2014
03
30

キルラキル KILL la KILL 第24話 「果てしなき闇の彼方に」(最終回) 感想

キルラキル #24

『キルラキル』最終話の感想です。エンターテインメントな魂に溢れた熱い作品でした。

キルラキル #24
キルラキル #24
キルラキル #24
キルラキル #24
キルラキル #24

泣き笑いの最終回でした。勢いと熱さと笑いと感動が詰まってた。勢いが多かった気もするけれど、それでいい。とても面白かった。最高にエンターテインメントな作品を見届けられて楽しかった!


キルラキル #24
キルラキル #24
キルラキル #24

流子と鮮血の別れに泣いた。羅暁との戦いで無理をした身体で、宇宙から地上へと落下する流子の盾となって大気圏で燃え尽きていった鮮血…。「セーラー服とは卒業するものだ」という鮮血の言葉に泣き笑いした。これまで毎回のように言葉遊びが多い作品だったけれど、最後に笑いと切なさが最高に効いた言葉でした。流子の涙と叫びに泣いた。

落ちてきた流子を必死に受け止めた皐月、そしてマコ、四天王たち…。流子は悲しんでばかりではいられない。独りじゃない。みんながいる。だから前を向いていける。
人は進化すると言ってた。それは人は成長するということでもあって。悲しみも痛みも乗り越えて人は未来へ進んでいく。人生は楽しくて希望に満ちていて、そしてときに悲しく切ない。


キルラキル #24
キルラキル #24
キルラキル #24


スタッフとキャストさま、半年間、素晴らしく楽しませてくれた作品をありがとうございました!



キルラキル カテゴリの記事
キルラキル KILL la KILL 第15話 「どうにもとまらない」 感想
キルラキル KILL la KILL 第16話 「女はそれを我慢できない」 感想
キルラキル KILL la KILL 第17話 「何故にお前は」 感想
キルラキル KILL la KILL 第18話 「夜へ急ぐ人」 感想
キルラキル KILL la KILL 第19話 「たどりついたらいつも雨ふり」 感想
キルラキル KILL la KILL 第20話 「とおく群衆を離れて」 感想
キルラキル KILL la KILL 第21話 「未完成」 感想
キルラキル KILL la KILL 第22話 「唇よ、熱く君を語れ」 感想
キルラキル KILL la KILL 第23話 「イミテイション ゴールド」 感想
キルラキル KILL la KILL 第24話 「果てしなき闇の彼方に」(最終話) 感想
キルラキル KILL la KILL 第25話 OVA 「さよならをもう一度」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*キルラキル TBS(3/28)#24終[ ぬる~くまったりと ]
2014/04/02(Wed) 21:08

最終回 第24話 果てしなき闇の彼方に 公式サイトから『神羅纐纈』、その力は、神衣、極制服に含まれる全ての生命戦維の力を絶対服従させるものだった。最終局面にして流子たちは一切の戦力を失ってしまう。唯 一、生命戦維と人間の融合体である流子だけは絶対服従の力が効かなかった。鮮血を脱ぎ流子ひとりで羅暁と戦うも力の差は圧倒的。ついに人類は生命戦維へと化されようとする。しかし、脱がれた鮮血自らが羅暁を...

*これがホントの人衣一体だ!/キルラキル24話感想[ Wisp-Blog ]
2014/04/02(Wed) 22:26

 霧島改ニが実装されたので早速改造!  ……いや悪くはないのだが、パワーアップというより頭身の変化が激しくて困惑。金剛改ニでは見落とした防盾のキュートさにはお陰で気付けたけど。大和や武蔵が来ていないので、現状我が鎮守府最高の火力の持ち主ということになります。ちゃんと活躍の場を用意してあげたいが当面プレー時間自体があまり用意できない。 5-4で重宝するという夕張や第三十駆逐隊...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ