屠ろうとも その一方で、仲間達で...

*魔法科高校の劣等生 #26 「横浜騒乱編 VIII」 <終>[ ゆる本 blog ]
2014/09/28(Sun) 19:09

大人、もう少し頑張れよ・・・ 「魔法科高校の劣等生」の最終話。 達也開発のスーツで上空から制圧する軍、そしてやられても達也が復元し ゾンビのごとく(笑)工作員部隊を押し返す。 達也がすでに神かガンダムか?ww 中華街へ逃げ込んだ工作員を追ってきた将輝にあっさりと門を開き拘束した 工作員達を差し出す周。 達也によって復元されたことが受け入れきれてない武明と啓。 「治...

*魔法科高校の劣等生 第26話[ アニメなので ]
2014/09/28(Sun) 19:21

魔法科高校の劣等生第26話です。 お兄様もいよいよ最終回。

*魔法科高校の劣等生 第26話「横浜騒乱編 VIII」キャプ付感想[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2014/09/28(Sun) 21:55

お兄さまの魔法はマジ戦略級だった…。  衛星リンクで超長距離も殲滅とか極悪すぎますよw    独立魔装大隊が組織した達也たち飛行兵部隊により、テロリスト の部隊は次々と殲滅。 さらに「分解」と「再成」という己の能力を存分に使って戦う達也の姿に、 敵兵の間には激しい動揺が走る。 同じころ、深雪たちは達也の助けによって全員無事にヘリに乗り込んでいた。 そのまま横浜を脱出し...

*魔法科高校の劣等生 TokyoMX(9/27)#26終[ ぬる~くまったりと ]
2014/09/29(Mon) 08:23

最終回 Episode 26 横浜争乱編VIII 魔法協会を攻める大亜連合の一部隊。柳率いるムーバルスーツ隊が防衛。しかし倒されて逆に制圧される。達也がムーバルスーツ隊を再生して逆に制圧する。 達也の分解魔法の凄さにマヘンシュバラと呟かれる。沖縄の悪魔が関与しているのか。揚陸艇で大亜連合の指揮者が次々に部隊の壊滅を報告される。 十文字克人は魔法協会支部員と敵の攻撃を弾き返していた。逆に敵を追...

*魔法科高校の劣等生 #26[ 日々の記録 ]
2014/09/29(Mon) 18:38

無敵のお兄様の活躍も、今回でひとまず最終回です。(^^;大亜連合と達也たちの戦いが続いています。圧倒的な戦力を大亜連合は投入してきましたが、それは達也をはじめとする

*魔法科高校の劣等生 第26話「横浜騒乱編 8」[ ボヘミアンな京都住まい ]
2014/09/29(Mon) 18:52

‘E=mc²’を応用した物質をエネルギーに分解する戦略級魔法“質量爆散(マテリアル・バースト)”以外はとても杜撰な作りの残念な最終話でした。それを象徴するのが1発めのシーン・・・ それぞれ別行動をとっていた克人と将輝が海上に起こった現象を眺めてる分には偶然で片付けられるでしょう。ですが、海岸で深雪と真由美たちが揃って眺めてるカットは勝手に入れちゃダメでしょう?(呆) 原作にそんな描写は一言た...

*魔法科高校の劣等生 第26話「横浜騒乱編Ⅷ」[ WONDER TIME ]
2014/09/29(Mon) 21:22

「マテリアルバースト、発動します」 サード・アイを手にした達也が 艦隊を相手にその強さを見せつける! 横浜騒乱編終了、最終回!    【最終話 あらすじ】 独立魔装大隊が組織した達也たち飛行兵部隊により、テロリストの部隊は次々と殲滅。さらに「分解」と「再成」という己の能力を存分に使って戦う達也の姿に、敵兵の間には激しい動揺が走る。同じころ、深雪たちは達也の助けによって全員無事に...

*魔法科高校の劣等生 Episode 26 「横浜騒乱編VIII」[ 北十字星 Northern Cross ]
2014/09/29(Mon) 21:49

【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 横浜騒乱編 2(完全生産限定版)(オリジナルステッカーver.2付) [Blu-ray](2015/03/25)不明商品詳細を見る 司波達也の魔力で瀕死の兵士も ゾンビのように立ち上がり闘い続ける。 これぞ、究極の変死かも知れない。 殺してもたちあがることが、敵の士気を削ぐ。 こんなものはどんな...

*【アニメ感想】魔法科高校の劣等生[ R.U.K.A.R.I.R.I ]
2014/10/05(Sun) 01:02

かつて「超能力」と呼ばれていた先天的に備わる能力が「魔法」という名前で体系化され、 強力な魔法技能師は国の力と見なされるようになった。 20年続いた第三次世界大戦が終結してから35年が経つ西暦2095年、魔法技能師養成のための国策高等学校の一つ、 国立魔法大学付属第一高校に、エリートとして将来を約束された「ブルーム(花冠)」の妹と、 その補欠である「ウィード(雑草)」の兄が入学し...

*劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女を見て来ました。さすがです、お兄様[ カミタク・ブログ ]
2017/07/01(Sat) 13:27

 当日記記事は、【mixi】劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女を見て来まし

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。