恋いろは #04

夏祭り"宵宮祭"はラヴコメの波動でいっぱいです。

恋いろは #04
恋いろは #04
恋いろは #04

今週は伊奈里神社で毎年開催される"宵宮祭"でのお話。いなりと紅司のふたりきりの境内デートににまにました。
いなりと朱美の少女マンガとガールズトークと、みんなで遊んで回るお祭りの賑わい、周りが気を利かせてふたりきりの時間に移っていく流れが心地良い。はぐれないように紅司に手を掴まれたり、鼻緒で足を痛めてしまっておんぶされたりするいなりのドキドキと幸せな気持ちがこちらにも伝わる。甘酸っぱいわ( ̄▽ ̄*) はーん。

そして赤に染まる境内の情景で頬が赤いのを気付かれないという乙女ちっくモノローグからの、「ずっと丹波橋くんを見てたから」といなりがつい言ってしまった言葉を何とか誤魔化せた、…と思ったら紅司に届いてる!紅司も意識しはじめた!? という展開に胸がキュンキュンです( ̄▽ ̄*) はーん。

いなりの想いが知らずに紅司に伝わってきてるという関係がいいかも。中学生らしい青春と恋模様ににまにまさせてくれそうです。



恋いろは #04
恋いろは #04

朱美は大年神に襲われそうになった(汗)ところを助けてもらったことで、ボーイッシュでカッコイイ京子に恋心を…(^^; 友だちが「男の子っぽい」とか「京子」とか言ってたのはいなりと話をしてたからか、祭りの喧騒に掻き消されたような感じですね。マンガの中の理想の主人公を友だちの女の子に重ねた朱美の恋はどうなる(^^;


恋いろは #04

あとうか様もですよね。うか様はいなりに余計な心配をさせたくなくて、神通力を授けていないと燈日に嘘を付いてしまった。人と神さまの距離、胸に抱えた小さな痛み、いろいろなものがうか様を苦しめる予感、でもうか様はこの人の世でいなりたち人と関わって生きていくことで大切なものを見つけられるんじゃないかな。その中にはきっといなりを見て羨ましいと思った誰かに恋焦がれるという気持ちもあるはず、だよね。

それぞれの恋の行方も楽しみになってきた。



恋いろは #04

浴衣姿でツインテールのいなりちゃんが可愛かった( ̄▽ ̄*) キレイになって好きな人にドキドキしてほしいという想いが乙女だなぁ。


燈日と大年神のシスコンで粘着質な兄どものキャラ付けがちゃんとシナリオを動かしながら使われているのがいい。コメディに笑いつつ展開がしっかりとしてるので安心して楽しめてる。


恋いろは #04

大年神が神としての立場をうか様に諭すところもシリアス調なんだけどコミカルになってて楽しい。



「いなり、こんこん、恋いろは。」カテゴリの記事

いなり、こんこん、恋いろは。 第01話 「いなり、初恋、初変化。」 感想
いなり、こんこん、恋いろは。 第02話 「試練、ひめごと、天照。」 感想
いなり、こんこん、恋いろは。 第03話 「兄じゃ、五月蠅い、過剰愛。」 感想
いなり、こんこん、恋いろは。 第04話 「緋色、宵宮、恋模様。」 感想
いなり、こんこん、恋いろは。 第05話 「海月、友達、夏あらし。」 感想
いなり、こんこん、恋いろは。 第06話 「燈日、うか様、恋すてふ。」 感想
いなり、こんこん、恋いろは。 第07話 「おとめ、ときめく、あかね色。」 感想
いなり、こんこん、恋いろは。 第08話 「出雲、お見合い、大騒ぎ。」 感想
いなり、こんこん、恋いろは。 第09話 「きつね、黄昏、天の川。」 感想
いなり、こんこん、恋いろは。 第10話 「いなり、こんこん、恋いろは。」(最終話) 感想
いなり、こんこん、恋いろは。 第11話 OVA 「いなり、コンコン、蝉しぐれ。」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*■いなり、こんこん、恋いろは。 第4話「緋色、宵宮、恋模様。」[ ゆかねカムパニー2 ]
2014/02/06(Thu) 18:49

 デートデート♪。  いなり、本当に今日で死んでしまうのかと思っちゃいました。  本人が心配していたのも納得なのですよー。  ずっと歩いているだけのデート、いな

*いなり、こんこん、恋いろは。 TokyoMX(2/05)#04[ ぬる~くまったりと ]
2014/02/06(Thu) 18:49

第4話 緋色、宵宮、恋模様。 公式サイトから待ちに待った夏。待ちに待った『宵宮祭』。丹波橋が毎年家族で宵宮祭に来ていることを知ったいなりは、 精一杯のオシャレをして、祭の開催場所である伊奈里神社へと向かうのだった。途中、駅で墨染と合流し、京子と丸が待っている神社へと向かういなり。今ではすっかり打ち解け、会話に花を咲かせるいなりと墨染。そんな中、2人の背後を不審な影が追いかけていて――!? 母...

*いなり、こんこん、恋いろは。 第4話「緋色、宵宮、恋模様。」[ のらりんすけっち ]
2014/02/06(Thu) 19:25

前回、ママンに変身したいなりちゃん。 部屋に兄貴が入ってきた! うまくごまかしました。 その後兄貴はもっと粘着質になりました^^; 中二病なんで、いなりちゃんのこと言っても信じてもらえないのか 今日は宵宮祭! いなりちゃん浴衣姿かわいー♪ 墨染さんとはすっかり意気投合ですね。 ときめきトゥナイトネタが来るとは思いませんでした^^; りぼん黄金時代がなつかしい。 よ...

*いなり、こんこん、恋いろは。 第四話「緋色、宵宮、恋模様。」 感想[ 趣味人の宿部屋 ]
2014/02/06(Thu) 20:09

意外な所から恋の気配が。 あらすじ 待ちに待った夏。待ちに待った『宵宮祭』。丹波橋が毎年家族で宵宮祭に来ていることを知ったいなりは、 精一杯のオシャレをして、祭の開催場所である伊奈里神社へと向かうのだった。途中、駅で墨染と合流し、京子と丸が待っている神社へと向かういなり。 今ではすっかり打ち解け、会話に花を咲かせるいなりと墨染。そんな中、2人の背後を不審な影が追いかけていて――!? ...

*いなり、こんこん、恋いろは。 第4話「緋色、宵宮、恋模様。」[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2014/02/06(Thu) 22:44

お祭り回。 浴衣のいなり達が可愛かったです(笑) 墨染さんはボーイッシュな京子に恋愛フラグが? 少女マンガの影響受けすぎです(^^;   待ちに待った夏。待ちに待った『宵宮祭』。 丹波橋が毎年家族で宵宮祭に来ていることを知ったいなりは、 精一杯のオシャレをして、 祭の開催場所である伊奈里神社へと向かうのだった。 途中、駅で墨染と合流し、京子と丸が待っている神社へと向かう...

*アニメ いなり、こんこん、恋いろは第4話あらすじ感想 いなりは墨染さんの人生を変えた責任取らなきゃね[ とはずがたり ~サブカル雑記帳~ ]
2014/02/06(Thu) 23:03

Tokyo MX 水曜25:00~ TVK 日曜24:30~ KBS京都 土曜23:30~  BS-11 土曜27:00~ 他 ※ネタバレ要素あり

*いなり、こんこん、恋いろは。 第4話「緋色、宵宮、恋模様。」[ いま、お茶いれますね ]
2014/02/08(Sat) 16:10

第4話「緋色、宵宮、恋模様。」 丹波橋くんがイケメン過ぎる~ 兄じゃにお母さんに変身したところを見られたいなり。 変身シーンから見られたわけじゃないけど、居間に戻ったらお母さんがいた! いなりが神の力を手にしたかもしれないと両親に告げる燈日。すっかりいつもの事扱いwww 普段から痛い事言ってんだろうなぁ。そろそろ卒業しなきゃというお父さんの生温かい優しさが浸みます...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ