2014
05
19

極黒のブリュンヒルデ 第7話 「希望のかけら」 感想

極黒のブリュンヒルデ #07

カズミが可愛くて、みんな可愛くて、この先が不安でコワイ。

極黒のブリュンヒルデ #07

カズミが可愛すぎた…。いまある生を精一杯生きて楽しもうとするカズミが、それは寧子たち魔法使いはみんな一緒なんだけど、今週はとくにカズミが可愛かったです。良太と一緒の秋葉原の買い物デートではしゃいで、メイド喫茶で良太にあ~んして、「生まれてきてからいちばん楽しいかも」と笑顔で言ったカズミにグッときた。泣きそう。スプーンをぱくつくときの良太の顔が見えなかったのだけど、きっと良太も照れよりもそんなカズミに思うところがあったんじゃないかな。


極黒のブリュンヒルデ #07
極黒のブリュンヒルデ #07
極黒のブリュンヒルデ #07
極黒のブリュンヒルデ #07

カズミは天文台の中は暑いからと際どい水着でアピールしたり、ノーブラで挑発したり(^^;、電車ではデートなのに本を読んでると良太に文句を言う、けれど薬のコピーが間に合わないと知ったときは外に出て独りで泣いたり…。かなりショックだったはずなのに、強がってみせるカズミが切なくて可愛い。カズミが乙女で健気で可愛い。エロいことして迫るカズミがちっぱいだから頑張ってる感が出ててさらに可愛いというのもあります。


極黒のブリュンヒルデ #07
極黒のブリュンヒルデ #07

ほかに寧子が良太を意識してて、良太もカラオケに遊びに行った寧子を心配してストーカーまがいのことまでしてて、青春とラヴコメだった。
みんな可愛い。だからこそこの先にカズミたちに何かが起こるのがコワイのですよね。本当に彼女たちはいつも死と隣り合わせで、いつ死んでもおかしくない状況とそういう作風だから……。


今週は薬は簡単にコピーできないという現実を突き付けられる中で、ラヴコメや青春が詰まった日常を積み上げつつ、手掛かりとなる端末から研究所の地図と「いますぐ魔女どもを殺せ。ならば真実を伝えよう」というメッセージが明かされたお話。毎回のことながらエロスとコメディとシナリオが渾然としながら1本の線になってるのが面白い。
そして思うことはこれから逃げ出してくる魔法使いたちではなく、いまここに生きている寧子やカズミたちを救うために良太は頑張って!ということです。というか良太はよくやってるのだけど。


極黒のブリュンヒルデ #07

そう、良太は家庭教師の教え子のロリっ子をハーレムに加えてもおかしくないほどに出来る男です。



極黒のブリュンヒルデ #07
極黒のブリュンヒルデ #07
極黒のブリュンヒルデ #07

みんなの水着姿も見れた。小鳥はおっぱい可愛い。寧子の嫉妬も可愛い。


極黒のブリュンヒルデ #07

「♪ねこさんだ~」の歌を歌われて恥ずかしくてプチ暴走した寧子が可愛かった。
寧子が突然「マラムケ」と口走ったときは笑った。何てことを言うの。状況を聞いてそれはカラオケだと冷静に対応する良太にも笑う。シュールコメディが実にいい味を出してるわぁ…。


九たちが生死を問わずに回収すると言う1107番は誰のことなのかな。



極黒のブリュンヒルデ カテゴリの記事
極黒のブリュンヒルデ 第04話 「失われた記憶」 感想
極黒のブリュンヒルデ 第05話 「天体観測」 感想
極黒のブリュンヒルデ 第06話 「微笑の理由」 感想
極黒のブリュンヒルデ 第07話 「希望のかけら」 感想
極黒のブリュンヒルデ 第08話 「残された手がかり」 感想
極黒のブリュンヒルデ 第09話 「模造の記憶」 感想
極黒のブリュンヒルデ 第10話 「生きている証」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*極黒のブリュンヒルデ 第7話「希望のかけら」 キャプ付感想[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2014/05/19(Mon) 11:52

希望から絶望へ…。 今回もコミカルとシリアスの落差が激しい回ですね(^^; 携帯端末の示した場所には何があるのか? 新しい謎が…。 1ヵ月分の鎮死剤しか無い村上は一縷の望みにかけて化学者の叔父・小五郎の元を訪れた。 鎮死剤のコピーを依頼するが通常半年から数年かかるという。 ただし有効成分が結晶性化合物であった場合1ヶ月で合成可能とのこと。 宇宙人の受精卵が入っていると...

*極黒のブリュンヒルデ TokyoMX(5/18)#07[ ぬる~くまったりと ]
2014/05/19(Mon) 12:05

第7話 希望のかけら 公式サイトから1ヵ月分の鎮死剤しか無い村上は一縷の望みにかけて化学者の叔父・小五郎の元を訪れた。鎮死剤のコピーを依頼するが通常半年から数年かかるという。ただし 有効成分が結晶性化合物であった場合1ヶ月で合成可能とのこと。宇宙人の受精卵が入っているという容器の中身の解析を 合わせて依頼し、村上は1日でわかるというコピー可否の結果を待つ…。 叔父の小五郎に薬のコピーを頼む。...

*極黒のブリュンヒルデ第7話「希望のかけら」レビュー・感想[ ヲタブロ ]
2014/05/19(Mon) 13:12

私、今日めちゃめちゃ楽しいわ生まれてきてから一番楽しいかもしれん残り一ヶ月分の鎮死剤。それがなければ死を余儀なくされる寧子たちのために叔父の科学者、小五郎を訪ねた良太 ...

*極黒のブリュンヒルデ 第7話「希望のかけら」 感想[ 趣味人の宿部屋 ]
2014/05/19(Mon) 19:05

1ヵ月分の鎮死剤しか無い村上は一縷の望みにかけて化学者の叔父・小五郎の元を訪れた。鎮死剤のコピーを依頼するが通常半年から数年かかるという。ただし有効成分が結晶性化合物であった場合1ヶ月で合成可能とのこと。宇宙人の受精卵が入っているという容器の中身の解析を合わせて依頼し、村上は1日でわかるというコピー可否の結果を待つ…。 小五郎の、魔法使いというより人体改造された超能力者という発...

*極黒のブリュンヒルデ 第7話 「希望のかけら」 感想[ アニメだけが救い ]
2014/05/19(Mon) 22:53

極黒のブリュンヒルデ 第7話 「希望のかけら」 の感想です。 小五郎に良太が望むこと1つは“鎮死剤”の複製。 もうひとつは“宇宙人の受精卵”を調べてもらう。

*極黒のブリュンヒルデ 第7話[ ぷち丸くんの日常日記 ]
2014/05/20(Tue) 16:22

良太(CV:逢坂良太)は、一縷の望みをかけて科学者である叔父・小五郎(CV:伊藤健太郎)を訪ねます。 寧子(CV:種田梨沙)に魔法を使ってもらって、小五郎の興味を惹くことに成功した良太。 小五郎は良太の話を聞いて、彼女たちは魔法使いではなく、改造された人間なのではないかと言っています。 良太は小五郎に「鎮死剤」のコピーを依頼しますが、通常は半年から数年かかると言われてしまい...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ