あかね色 #6

綾小路華恋のリヴェンジも兼ねて、皆で生徒会旅行で温泉へ。
パーティやらリゾートやらはお金持ちお嬢様がいると舞台を整えやすいね。超豪華なホテルや貸し切りについてはお約束なのでとくに感想はありません。

あかね色に染まる坂 #06 「山吹色のモンターニュ」

あかね色に染まる坂 #06

準一が今度は妹の浴衣姿に見惚れてた。

ここまでくると逆に伏線でも何でもないような気もしてきました。湊は優姫のツンデレ台詞を引き出すための小道具でしかないのかも…。泥沼化は希望でしかないのかな?(´・ω・)
それにしてもコレって地味にハーレムアニメなのですね。華恋も初登場時から準一に気があるような描写がされてますし。


一行はスペシャルスポットの天然混浴露店風呂へ。

ここでの準一の反応が賢者ぶっていてちょっと萎えました。
アニメではこうゆうとき2パターンあるけれど、建前にせよ、なぜ遠慮するのですか。空気読んで!
このアニメは"男が自重する"ほうのパターンなのですね…。というか、混浴に反対したのは男の準一だけで、女の子のほうは全員その気とか、いったいどういうシチュエーションでどんなハーレムなのですか…っ。(><;


突然クマが出て、湊がサバイバル術を再び発揮。湊は唸り声を聞いてクマの種類を即判別、地面に耳を当てて足音で位置を捕捉、とかやってのけました。スゴイ。
前から思ってましたが、この妹のパーフェクト振りは今後のシナリオに関係してくるのか、それとも単にキャラ設定の差別化なのかな。

あかね色に染まる坂 #06 長瀬湊

このあとクマ親子とも仲良く温泉に。子熊がかわええ。


そして岩の向こうで女性陣だけのニヤニヤタイム (VOICE ONLY) がはじまりました(*´д`*) お色気系のアニメはやっぱりこうでなくっちゃ。
準一が脳内ガイアの囁きにより真実の目を開眼、真理を悟って岩の向こうへ突撃していきました。そしたら女の子はいませんでした。お約束ですね。



あかね色に染まる坂 #06 綾小路華恋

前話がフェイントで、今回こそが華恋回でした。
華恋が可哀想な子じゃなくて、おとぼけ高飛車プチツンデレな様子がけっこう出ていたと思います。華恋がちょっと可愛い。むしろ応援したい。



カテゴリ内の記事

あかね色に染まる坂 第01話 「あかね色のファーストキッス」 ニコニコ生放送版 感想
あかね色に染まる坂 第02話 「あかね色のアプローチ」 感想
あかね色に染まる坂 第03話 「怪奇色のスクリーム」 感想
あかね色に染まる坂 第04話 「藍色のマッドパーティ」 感想
あかね色に染まる坂 第05話 「あかね色のファーストデート」 感想
あかね色に染まる坂 第06話 「山吹色のモンターニュ」 感想
あかね色に染まる坂 第07話 「鋼色のフェスティバル」 感想
あかね色に染まる坂 第08話 「黄昏色のデザイア」 感想
あかね色に染まる坂 第09話 「あかね色のバースディ」 感想
あかね色に染まる坂 第10話 「あかね色のコンフュージョン」 感想
あかね色に染まる坂 第11話 「あかね色のパズルメント」 感想
あかね色に染まる坂 第12話 「あかね色に染まる坂」(最終話) 感想
あかね色に染まる坂 総評

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ