2014
02
01

Wake Up, Girls! 第4話 「スキャンダル」 感想

WUG #04

真夢の消えない夢と続く憂鬱。

WUG #04

真夢がまずは自分を取り戻すこと、かな。真夢は過去に何か裏の事情があってアイドルを辞めてしまった、けれどまた戻ってきたのはアイドルの夢を捨て切れなかったから。真夢が心に負った傷はアイドルとして再び輝くことでしか癒せない。だけど当然のようにスキャンダルが追ってきて、世間の目も声も悪くて厳しい。また傷付くのが怖くて、誰にも頼れなくて独りで抱えちゃう。他人を寄せ付けない暗いオーラが出ちゃう。

そこから真夢が前に進むには仲間のチカラが必要なんじゃないかな。それには自分から仲間を信頼していかないとね。周りには真夢のことを心配してくれてる友だちがいる、だけど真夢が心に壁を作ってたら誰も近付けない。と、そういう話で進むのかな。

アイドルにはつきもののスキャンダル、相手が見えない匿名掲示板の悪意のある書き込みや、それでも応援してくれるファンがいること、真夢の「やっぱり戻ってきちゃいけなかったのかも、わたし」という言葉の裏にあるアイドルへの夢と苦悩、それらが生々しく伝わってきて、真夢ガンバレ、と思ってしまった。そう思ったということは話にハマってきたんだと思う。あとは真夢が胸に抱えた想いを仲間たちに涙の言葉で語ってくれたりして、みんなとの友情のチカラを見せてくれるといいのだけど。


WUG #04

スキャンダルのネタだけを求めて取材に来たテレビ局の番組ディレクターを社長がぶっ飛ばしてちょっと爽快だったのですが、この先は Wake Up, Girls! のみんなやマネージャの成長と活躍で楽しませてくれると期待してる。

対比のようになってるとはいえ、アイドルたちをモノ扱いしかしてない I-1 がこれもある意味生々しくてコワイかも(^^;



WUG #04

今週は藍里がラジオ収録の練習で与えられた数秒では何も言えないところがかわいいと思った。しっかりした子だけどそういう弱い部分があるのがいい。藍里は自分をあまりうまく出せない子だよね。藍里の泣きボクロもいいね。


あと菜々美ちゃん。「真夢ありきのユニットと思われるのが嫌だったら、真夢と同じくらいのチカラをつけるしかない」と言い切る菜々美が前向きでいい。早く仲間と意見で対立して友情のドラマを見せてくれないかなー(



「Wake Up, Girls!」カテゴリの記事

Wake Up, Girls! 第01話 「静かなる始動」 感想
Wake Up, Girls! 第02話 「ステージを踏む少女たち」 感想
Wake Up, Girls! 第03話 「一番優しく」 感想
Wake Up, Girls! 第04話 「スキャンダル」 感想
Wake Up, Girls! 第05話 「天国か地獄か」 感想
Wake Up, Girls! 第06話 「まだまだだよ」 感想
Wake Up, Girls! 第07話 「素晴らしき仲間たち」 感想
Wake Up, Girls! 第08話 「波乱」 感想
Wake Up, Girls! 第09話 「ここで生きる」 感想
Wake Up, Girls! 第10話 「登竜門」 感想
Wake Up, Girls! 第11話 「アイドル狂詩曲(ラプソディー)」 感想
Wake Up, Girls! 第12話 「この一瞬に悔いなし」(最終話) 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*Wake Up, Girls! テレ東(1/31)#04[ ぬる~くまったりと ]
2014/02/01(Sat) 19:11

第4話 スキャンダル 公式サイトからテレビに続いて短い放送時間ながらもラジオの冠番組も決定。更には2曲目の制作にも取り掛かることになり、一歩ずつ順調にアイドルとしての道を歩み始めた WUG。だが、その活動の様子が徐々に世間に広まっていくにつれ、アイドルとして復帰した真夢に対する、決して好意的ではない話題も人々の間にあがり始めていた。 元I-1クラブのセンターの真夢が仙台でアイドル復帰。ネット...

*Wake Up, Girls! 第4話「スキャンダル」[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2014/02/01(Sat) 19:41

真夢がI-1を辞めた過去に迫る第4話。 スキャンダルの真実を確認しようと取材が来る。 WUGは、元I-1の真夢で話題性になるって酷いね… もう一度アイドルを目指そうとした真夢 真夢が引きずる過去の事件が気になりますね。  

*Wake Up Girls! 第4話「スキャンダル」[ のらりんすけっち ]
2014/02/01(Sat) 20:17

再び昼ドラムードに…^^; メインヒロインと思われる真夢のエピがドロドロでびっくり。 アイカツとは対極の描き方ですね。 よりリアリティを出したいのかもしれないけど、こういう暗い展開は視聴者離れるんじゃないかなあ。 決まったラジオ番組は一人ずつ1日交代で良くない? 7人で1分は無理ありすぎ^^; 千里の道も一歩から、社長なかなかやるじゃなイカだったのですが。 東京からの取材と...

*おまらは商品だ―【アニメ Wake Up, Girls! #4】[ 腐った蜜柑は二次元に沈む ]
2014/02/01(Sat) 20:18

Wake Up, Girls! 1 初回生産限定版 [Blu-ray](2014/03/28)不明商品詳細を見る アニメ Wake Up, Girls! 第4話 スキャンダル アイドル業界の闇を描く 社会派ドキュメンタリーフィクションwww 業界の熾烈な蹴落としあい ハイエナたちの宴が始まる― 盛り上がるスキャンダラス展開wwwww

*Wake up,Girls 第4話「スキャンダル」[ 明善的な見方 ]
2014/02/01(Sat) 21:20

劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」 初回限定版[Blu-ray+CD]『貴方は傷が癒える方法を知っているはず』 原案・監督:山本寛 脚本:待田堂子 音楽:神前暁 MONACA アニメーション制作Ordet×タツノコプロ 島田真夢:吉岡茉祐  林田藍里:永野愛理  片山実波:田中美海 七瀬佳乃:青山吉能  久海菜々美:山下七海  菊間夏夜:奥野香耶 ...

*Wake Up, Girls 04話 「スキャンダル」[ アニメだけが救い ]
2014/02/02(Sun) 11:50

島田真夢、まゆしーに目をつけた東京のプロデューサ。 丹下社長はまた新しいラジオの仕事を持ってくる。

*アニメ Wake Up, Girls!第4話あらすじ感想 はたして、この娘の表情が明るく輝く日は来るのであろうか?[ とはずがたり ~サブカル雑記帳~ ]
2014/02/02(Sun) 20:46

テレビ東京 金曜23:23~ テレビ愛知 金曜26:05~ テレビ大阪 土曜26:30~  AT-X  火曜23:00~ 他 ※ネタバレ要素あり

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ