2014
01
06

ウィッチクラフトワークス 第1話 「多華宮君と炎の魔女」 感想

愉快な魔女たち #01

『ウィッチクラフトワークス』の第1話を観てみたのでざっくりと感想です。

愉快な魔女たち #01

作品は現代社会の中に魔法を使う魔女がいるファンタジーと学園モノですが、まるでヒロインが王子様役で、強い女の子が男の子を守る構図なのでした。こういう作品がわりとあるのも時代の変遷なのかな、と分かったつもりになってみた。可愛い女の子のチカラと想いの強さを観るというのもいいですよね。

物語としてはとりあえずこの世界には魔法があって、工房の魔女と塔の魔女と呼ばれる勢力があって、そして多華宮 仄(たかみやほのか)には何か秘密が隠されているらしく。そのあたりの謎を解き明かしながらバトルや恋愛や友情を描いていく作品なのかな。


愉快な魔女たち #01

ヒロインの火々里綾火(かがりあやか)はキレイ系。綾火は無表情のクールビューティなのでデレが見えてくるのを期待したい。でも周りを見ない綾火の一途さがちょっとコワイ予感もする(^^; 使命や想いに真っ直ぐなのはいいのだけど、同時に怖さも危うさもあるのが面白そうです。


愉快な魔女たち #01

綾火が仄が取り巻き連中からイジメられないように「燃やすから」と牽制したのが面白かったけど、そのときに綾火が仄のネクタイをリボン結びしててワロタ。


愉快な魔女たち #01

最後のたんぽぽたちの隠しもしない怪しさにも笑った。いきなり5人もクラスに転入ですか(笑)。



愉快な魔女たち #01
愉快な魔女たち #01
愉快な魔女たち #01

そしてエンディングはノリが良くて明るい曲で絵もデフォルメ含みで描かれてて可愛いのだけど、内容がまるで魔女狩りの様相なのが背中がもぞもぞするようで面白いです(^^;



ウィッチクラフトワークス カテゴリの記事

ウィッチクラフトワークス 第01話 「多華宮君と炎の魔女」 感想
ウィッチクラフトワークス 第02話 「多華宮君と魔女達の思惑」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*ウィッチクラフトワークス 第1話 「多華宮君と炎の魔女」[ 空 と 夏 の 間 ... ]
2014/01/06(Mon) 12:54

多華宮君は私のお姫様だから――。 文武両道、容姿端麗で絶大な人気を誇る学園のマドンナ・火々里綾火の正体は炎の魔女! ごく平凡な男子学生・多華宮仄を姫様と呼んで守ります(笑) どっちがヒロインなのか分からない展開ですねw 私立冬月高等学校に通うごくごく平凡な男子学生、多華宮仄。 普段は目立たない存在であったが、学園一のマドンナでクラスメイトの火々里綾火とは 不思議な縁が...

*ウィッチクラフトワークス1話「多華宮君と炎の魔女」感想[ アニメだけが救い ]
2014/01/06(Mon) 21:00

ウィッチクラフトワークスの第1話「多華宮君と炎の魔女」の感想です。 多華宮君、自分でごく普通の高校生って言ってたけど、 火々里と近くにいることにより、周囲から嫉妬や暴力を受けていたり、 離れたら離れたで、魔女に襲われたりと明らかに不幸な子です(;^ω^) ヒロインの火々里さん、強くて美人で、主人公の仄にだけは優しいと来たw まさに絵に描いたような理想のヒ...

*[新]ウィッチクラフトワークス 第1話[ 刹那的虹色世界 ]
2014/01/06(Mon) 21:33

[新]ウィッチクラフトワークス 第1話 『多華宮君と炎の魔女』 ≪あらすじ≫ 私立冬月高等学校に通うごくごく平凡な男子学生、多華宮仄。普段は目立たない存在であったが、学園一のマドンナでクラスメイトの火々里綾火とは不思議な縁があり、それがもとで彼女の親衛隊から怒りを買っていた。不運を嘆く彼に追い打ちをかけるかのように、突如として空から落下してきた冬月高校の校舎……! 「まだ女の子と手...

*ウィッチクラフトワークス TokyoMX(1/05)#01新[ ぬる~くまったりと ]
2014/01/06(Mon) 22:37

第1話 多華宮君と炎の魔女 公式サイトから私立冬月高等学校に通うごくごく平凡な男子学生、多華宮仄。普段は目立たない存在であったが、学園一のマドンナでクラスメイトの火々里綾火とは不思議な縁があり、それがもとで彼女の親衛隊から怒りを買っていた。不運を嘆く彼に追い打ちをかけるかのように、突如として空から落下してきた冬月高校の校舎……!「まだ女の子と手をつないだ事もないのに……」――絶望に包まれる仄...

*(アニメ感想) ウィッチクラフトワークス 第1話 「多華宮君と炎の魔女」[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]
2014/01/07(Tue) 02:32

投稿者・ピッコロ ウィッチクラフトワークス(1) (アフタヌーンKC)(2010/11/05)水薙 竜商品詳細を見る 私立冬月高等学校に通うごくごく平凡な男子学生、多華宮仄。普段は目立たない存在であったが、学園一のマドンナでクラスメイトの火々里綾火とは不思議な縁があり、それがもとで彼女の親衛隊から怒りを買っていた。不運を嘆く彼に追い打ちをかけるかのように、突如として空から落下...

*アニメ ウィッチクラフトワークス第1話あらすじ感想 つまり、ヒロインはメラメラの実を食べたロギア・・なんでもありません[ とはずがたり ~サブカル雑記帳~ ]
2014/01/08(Wed) 00:18

TOKYO MX 日曜22:30~ ABC朝日放送 水曜26:43~ テレビ愛知 月曜27:35~  BS11 水曜24:30~ 他 ※ネタバレ要素あり

*全員魔女よ/ウィッチクラフトワークス1話他2014/1/8感想[ Wisp-Blog ]
2014/01/08(Wed) 21:10

<記事内アンカー> ウィッチクラフトワークス 第1話「多華宮君と炎の魔女」 ノブナガ・ザ・フール 第1話「星 THE STAR」  艦これアルペジオイベント終了! 我が鎮守府でも多数の新たな艦娘を迎えることができました。ドロップで手に入る艦娘は長門と三隈を残すのみとなったので、通常海域進める気力は減りましたがwww 秋イベント→引越→アルペジオと慌ただしかったので、もう2ヶ月く...

*ウィッチクラフトワークス 第1話「多華宮君と炎の魔女」感想![ くろくろDictionary ]
2014/01/10(Fri) 01:13

ウィッチクラフトワークス 第1話「多華宮君と炎の魔女」 面白かったー。 魔法はいつまでたっても廃れませんね。

*ウィッチクラフトワークス 第1話 「多華宮君と炎の魔女」[ ポットペトル ]
2014/01/11(Sat) 11:20

【あらすじ】 私立冬月高等学校に通うごくごく平凡な男子学生、多華宮仄。普段は目立たない存在であったが、学園一のマドンナでクラスメイトの火々里綾火とは不思議な縁があり、それがもとで彼女の親衛隊から怒りを買っていた。不運を嘆く彼に追い打ちをかけるかのように、突如として空から落下してきた冬月高校の校舎……! 「まだ女の子と手をつないだ事もないのに……」――絶望に包まれる仄を救ったのは、魔女の...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ