2014
01
04

ログ ホライズン 第14話 「ワールド フラクション」 感想

エルダーテイルの世界 #14

魔法学者リ=ガンから少しずつ明かされていくエルダーテイルの世界の謎。事象と認識のすり合わせが面白い。

エルダーテイルの世界 #14

"ミラルレイクの賢者"の魔法学者リ=ガンによって語られたエルダーテイルの世界の歴史。シロエや視聴者たちのゲーム観と経験が世界の歴史や事象と重なって世界観が見えてくるのがとても面白い回でした。この世界がただのゲームではないことをじんわりと感じてくる。わくわくできて面白い。


エルダーテイルの世界 #14

  • かつて人間たちに滅ぼされようとしたアルヴ族が世界級魔法"ワールドフラクション"を起こした。何度でも転生する亜人間が生まれ、人間たちに暗黒の時代をもたらした
  • 240年前の第2のワールドフラクションによりこの世界に冒険者が現れた。98年前(現実世界で8年前)にシロエがやってきた
  • 世界の基盤に魂魄理論がある

ざっくりと書いてみましたが、シロエたちや視聴者がこれまでどこかゲームのような不確かな現実として受け止めていたものがエルダーテイルの世界と歴史そのものであると分かってくると、冒険者たちが置かれている状況が重みを増してくるね。

魔法はアルヴ族によるもの。アルヴの末裔のハーフアルヴ。魂魄の2つのエネルギーの存在と冒険者や亜人間の転生。エルダーテイルではシロエたちの世界の12倍の早さで時間が流れていたり、とまだ現実かゲームか何なのかの答えは出ませんが、エルダーテイル側から見ると大災害を含めてすべて歴史という"現実"となっているのが面白い。あくまでもファンタジーモノですが、大魔法があるならシロエたちがこの世界に召喚されても不思議はないかも…。事象と認識のすり合わせで世界観がカタチ作られていく感じがすごくいい。

魂魄理論の説明がありましたが、死ぬと情報の欠損が起こる、つまり程度は分からないけれど記憶が失われていくのが怖いと思った。魂の数は不変のまま流転する箱庭の世界のようにも感じたし、世界の真実が見えてきてもまだいろいろと謎がありまくりなのが面白いです。



エルダーテイルの世界 #14

さてミノリたちの強化合宿では、ミノリが消えない不安の理由や足りないものに気付こうとしてます。戦闘の知識はあっても実戦経験が少ないのは当然なのですが、ほかに信頼関係が必要なのかなと観ていて思った。ちょうど今回ルンデルハウスと五十鈴が少し仲良くなって、五十鈴がルンデルハウスをルディと呼びましたが、そういう仲間との心の距離感が大事なのかも。そこではじめて連携や戦術が意味を持ってくるんじゃないかなぁ。
と思ったことを書いてみましたが、ミノリが見つけたものと来週からの活躍を楽しみに待ちたいと思います。


エルダーテイルの世界 #14

キザだけど陰で努力しているルンデルハウスと、ルンデルハウスのことを理解しそうな五十鈴とのペアには今後も注目ですか?( ̄▽ ̄*)



ログホライズン カテゴリの記事

ログ ホライズン 第09話 「円卓会議」 感想
ログ ホライズン 第10話 「その手につかみとれ」 感想
ログ ホライズン 第11話 「イースタルからの招待状」 感想
ログ ホライズン 第12話 「ラグランダの杜(もり)」 感想
ログ ホライズン 第13話 「盾と自由」 感想
ログ ホライズン 第14話 「ワールド フラクション」 感想
ログ ホライズン 第15話 「襲撃」 感想
ログ ホライズン 第16話 「ゴブリン王の帰還」 感想
ログ ホライズン 第17話 「怠惰で臆病な姫君」 感想
ログ ホライズン 第18話 「遠征軍」 感想
ログ ホライズン 第19話 「あの背中を追いかけて」 感想

Comment

  1. コメントは承認制です。書き込みの内容はなるべくネタバレを避けてくださいね。記事の内容に関係のない独自の感想は反応に困ってしまいます。宣伝やマルチポストのコメントは気付きしだい削除させていただきます。あと返信に時間がかかる場合が多いです。ご了承くださいませ。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。

Comment Form

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  • TRACKBACK はお返しさせてもらっていますがブログ運営会社のサービス設定や通信状況によっては届かないことがありますのでご了承くださいませ。言及リンク(URL 記述)は必要ありません。そのほか詳しくは"このブログについて"をお読みください。
*ログ・ホライズン 第14話 「ワールド・フラクション」 感想[ ひえんきゃく ]
2014/01/04(Sat) 23:31

正月の三が日は一挙放送&今後の見どころ。 4日目には本放送の続きとログ・ホライゾン祭り状態ですね。 今回で世界観の掘り下げ&重要な秘密が明らかになりました。 これから一気に話が動いて行くことになりそうで、続きが楽しみです。 シロエとアカツキは、謎の魔法学者リ=ガンの部屋に招き入れられた。 彼の口から説き明かされるエルダー・テイルの世界の原理に、 シロエは驚きを隠せない。 ...

*その核心に手を伸ばせ【アニメ ログ・ホライズン #14】[ 腐った蜜柑は二次元に沈む ]
2014/01/05(Sun) 00:20

ログ・ホライズン 1 [Blu-ray](2014/01/29)寺島拓篤、前野智昭 他商品詳細を見る アニメ ログ・ホライゾン 第14話 ワールド・フラクション 見え始める世界の形 そこに潜むモノは果たして―

*ログ・ホライズン 第14話 感想 - 死んだら記憶を失うって気持ちが悪い[ ひそか日記 ]
2014/01/05(Sun) 04:14

ログ・ホライズン 第14話 「ワールド・フラクション」の感想です。 ワールド・フラクション〈森羅変転〉でつながる二つの世界。 この世界と元の世界のリンクする歴史が楽しい。 一方の〈魂魄理論〉(こんぱくりろん)は死に対するリスク。 死んだら記憶を失うリスクって気持ちが悪いです。

*『ログ・ホライズン』 13話 盾と自由/14話 ワールド・フラクション [ アニメ感想ブログ ほろあに ]
2014/01/05(Sun) 05:27

べ、別に更新さぼってたわけじゃないんだからねっ!  

*ログ・ホライズン NHK(1/04)#14[ ぬる~くまったりと ]
2014/01/05(Sun) 18:18

第14話 ワールド・フラクション 公式サイトからシロエとアカツキは、謎の魔法学者リ=ガンの部屋に招き入れられた。彼の口から説き明かされるエルダー・テイルの世界の原理に、シロエは驚きを隠せない。なかでも、冒険者の死と復活にかかわる「魂魄理論」によれば、「ゲームの中であればキャラクターが死ぬと経験値を失うだけだが、この異世界では生身の人間として記憶の一部を失ってしまう」という…。衝撃の事実にさす...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (46)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (26)
2011年12月 (6)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (72)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ