2014
07
02

ソウルイーターノット! 第12話 「魂の共鳴!」(最終回) 感想

ソウルイーターノット #12

3人の友情と絆、スプリングバードアタック! 『ソウルイーターノット!』の最終話の感想です。

つぐみ、めめ、アーニャ、3人の絆と仲の良さを感じる、いい最終回でした。つぐみがめめとアーニャのふたりをパートナーに選んでくれて良かった、というか知ってた。3人一緒がいちばん強い! その通りですよね。
シャウラとのバトルはチカラ押しとご都合が見えて、作画もちょっとアレだったけど(^^;、バトル作品ではないし、つぐみたちの成長の結果と3人一緒の魂の共鳴が強いってことで納得できる。展開的には絆や成長を示す王道で良かったです。



ソウルイーターノット #12 アーニャ
ソウルイーターノット #12 アーニャ
ソウルイーターノット #12 アーニャ
ソウルイーターノット #12 アーニャ

アーニャのロイヤルミニスカとロイヤル白タイツがイイ!(*´д`*) ずっとロングのスカートを見てきたから破壊力があるね。


ソウルイーターノット #12
ソウルイーターノット #12

つぐみとめめの解毒剤チューきたー!


ソウルイーターノット #12

頭ダガーの人(笑)。第1話のコメディをここで持ってくるのが面白かった。そういえばエンドレスなんとかさんの生首が再登場しなかった。


ソウルイーターノット #12
ソウルイーターノット #12
ソウルイーターノット #12

魂の共鳴! かぼちゃイヴェントなど、これまでの日常での想いや成長の積み重ねが活きてくる流れでした。つらいことも楽しいことも、大切なものを忘れないと言っためめにグッときた。迷いがなくなってハルバードに刃ができたつぐみも良かった。その刃は大切なものをみんなと一緒に守るつぐみの想いと覚悟。


ソウルイーターノット #12 アーニャ
ソウルイーターノット #12
ソウルイーターノット #12
ソウルイーターノット #12

バトルではふたりで1つの武器を持つのが窮屈そうに見えた(^^; ま、絵的にそうする必要があるのでしょうけれど。今後はスピードとテクニックのアーニャ、パワーのめめで状況に応じて戦えると思う。というか3人一緒ならどんなことも乗り越えられるよ!でいいよね。



ソウルイーターノット #12

つぐみが髪を解いて伸ばしはじめたのは憧れたマカの真似をやめたから、それは自分の進む道と強さを見つけられたということなのでしょうね。見た目的にはつぐみはツインテールのほうが可愛いと思うのですが、これはこれで可愛い。
これからも3人でいつまでも仲良くイチャイチャし合ってください。



ソウルイーターノット #12

最後の最後でシド先生がゾンビとして墓の下から復活して笑った。コメディテイストの、そして本編へと続くいい締め方です(笑)。


『ソウルイーターノット!』は3人の女の子の出逢いと絆を結ぶ楽しい物語でした。作風のメインと言うべき彼女たちの百合百合んな日常がすごく楽しかった。コミカルに包みながら少女たちの成長が描けてました。つぐみもめめもアーニャもみんなそれぞれに個性があって可愛かった。ツンデレアーニャが好きでした。最終話でもつぐみのガガントスを聞けて満足です。
スタッフとキャストさま、良い作品をどうもありがとうございました!



関連する記事
ソウルイーターノット! アイキャッチ

ソウルイーターノット! カテゴリの記事
ソウルイーターノット! 第06話 「ここはリアルファイト!」 感想
ソウルイーターノット! 第07話 「デスバザー日和!」 感想
ソウルイーターノット! 第08話 「つぐみスパイラル!」 感想
ソウルイーターノット! 第09話 「カボチャ、グローウィン!」 感想
ソウルイーターノット! 第10話 「悪夢のはじまり!」 感想
ソウルイーターノット! 第11話 「それぞれの覚悟!」 感想
ソウルイーターノット! 第12話 「魂の共鳴!」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
  2. no title

    2014/07/09(Wed)  21:53sou-mk26  #- [] [編集]

    間違えてトラックバック2件も出しちゃいました,ハズカシー((ノд`*)っ))



  3. Re:

    2014/07/09(Wed)  22:05Chel  #uWMNODuI [] [編集]

    報告ありがとうございます。TB の誤送信や二重送信などはたまにありますので気になさらずに。二重になったほうは削除しておきますね。



Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*ソウルイーターノット! 第12話「魂の共鳴!」 感想[ 趣味人の宿部屋 ]
2014/07/02(Wed) 19:23

シャウラを発見できず防戦一方の死武専。茜、クレイ、マカ、ブラック☆スター、オックスたちにも徐々に疲労の色が広がる。一方、再会を果たしたつぐみ、めめ、アーニャ。3人の前に立ちはだかる最大の試練。シャウラの魔法が発動し混迷するデスシティで、つぐみの「守りたい!」という気持ちは奇跡を起こせるのか?そして傷ついたつぐみが出した、三角関係への答えは…? 脚本 : 橋本昌和 絵コンテ : タムラコ...

*ソウルイーターノット! 第12話「魂の共鳴」 キャプ付感想[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2014/07/02(Wed) 20:09

つぐみたちのトリオ復活! シャウラとの最終決戦の最終回。 シド先生のオチが…w   シャウラを発見できず防戦一方の死武専。 茜、クレイ、マカ、ブラック☆スター、オックスたちにも徐々に疲労の色が広がる。 一方、再会を果たしたつぐみ、めめ、アーニャ。 3人の前に立ちはだかる最大の試練。 シャウラの魔法が発動し混迷するデスシティで、つぐみの「守りたい!」と いう気持ちは奇...

*ソウルイーターノット! 第12話「魂の共鳴!」(最終回)[ のらりんすけっち ]
2014/07/02(Wed) 21:27

やっぱりトリオになりましたか。 まあ、それしかないもんね。 つぐみ、めめ、アーニャ、友情パワーで魔女を破る! スプリングバードアターック!!! 科学忍法火の鳥ならぬ科学忍法春鳥(違 シャウラはまさかノットに負けるとは思ってなかったでしょうね。 これまでの百合設定を活かしためめちゃん救出&戦闘シーン。 サービスカットも満載でした。 テレ東ずいぶん寛大になったなあ^^; ガ...

*ソウルイーターノット! テレ東(7/01)#12終[ ぬる~くまったりと ]
2014/07/03(Thu) 01:39

最終回 第12話 魂の共鳴 公式サイトからシャウラを発見できず防戦一方の死武専。茜、クレイ、マカ、ブラック☆スター、オックスたちにも徐々に疲労の色が広がる。一方、再会を果たしたつぐみ、めめ、アーニャ。3人の前に立ちはだかる最大の試練。シャウラの魔法が発動し混迷するデスシティで、つぐみの「守りたい!」という気持ちは奇跡を起こせるのか?そして傷ついたつぐみが出した、三角関係への答えは…? シャウ...

*ソウルイーターノット! #12[ 日々の記録 ]
2014/07/03(Thu) 18:44

「ソウルイーターノット」も、今回で最終回です!ようやくめめを探し出すことができたつぐみとアーニャでしたが、めめはシャウラの支配下にありました。シャウラはつぐみた

*ソウルイーターノット! 第12話「魂の共鳴!」感想[ かて日記-あにめな生活- ]
2014/07/06(Sun) 06:03

ソウルイーターノット! 第12話「魂の共鳴!」感想   全部見せます(最終回なので)

*殺伐だけどウキウキライフ !(ソウルイーターノット! 最終回 感想)[ 外部記憶ver.3.2 ]
2014/07/09(Wed) 21:48

ネタバレ注意 ソウルイーターノット! 12話 ソウルイーター本編ファンは提供まで見るべし な最終回 めめの説得、魔女との決戦、そして後日談と、最後の提供画像にネタを仕込むまでに密度の濃い大団円。お約束の展開とはいえ、最後の3人の成長っぷりを見ると感動する気持ちが抑えられなかった。 まあとりあえず、3人で魂の共鳴を行い、魔女を狩った3人を死武専はEATクラス...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ