2014
04
05

蟲師 続章 第1話 「野末の宴」 感想

蟲師 続 #01

告知から以降、『蟲師 続章』がはじまるのを待ってた。

蟲師 続 #01

奥深いというか、胸に響くというか。余韻がいいなぁ。妖や異形のものとして見える蟲は生命そのものや現象、世の理。そこにありながら不確かなもの。その蟲を通して描かれるのはいつでも人や人の心なんだよね。考えさせられるお話ばかりで、それがとても面白い。


蟲師 続 #01
蟲師 続 #01
蟲師 続 #01
蟲師 続 #01
蟲師 続 #01

今週は父親の酒の味を求めて、受け継いだ酒蔵を守りたくて、光る酒の偽モノを作り上げてしまった禄助という蔵元のお話。蟲師たちの会合に迷い込んでギンコたちと出会ったことで、禄助はまた一からまっとうに父親の味の酒を造ろうと思い直すのですが、その後に禄助が酒造りがうまくいかないときに、残しておいた蟲が見える光酒(ニセモノ)を呑んでみるという締めも良かった。


蟲師 続 #01
蟲師 続 #01

見えない蟲が見える。それはどこか掴めるはずなのに掴めない、けれど頑張ればいつか到達できるんだと思える心のチカラになるんだと思った。あやふやで幻のようなものだけれど、蟲はいつでもそこにある自然の理。神秘的に広がっている世界の奥深さ。「酔っている間だけ見える」と分かっているからこその趣があると思う。このしっとりと胸に落ちてくる味わいがいい。


物語を静かに支える BGM が今期も素晴らしい。どこかノスタルジーを感じさせる雰囲気たっぷりで、お話が良くて、じんわりと味わえるものがある、そんな『蟲師』をまた楽しめるのが嬉しいです。



「蟲師」カテゴリの記事

蟲師 特別篇 「日蝕む翳」 感想
蟲師 続章 第01話 「野末の宴」 感想
蟲師 続章 第02話 「囀る貝」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*蟲師 続章 ToktoMX(4/04)#01新[ ぬる~くまったりと ]
2014/04/05(Sat) 17:35

第一話 野末の宴 公式サイトから地中深く流れる光──生命の素たる光酒。それが世の生命達に与える影響を知らずに扱った男がいた。他意なき故の危うさが何かを引き起こす前に、蟲師が追う。 隣町からの帰り道、道に迷った父が山で光を発見した。それは宴だった、密かに参加して光る酒を飲ませてもらった。それは美味だったと息子の禄助は聞いた。 倒れて伏せっている父親に酒を持って帰る禄助。今年の酒の出来は良い。子...

*蟲師 続章 第1話「野末の宴」[ WONDER TIME ]
2014/04/05(Sat) 20:09

「光る酒、それじゃ これは父さんの言ってた――」 父親から光る酒の話を聞いた禄助 山で行われる蟲師たちの集まりに入り込み――…   【第1話 あらすじ】 地中深く流れる光──生命の素たる"光酒"。 それが世の生命達に与える影響を知らずに扱った男がいた。 他意なき故の危うさが何かを引き起こす前に、蟲師が追う。 4月の新アニメもスタートし始めましたね! 年明けにやった特...

*蟲師 続章 第1話 『野末の宴』 飲むと蟲が見える光る酒...まるでアブサン。[ こいさんの放送中アニメの感想 ]
2014/04/06(Sun) 12:46

呑んだくれ野球選手の事ではありません。その昔製造・販売を禁止された酒がありました。酒全般を禁止したアメリカの禁酒法ではありません。ある銘柄の酒に「強い幻覚作用がある」と禁じられたのです。それがアブサン。 ニガヨモギを原料とする70-90度近いアルコール度数を持つ酒です。その色から「緑の魔酒」とも言われたそうで。今では向精神作用の原因となるツヨンを抑えたものが解禁されていますが、昔ながらの作り...

*蟲師 続章 第1話 感想 - 「蟲師」ってこういう話だったのか[ ひそか日記 ]
2014/04/08(Tue) 06:33

蟲師 続章 第1話 「野末の宴」の感想です。 初めて蟲師(むしし)を見てみました。 うん、想像していたものと全然違った(汗) 何となくだけど、タイトルからして「ちょっとおどろおどろしいストーリーもの」なのかと。 実際には雰囲気アニメでしょうか。視聴後に、あと味のいい余韻を残す話でした。

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ