2014
09
09

ハナヤマタ 第10話 「オンセン ガッシュク」 感想

ハナヤマタ #10

温泉で合宿回。みんなと一緒ならもっと楽しく、さらに大きく鮮やかな花が咲く。

ハナヤマタ #10
ハナヤマタ #10
ハナヤマタ #10
ハナヤマタ #10

花彩よさこい祭に向けてみんなで合宿。部に入ったばかりの真智はみんなに追いつこうと必死で厳しくなり、周りとちょっとすれ違いになってしまったけれど、みんなで一緒に楽しみたいという想いはみんな同じ、みんなの心が1つに、さらに大きな輪になっていくお話が面白かった。青春と友情が熱くて心がほっこりした。


ハナヤマタ #10

気まずい雰囲気を和らげる多美がさすがの癒しポジションでしたが、先生らしくもコーチらしくもないけれどお姉ちゃんとして真智のことを分かっているサリー先生がみんなの気持ちをつなげるいい仕事をしましたね。


ハナヤマタ #10
ハナヤマタ #10
ハナヤマタ #10

教材用としてダンスを撮影するサリー先生がローアングルを狙ったり、台詞がまるでオヤジだったりでしたが、その趣味と目線だけはよく分かる。踊るムチムチのフトモモと揺れる制服のミニスカとか最高やねん。



ハナヤマタ #10
ハナヤマタ #10
ハナヤマタ #10

ちょっとプライドが高いけれど努力家で熱くて、けっこう乙女な真智が可愛い。真智がみんなと打ち解けることが出来て良かった。そしてツンデレが増えた。


しかしやはりヤヤちゃんが可愛いのだ。

ハナヤマタ #10

部屋で丸まった姿勢で曲のアレンジをするヤヤちゃんがエロかわいすぎんよー(*´д`*)ハァハァ

ハナヤマタ #10
ハナヤマタ #10
ハナヤマタ #10

ヤヤの仕草や表情が全部可愛い。面倒見が良いツンデレヤヤが可愛いわぁ。



ハナヤマタ #10
ハナヤマタ #10
ハナヤマタ #10

温泉宿で合宿ということでお風呂シーンもありました。多美のおムネに飛び込みたい。なるちゃんのフトモモに悪戯したい。なるちゃんの喘ぎがいつも何だかエロくて心がぴょんぴょんしてくるのです。



ハナヤマタ #10

さて、花彩よさこい祭の締め切りの問題は勝店長のおかげで何とかなったけれど、次はどうやらハナの帰国の話になりそうな予感。
ハナがこのまま日本に残るのか、それとも別れても想い出と笑顔の花はいつまでもみんなの心に残るのか。試練を迎えたなるたちの友情はどうなる。



ハナヤマタ カテゴリの記事
ハナヤマタ 第06話 「トライ トライ トライ」 感想
ハナヤマタ 第07話 「ガール アイデンティティー」 感想
ハナヤマタ 第08話 「ミッション イベント」 感想
ハナヤマタ 第09話 「シスター コンプレックス」 感想
ハナヤマタ 第10話 「オンセン ガッシュク」 感想
ハナヤマタ 第11話 「スマイル イズ フラワー」 感想
ハナヤマタ 第12話 「ハナヤマタ」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*ハナヤマタ テレ東(9/08)#10[ ぬる~くまったりと ]
2014/09/09(Tue) 18:59

10組目 オンセン・ガッシュク 公式サイトからマチの入部で5人になった由比浜学園中学よさこい部は、花彩よさこい祭に備えて箱根で温泉合宿をすることに。はしゃぐハナ達とは対照的に、入部からまだ日の浅いマチは、遅れを取り戻そうとハードな練習を強要してしまい…?よさこい部の合宿は楽しいだけでは終わらない!? 屋上まで順番を争う3人と一人。勝ったらハナは足袋が欲しい。屋上に常盤真智と多美が待っていた。...

*ハナヤマタ 第10話「オンセン・ガッシュク」 キャプ付感想[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2014/09/09(Tue) 19:23

10話目でやっと温泉回! 次回は水着回とラストスパートかけて来ました(笑)  マチ会長もついに、よさこい部に加入♪     マチの入部で5人になった由比浜学園中学よさこい部は、 花彩よさこい祭に備えて箱根で温泉合宿をすることに。 はしゃぐハナ達とは対照的に、入部からまだ日の浅いマチは、 遅れを取り戻そうとハードな練習を強要してしまい…? よさこい部の合宿は楽しいだけでは...

*ハナヤマタ 第10話 「オンセン・ガッシュク」 感想[ wendyの旅路 ]
2014/09/09(Tue) 20:35

向日葵のように、真っ直ぐに―

*ハナヤマタ #10 「オンセン ガッシュク」[ 戯れ言ちゃんねる ]
2014/09/09(Tue) 21:47

== 本当の仲間へ ==  どうも、管理人です。いい加減、症状がかなり洒落にならなくなってきたので、内服薬的な対策法を検討中。これ仕事中だったらまじでやばいし。 === マチ:「……マチでいいわよ」 ===  今回の話は、本番に向けた練習合宿の話。そういえば、もしかすると前にカットされた部分もここでぶっこんできた系? 今ちょっと、原作が1冊分行方不明になっていて、確かめられ...

*ハナヤマタ #10 「オンセン・ガッシュク」[ ゆる本 blog ]
2014/09/10(Wed) 02:15

ブルジョワがいると合宿ネタはやりやすい(「けいおん!(AA)」参考)、 というわけでの温泉回です。「ハナヤマタ」の10組目。 姉のサリー先生との確執も解消して生徒会長の真智がよさこい部に入部。 権力を手中にして喜ぶハナだが真智は根っからの真面目で部を仕切る。 目標である「花彩よさこい祭」までの三週間で踊りの完成度向上を目標に掲げる。 ここで手を挙げた多美は自分の家が来客用に部屋...

*すごく楽しそうだったから/ハナヤマタ10話他2014/9/10感想[ Wisp-Blog ]
2014/09/10(Wed) 22:11

<記事内アンカー> ハナヤマタ 第10話「オンセン・ガッシュク」 漫画感想(「十 ~忍法魔界転生~」5巻)  炊飯器が無事到着!喜び勇んで明日の弁当用に準備をしようとして米びつをぶち撒ける。あばばば。中に入ってる米が残り少なくて良かった……いやちゃんと拾いましたよ、米を粗末にすると目が潰れるんだぞ畜生。

*ハナヤマタ 第10話「オンセン・ガッシュク」[ 明善的な見方 ]
2014/09/10(Wed) 23:54

ハナヤマタ (5) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)『すごく・・・楽しそうだったから』 原作:浜弓場双 監督:いしづかあつこ シリーズ構成:吉田玲子 アニメーション制作:マッドハウス 関谷なる:上田麗奈  ハナ・N・フォンテーンスタンド:田中美海 笹目ヤヤ:奥野香耶  西御門多美:大坪由佳  常盤真智:沼倉愛美

*ハナヤマタ 第10話 「オンセン・ガッシュク」 感想[ キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記 ]
2014/09/11(Thu) 15:35

真智ちゃん。入部します。 ……え? えええええっ! 何の伏線もなしに? って思ったけど一応それらしききっかけは一杯あったようですね。 なによりタミがいるから…あ、イエナンデモナイデス ハナヤマタ1 [初回生産限定盤][Blu-ray](2014/09/26)上田麗奈、田中美海 他商品詳細を見る

*ハナヤマタ #10[ 日々の記録 ]
2014/09/12(Fri) 22:19

生徒会長の真智がよさこい部に入部しました。そして花彩祭りのために、よさこい部の合宿が行われることになるのでした。なるたちが屋上へ行くと、そこには生徒会長がいまし

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ