ひだまりスケッチ×365 #4

猫と宮子と、ゆのの悩みとやまぶき祭。

部屋に迷い込んできた猫の面倒を宮古がしばらくみることになったお話でした。
宮子が普通に猫と会話してる(ように見える)、懸賞で当てた海の幸を大事に少しずつ消費しつつペットフードを猫と山分けして食べる、など、とにかく宮子の奔放さが炸裂した回でしたね。


ひだまり荘はペット禁止、恥ずかしいセリフも禁止(笑)。どこかで聞いた台詞です。

ひだまりスケッチ×365 #4

ゆの 「あ……この子、男の子なんだ」
どこを見てるのですか(*´д`*)ハァハァ


猫がいなくなったときのひだまり荘の様子を、いつもと違って淡い線と淡い色とたくさんの光で描写したのが、とても雰囲気が良かったです。泣いちゃうゆのの純粋さが可愛らしい。

ひだまりスケッチ×365 #4
ひだまりスケッチ×365 #4

宮子 「自由がいちばんいいから、いいんだよ」
宮子はもうすっかり猫を飼う気でいたのに、猫が急にいなくなって寂しいはずなのに、でも猫にとって何がいいのかを宮古は分かっているのです。ただ冷静なのではなく、暖かくて前向きな強い気持ち。それを宮子に感じます。



やまぶき祭の個人展示のモチーフを何にするかで悩むゆの。宮子はモチーフを簡単に思いつくのに、ゆのはいろいろ悩んで焦ってます。
誰かに相談しようとしても吉野屋先生はいつのもの通りでダメ、先輩を訪ねたら沙英がヒロに覆い被さっているアヤシイ場面に遭遇。

ひだまりスケッチ×365 #4
ひだまりスケッチ×365 #4

ゆの、ガガガガっ!!(笑)
これがサブタイトルですか?(笑)
演劇だという誤解は解けたのに、去年描いた"百合の花"の絵を前に沙英とヒロが2人して「ステキよね~」って、…コレ絶対に狙ってますよ(^^;


悩んでいたゆのは、岸先輩の言葉を思い出しました。
"出会うものすべてが、きっかけになりうると思うの。大切なものはすぐ近くに。"
ここからゆのが教室へ走ってそこに何かを見つけるまでの流れが良かったです。『ひだまりスケッチ』は普段あまり絵が動かないから、動いたとき余計に感じる何かがあります。

ひだまりスケッチ×365 #4
ひだまりスケッチ×365 #4

モチーフはやまぶき祭へ向けて頑張る生徒たち。ゆのは自分と同じく頑張る人の姿や気持ちを描きたくなったのでしょうか。
先輩が後輩を導くようなお話が良かったですね。


お風呂シーンも A/B パートそれぞれで宮子とゆののお風呂がありました。

ひだまりスケッチ×365 #4
ひだまりスケッチ×365 #4
ひだまりスケッチ×365 #4
ひだまりスケッチ×365 #4



ひだまりスケッチ×365 カテゴリの記事

ひだまりスケッチ×365 第01話 「はじめまして!うめてんてー」 感想
ひだまりスケッチ×365 第02話 「2月6日 サクラサクラ」 感想
ひだまりスケッチ×365 第03話 「5月27日 狛モンスター」 感想
ひだまりスケッチ×365 第04話 「3月16日~23日 まろやかツナ風味 / 10月31日 ガガガガ」 感想
ひだまりスケッチ×365 第05話 「3月25日 おめちか」 感想
ひだまりスケッチ×365 第06話 「7月30日 さえ太 / 11月11日 ヒロえもん」 感想
ひだまりスケッチ×365 第13話 「1月10日 おかえり…うめ先生」(最終話) 感想
ひだまりスケッチ×365 特別編 前編 「2月10日 どこでも自転車 / 2月11日 うさぎとかめ」 感想
ひだまりスケッチ×365 特別編 後編 「6月6日 赤い糸 / 6月7日 イミシン」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ